部活動

女子ソフトボール部

体育系

4/30(月祝)
平成30年度の備中地区総体が笠岡総合スポーツ公園で行われました。
対戦相手は、倉敷中央高校。県大会でベスト4に入る強豪校です。
結果は、0-30の惨敗。
1点も取れず、そして自分たちのミスで1つアウトをとるのも上手くいきませんでした。
しかし、強豪校におく臆することなく、声を出し、立ち向かっている姿はとても良かったと思います。
ちなみに倉敷中央高校は優勝を果たし、優勝するチームと自分たちとでは、技術だけでなく集中力や先を読む力など、全てにおいて自分たちは足りないものだらけであることを痛感しました。

三年生最後の大会である県総体まで残り約1か月。
一人ひとりが自分のできる事を一つずつ増やし、少しでも長くこのメンバーで試合ができるよう頑張っていきます。

4/21(土)
8-20● 対興陽高校

 新入生が入部し、初めての大会がありました。
 単独チームでの試合が危ぶまれる中、新入生のおかげで試合ができました。
 試合前に、①声を出す(かけあう)こと②1人で戦わない・戦わせないの2つを約束し、試合に臨みました。
 試合の結果は惨敗でしたが、全員で試合を作ろうという意識が見え、ソフトボールを楽しむことができました。
 技術的にも、精神的にも、まだまだ成長できることが分かった大会となったので、これからの練習で一つずつ積み上げていきたいと思います。
 まずは、「目配り・心配り・気配り」ができるようにしていきます。

2018年04月02日

お花見会

4月2日女子ソフトボール部恒例のお花見会を行いました。
グラウンドの桜は満開で、雲一つない青空の下、お花見には最高のロケーションでした。
全員で一人一品を持ち合って、部員たちは桜の花よりお弁当に夢中になっていました。
桜の花は、花びらが一枚一枚重なることで美しい花となっています。花びらと言えど、一枚たりと欠けては美しい花は完成しないのです。
ソフトボールでも何でもそうですが、一人ひとりのおかげでチームや集団は成り立つのです。
桜の花びらように、我々も一人ひとりの色を存分に出し、一つの花(チーム)として春の大会に臨んでいきたいと思います。

2018年03月17日

第4期生卒業 お別れ会

2/28(水)に卒業式が行われ、女子ソフトボール部からも5人の卒業生が巣立っていきました。
部活を掛け持ちしながら、バイトをしながら、資格取得の勉強や受験勉強をしながら、何ごとにも全力で取り組む3年生たちでした。何か突出してすごい能力があるわけではありませんでしたが、お互いが足りないものを補う、一人ひとりがいなくてはならない存在という、ステキな関係を持った代だったと思います。

そして、3/17(土)の午後からお別れ会を行いました。
毎年恒例になった在校生による料理対決!
審査員は卒業生で、在校生は2チームに分かれて勝負します。
今年は卒業生の要望でチャーハン対決に!
それぞれのチームが技術に愛情をのせて作り上げ、審査員たちもどちらに軍配を上げようかかなり迷っていました!
結果は、右田・福武・藤井チームのキムチチャーハンが勝利!
しかし、その後のスイーツ対決では小笠原・佐藤チームの勝利で引き分けとなりました。
食事の後は、在校生から卒業生へ感謝の気持ちを込めた素敵な贈り物があり、思わず涙する卒業生もいました。
顧問の私も卒業生からサプライズで、ネーム入りのグランド用チェアをプレゼントしてもらいました。本当にありがとう!
最後に在校生、卒業生それぞれから感謝の言葉をお互いに伝え、会はお開きとなりました。
これから、それぞれがす進む道は違えど、同じ時間を過ごしてきた仲間です。今まではグラウンドでお互いに励まし合っていましたが、これからはそのそれぞれの道で精一杯輝くことで、お互いの励みにしていきたいと思います。
第四期生のみんな、素敵な思い出をありがとう!
君たちの帰る場所は、ここにもあることを忘れず、大きく羽ばたいていってください!

この日の午前中には入学予定者の登校日がありました。
別れは新しい出会いの始まりでもあります。
新入生の皆さん、女子ソフトボール部は経験者も未経験者も大歓迎です。
私たちと今しかできない経験を、今しか味わえない喜びを、一緒に楽しみましょう!

2018年01月04日

練習始め
苦しいときこそ一歩踏み出す覚悟を!

苦しいときこそ一歩踏み出す覚悟を!

あけましておめでとうございます。
本年も、女子ソフトボール部をよろしくお願いいたします。
今日は、練習始めということで毎年恒例の明王院への初詣に行ってきました。
もちろん行き帰りともにランニングです。
年末年始でしっかしっかり休まった体を叩き起こすのにちょうどよく、アップダウンのある坂を、置いていかれないよう一生懸命走りました。
明王院で必勝祈願をし、今年も勝利に向けて努力し続けようと心新たに今年初練習を終えました。

今年のチームスローガンは、
『目の前のことに全力を尽くす』
です。
当たり前のことかもしれませんが、先のことを考えすぎて萎縮するのではなく、ただひたすらに目の前の困難や課題と向き合い、全力を注ぐことが大切だと思います。
明王院へのランニングでも同じことを感じました。
あとどれだけの距離走らなければいけないかを考えるよりも、辛いときこそ一歩前に進む覚悟が人を動かすのです。
一人ひとりが個人の課題に必死に取り組むことが、チームのためになることもありますし、チーム全体の課題に取り組めるようにもなります。
何ごとにも、前進!全進!!

======= 女子ソフトボール部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

女子ソフトボール部

体育系

4/30(月祝)
平成30年度の備中地区総体が笠岡総合スポーツ公園で行われました。
対戦相手は、倉敷中央高校。県大会でベスト4に入る強豪校です。
結果は、0-30の惨敗。
1点も取れず、そして自分たちのミスで1つアウトをとるのも上手くいきませんでした。
しかし、強豪校におく臆することなく、声を出し、立ち向かっている姿はとても良かったと思います。
ちなみに倉敷中央高校は優勝を果たし、優勝するチームと自分たちとでは、技術だけでなく集中力や先を読む力など、全てにおいて自分たちは足りないものだらけであることを痛感しました。

三年生最後の大会である県総体まで残り約1か月。
一人ひとりが自分のできる事を一つずつ増やし、少しでも長くこのメンバーで試合ができるよう頑張っていきます。

4/21(土)
8-20● 対興陽高校

 新入生が入部し、初めての大会がありました。
 単独チームでの試合が危ぶまれる中、新入生のおかげで試合ができました。
 試合前に、①声を出す(かけあう)こと②1人で戦わない・戦わせないの2つを約束し、試合に臨みました。
 試合の結果は惨敗でしたが、全員で試合を作ろうという意識が見え、ソフトボールを楽しむことができました。
 技術的にも、精神的にも、まだまだ成長できることが分かった大会となったので、これからの練習で一つずつ積み上げていきたいと思います。
 まずは、「目配り・心配り・気配り」ができるようにしていきます。

2018年04月02日

お花見会

4月2日女子ソフトボール部恒例のお花見会を行いました。
グラウンドの桜は満開で、雲一つない青空の下、お花見には最高のロケーションでした。
全員で一人一品を持ち合って、部員たちは桜の花よりお弁当に夢中になっていました。
桜の花は、花びらが一枚一枚重なることで美しい花となっています。花びらと言えど、一枚たりと欠けては美しい花は完成しないのです。
ソフトボールでも何でもそうですが、一人ひとりのおかげでチームや集団は成り立つのです。
桜の花びらように、我々も一人ひとりの色を存分に出し、一つの花(チーム)として春の大会に臨んでいきたいと思います。

2018年03月17日

第4期生卒業 お別れ会

2/28(水)に卒業式が行われ、女子ソフトボール部からも5人の卒業生が巣立っていきました。
部活を掛け持ちしながら、バイトをしながら、資格取得の勉強や受験勉強をしながら、何ごとにも全力で取り組む3年生たちでした。何か突出してすごい能力があるわけではありませんでしたが、お互いが足りないものを補う、一人ひとりがいなくてはならない存在という、ステキな関係を持った代だったと思います。

そして、3/17(土)の午後からお別れ会を行いました。
毎年恒例になった在校生による料理対決!
審査員は卒業生で、在校生は2チームに分かれて勝負します。
今年は卒業生の要望でチャーハン対決に!
それぞれのチームが技術に愛情をのせて作り上げ、審査員たちもどちらに軍配を上げようかかなり迷っていました!
結果は、右田・福武・藤井チームのキムチチャーハンが勝利!
しかし、その後のスイーツ対決では小笠原・佐藤チームの勝利で引き分けとなりました。
食事の後は、在校生から卒業生へ感謝の気持ちを込めた素敵な贈り物があり、思わず涙する卒業生もいました。
顧問の私も卒業生からサプライズで、ネーム入りのグランド用チェアをプレゼントしてもらいました。本当にありがとう!
最後に在校生、卒業生それぞれから感謝の言葉をお互いに伝え、会はお開きとなりました。
これから、それぞれがす進む道は違えど、同じ時間を過ごしてきた仲間です。今まではグラウンドでお互いに励まし合っていましたが、これからはそのそれぞれの道で精一杯輝くことで、お互いの励みにしていきたいと思います。
第四期生のみんな、素敵な思い出をありがとう!
君たちの帰る場所は、ここにもあることを忘れず、大きく羽ばたいていってください!

この日の午前中には入学予定者の登校日がありました。
別れは新しい出会いの始まりでもあります。
新入生の皆さん、女子ソフトボール部は経験者も未経験者も大歓迎です。
私たちと今しかできない経験を、今しか味わえない喜びを、一緒に楽しみましょう!

2018年01月04日

練習始め
苦しいときこそ一歩踏み出す覚悟を!

苦しいときこそ一歩踏み出す覚悟を!

あけましておめでとうございます。
本年も、女子ソフトボール部をよろしくお願いいたします。
今日は、練習始めということで毎年恒例の明王院への初詣に行ってきました。
もちろん行き帰りともにランニングです。
年末年始でしっかしっかり休まった体を叩き起こすのにちょうどよく、アップダウンのある坂を、置いていかれないよう一生懸命走りました。
明王院で必勝祈願をし、今年も勝利に向けて努力し続けようと心新たに今年初練習を終えました。

今年のチームスローガンは、
『目の前のことに全力を尽くす』
です。
当たり前のことかもしれませんが、先のことを考えすぎて萎縮するのではなく、ただひたすらに目の前の困難や課題と向き合い、全力を注ぐことが大切だと思います。
明王院へのランニングでも同じことを感じました。
あとどれだけの距離走らなければいけないかを考えるよりも、辛いときこそ一歩前に進む覚悟が人を動かすのです。
一人ひとりが個人の課題に必死に取り組むことが、チームのためになることもありますし、チーム全体の課題に取り組めるようにもなります。
何ごとにも、前進!全進!!

>>>>>>> master