おかやま山陽高等学校 | Okayama Sanyo High School

理事長・校長挨拶
教育方針

理事長・校長挨拶

おかやま山陽高等学校 理事長・校長 原田 一成

あなたの「持ち味」を
活かすための
環境がここにあります

「人には必ずひとつ以上、優れた点がある」
私たちはこれを「持ち味」と呼び、それを最大限に伸ばすことを教育の目標にしています。

特色教育のコース(スポーツ・音楽)では、自分が本当に取り組みたい活動に本気で挑戦することを通じ、人格形成を行います。専門教育の学科・コース(機械・自動車・調理・製菓・公務員・ビューティー・保育・IT)では、高校段階から社会に出て役に立つレベルの知識・技能・資格を身につけることができます。特別進学・チャレンジ進学では、PBL型の課題解決学習を本格的に学ぶことにより、総合型の大学入試に効率よく対応できます。スポーツ進学ではスポーツコースの部活動に参加しながら、大学入試の準備にも効率よく取り組めます。

まんべんなく学習するだけが正解ではありません。「自分が得意とする分野で、誰にも負けない自分になる」、そういった高校生活の目標の立て方もあるのです。自分の夢、目標につながる学科に入れば、自分に自信が持てるようになり、自分のことを好きになれます。

おかやま山陽高等学校の教職員は「一人ひとりを最後まで」を合言葉とする特色教育のプロ集団です。丁寧なサポートを通じて、皆さんの夢の実現を応援します。

おかやま山陽高等学校
理事長・校長
原田 一成

教育方針

Independence自律創生
自分を甘やかさず、自分の役割を考え、自分を生かす生き方を求めること
Belief信念貫徹
自分の誠の心、誓いの心をもって、最後まで行動すること
Cooperation共存共栄
お互いに助け合って、みんなが幸せな生活が送れるようにすること

教育三綱領

教育三綱領は、本校建学以来一貫して変わらぬ教育の精神です。戦前はもちろん、戦中・戦後にあっても、いささかの修正もありませんでした。時代の変遷とともにその具体的表現には多少の強弱はありましたが、その根底には変化なく、今後も改廃されることはありません。

スクールポリシー

1
朝礼・終礼・授業前後の挨拶指導を通じ、挨拶・身だしなみがきちんとできる人を育てます。
2
日々の授業や実習を通じ、自分の目標を定め、それを実現するために必要な能力を持った人を育てます。
3
全員が受講する空手道の授業を通じ、健康な身体と強い精神力を持った人を育てます。
4
桃太郎アドベンチャー、教育キャンプ、体育祭などを通じ、集団、社会の中で自分の持ち味を発揮できる人を育てます。
5
マイスター・スクールを通じ、一生涯、前向きな好奇心を持ち続ける人を育てます。
6
式典や芸術文化活動を通じ、日本の伝統と文化を愛する人を育てます。

校章

大正13年に創立された本学園が、昭和23年、新制の高等学校となったときに決定したものが現在の校章です。この校章の外側の花模様の枠は、創設者の功労を讃えて原田林市先生の家紋の花菱を用いています。その内側に同心的に形どったものは松の葉の図案化で、変わらぬ信念と生々発展する松の生命のたくましさを示しています。

風雪に耐えて生き抜いて行く「自律創生」と、自らの信じる道をあきらめない「信念貫徹」、そして校章全体から感じられるまろやかな暖かさに「共存共栄」の願いが込められています。

次回オープンスクール
7/6(土)・7/7(日)
申し込みは
こちら >