部活動

女子ソフトボール部

体育系

例年より遅い梅雨明けが発表され、今年も暑い夏がやってきました。
女子ソフトボール部の夏と言えば合宿!
今年も1泊2日で強化合宿を行いました。
今年の合宿の目標は、「攻撃のバリエーションを増やす」こと、そして何よりも合宿を通して「お互いの良いところも悪いところも認め合える仲になる」こと。
新体制でスタートしてから約4カ月、仲は良くなってきましたがそれではまだまだチームと言えません。
寝食を共にすることで普段見えない姿を見て、良いところを再発見、悪いところはフォローしながら直していく。そうやって互いを分かりあっていくことで、より深い人間関係が構築されていきます。
より『強い』チームになるために、この目標を掲げ合宿に臨みました。
合宿二日目には、津山高校と笠岡商業・岡山城東・矢掛高校合同チームとの練習試合を行い、練習の成果を実感することができました。
結果は二試合とも負けてしまいましたが、今までの試合で一番内容の良い試合になりました。
まだまだ練習が必要なことも痛感しましたが、確実にできることが増え、個々がレベルアップしていました。
試合後のミーティングでは、「もっとこういうことができるようになりたい」という感想を聞くことができ、そこからも自分たちに力がついてきていると実感しているのが分かりました。
夏季大会は3週間後。それまでにさらにできる事を増やし、ベストな闘いができるようこれからの練習も頑張っていきます。

合宿前日には保護者からお米を寄付していただき、その袋には熱い激励の言葉が!
また、仕事で忙しい中後輩のために差し入れを届けてくれた卒業生、練習試合の応援に駆け付けてくださった保護者の皆様、夕食・朝食の準備をしてくださった坂手先生と松本恭弥先生、たくさんの方々に支えられ、しっかりとソフトボールに向き合うことができました。本当にありがとうございました。

海と日本プロジェクトスポGOMI甲子園岡山県大会に参加しました。
この活動は「ゴミ拾いはスポーツだ」を合言葉に、昨今世界的に問題視されている海洋ゴミ問題の解決に繋げようとするものです。
三人一組でゴミの量やポイントで順位を競います。
参加チームは10組も満たない小さな大会ではありましたが、やるからには本気で!
生徒達は全国大会で東京に行きたい一心で頑張りました(笑)

結果は、第二位!
4㎏以上のゴミを集めたのですが、一位のチームはそれを大幅に上回る12㎏ものゴミを拾い、圧勝でした。
残念ながら優勝は逃しましたが、活動に積極的に取り組む姿や大会後に落ちている小さいゴミに気づくことができるようになった姿を見て、この活動の素晴らしさを実感しました。

ちなみに、二位入賞ということで、間伐材でできた木のブックカバーを景品としていただきました。

スポーツは勝つ達成感だけでなく、そこでの経験をきっかけに人生を豊かにしていくものです。
これからも、細かな事に気づく心を大切にしていってもらいたいです。

4/20(土)

VS 津山東 2-26●

ソフトボール日和の快晴となった20日、新生女子ソフトボール部の初陣となる春季大会が行われました。
結果は惨敗。試合慣れしていないこともあり、課題が多く残る試合でした。
しかし、試合を通してチームで戦うことを学べたと思います。
自分のことで精一杯になっていたり、なかなか全員集まって練習ができていなかったりしたことから、初回は仲間に声をかける余裕すらなく、チーム内でどこか遠慮しているような様子でした。
2回以降は、声を出すようになり良いプレーも多く見られるようになりました。
失敗してもお互いを励まし合い、良いプレーには自分のことのように一緒に喜ぶ、チームとしてのまとまりを感じられるようになりました。
チームとしても個人としてもまだまだのびしろがあります。
これから強いチームになっていきます!!

2019年04月06日

お花見

4/6(土)
五分咲きの桜の下、毎年恒例のお花見会をしました。
午前中に練習で気持ち良い汗を流した後、昼から各自で持ち寄った料理に舌鼓をうちました。
新入生とその後輩も遊びに来てくれたため、にぎやかな時間を過ごすことができました。

8日には始業式、9日には入学式があり、新しい1年がスタートします。そして改元され、新しい時代の幕開けとなる年でもあります。この1年でどんな出会いがあり、どんな経験ができるのでしょうか。とても楽しみですね。

2019年03月28日

春を待つ

次第に暖かくなってきました。
学校のグラウンドにある桜の蕾もここ数日でふっくらとしてきました。
各地で様々な競技の選抜大会が行われ、熱い戦いを繰り広げています。
ソフトボールでは岡山県代表の創志学園がベスト4入りを果たしたそうです。
おめでとうございます。
私たちはまだまだ活躍しているチームのようにはいかないかもしれませんが、グラウンドの桜の蕾のように春が来るのを待ち、着実にできることを増やしてきました。
いつか努力が結果として花開くことを信じ、これからも頑張っていきます。

春は出会いの季節でもあります。
新入生の皆さん、皆さんと一度きりの青春を味わえること、そして皆さんとでしか見られない景色を見られることを楽しみにしています。