部活動

バドミントン

体育系
部員数 25人 活動場所 60周年記念館アリーナ
バドミントン

 私たちバドミントン部は、いろいろな学科の生徒が在籍し、みんな仲良く、にぎやかに、そして目標を持って練習をしています。高校からバドミントンを始めた部員も多く、どんな生徒でも大歓迎の部です。男女共県大会出場を目指して練習していますが、特に、男子は県大会で団体戦ベスト8に入っています。長年バドミントンを専門としており、技術・知識共に経験豊富な指導者がバドミントンの基礎から応用まで丁寧に教えていきます。もちろん大会で『勝つこと』を目標としていますが、よりバドミントンという競技を知ること、バドミントンを好きになること、バドミントンを通して心技体を含めた自分自身の成長させることなど、『勝つこと以上に大切なこと』をこのバドミントン部員は身に付けていきたいと思っています。
 
【バドミントン部の特徴】
★特徴① いろいろな学科の生徒がいるということ!
 バドミントン部には、工業科(機械科・自動車科)や調理科・製菓科・普通科(進学コース・公務員コース・資格専門コース)のいろいろな学科・コースの生徒が在籍しており、幅広い人間関係が築けます。それにクラスの補習などがあっても頑張っている生徒が多く、有意義な高校生活を送ることができると思います。
 
★特徴② 文武両道を目指している部であるということ!
 男子も女子も顧問の先生の教えのもと、勉強も部活動も両方手を抜かず、全員が毎日頑張っています。最初は勉強が苦手だった部員もバドミントンの練習を通して、勉強に対する頑張り方が分かり、成績が上がってきています。
 
★特徴③ バドミントン経験者でも初心者でも大・大・大歓迎だということ!
 部員は中学校からの経験者もいますが、多くの部員は高校から始めた初心者です。男子でも女子でも、経験者も、他の競技をしていた人も、バドミントン部は、そんな一人一人が主役なのです。バドミントンの大会は、団体戦もありますが、個人戦(シングルス・ダブルス)もあり、部員全員が大会に出場できるチャンスがあります。
 
★特徴④ 初心者が多いけど、男女共県大会に出場しているということ!
 みんな強くなりたいという目標を持って練習しています。みんな協力して毎日の練習をこなしたり、優しい先輩が技術を指導してくれるので、みんな強くなっていきます。
 
★特徴⑤ バドミントンは想像以上にすごくスリリングでハードなスポーツだということ!
 みなさん、バドミントンって羽根突きだとか、女子がするスポーツだと思っている人もいるかもしれません。でも、それは間違いですよ。バドミントンのスマッシュの初速はどのスポーツよりも速く、コートを俊敏に動くことを要求されます。その姿は誰がやってもすごくかっこいい競技です。
 
 バドミントン部は、毎年本校に入学してくるバドミントンに興味を持った生徒との出会いを楽しみにしています。みなさん、これからもおかやま山陽高校バドミントン部をよろしくお願いします。

バドミントン新着活動ブログ

県大会でも頑張るぞ~!

県大会でも頑張るぞ~!

2021年10月3日

【男子バドミントン地区大会結果】男子学校対抗戦準優勝!男子ダブルス優勝!

 10月2日(土)・3日(日)と秋季県大会へつながる備中支部西部地区予選会がありました。男子学校対抗戦では、おかやま山陽は第2シードからの登場です。初戦の矢掛との試合は3対0、準決勝の笠岡との試合も3対0で勝利することができました。選手がダブルス・シングルスでそれぞれの役目をしっかりと果してくれました。そして、決勝戦はおかやま山陽の最大のライバルである第1シードの笠岡工業との戦いになりました。笠岡工業は県大会でもベスト4に入る強豪校ですが、ベスト8であるおかやま山陽も同じくらいの実力を持っており、この1年間は地区大会・県大会において3対2で勝ったり負けたりと僅差(きんさ)の勝負をしています。この地区大会でも最終シングルスまでもつれる大接戦となりましたが、最後は残念ながら3対2で敗退しました。男子ダブルスにおいては、エースペアが優勝、2番手・3番手ペアが第9位・第11位という結果を残し、県大会の出場権を獲得できました。6月に新チームになってから県大会の学校対抗戦でベスト4進出を目標としてやってきました。11月の県大会では、男子学校対抗戦でベスト8、個人戦のダブルス・シングルスでベスト16以上を最低目標として、この目標以上の結果をおさめられるように頑張っていきたいと思っています。柱となる2名が着実に成長してくれているのでこれからが楽しみです。また、高校からバドミントンを始めた部員も目標を持って練習し、少しずつではありますが実力をつけてくれているのでうれしいです。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。

活動実績

日付 実績 備考
2021年10月2日・3日 岡山県高等学校バドミントン競技
秋季大会備中支部西部地区予選会
男子団体
 2回戦  山陽3対0矢掛
 準決勝  山陽3対0笠岡
 決 勝  山陽2対3笠岡工業
      (県大会出場)
男子ダブルス
 第1位  原田岬海・大村拓斗
      (県大会出場)
 第9位  坂田基晴・鈴木凛
      (県大会出場)
 第11位  田頭永遠・佐近悠太
      (県大会出場)
 3回戦  樋口斗基・白神穏樹
 2回戦  吹元友哉・小泉遥大
      澁谷昊成・安田春太郎
      磯崎成吾・川口寛太
女子団体
 2回戦  山陽3対2岡山龍谷
 準決勝  山陽0対3笠岡商業
 三位決  山陽3対2総社南
      (県大会出場)
女子ダブルス
 第10位  柿原理沙・三宅亜弥
      (県大会出場)
 2回戦  大月麻楠・田中あゆみ
      白石千桜・船尾祐佳
      近藤薫莉・伊藤愛香
2021年7月28日・29日・30日 第40回全日本Jrバドミントン選手権大会
岡山県予選会
男子ダブルス
 ベスト16 原田岬海・大村拓斗
 4回戦  坂田基晴・梅野聖大
 3回戦  樋口斗基・鈴木凛
      白神穏樹・吹元友哉
      田頭永遠・佐近悠太
 2回戦  片岡隼都・川上慧輝
      小泉遥大・澁谷昊成
      花田孝太郎・安田春太郎
      掛江大翔・磯崎成吾
男子シングルス
 第7位  原田岬海(県大会出場)
 4回戦  大村拓斗
 3回戦  坂田基晴 鈴木凛
      田頭永遠 梅野聖大
      樋口斗基 佐近悠太
 2回戦  小泉遥大 澁谷昊成
 1回戦  白神穏樹 磯崎成吾
      吹元友哉 花田孝太郎
      川上慧輝 安田春太郎
女子ダブルス
 3回戦  船尾祐佳・白石千桜
 2回戦  柿原理沙・三宅亜弥
 1回戦  大月麻楠・田中あゆみ
女子シングルス
 4回戦  柿原理沙
 3回戦  三宅亜弥 田中あゆみ
 2回戦  白石千桜 大月麻楠
      船尾祐佳
 1回戦  伊藤愛香
2021年6月5日・6日・12日 第60回岡山県高等学校総合体育大会
バドミントン競技会
男子団体
 1回戦  山陽3対2津山工業
 2回戦  山陽3対1美作
 準々決勝 山陽0対3水島工業
      (県大会ベスト8)
男子ダブルス
 ベスト16 三宅拓実・原田岬海
 2回戦  大野健人・渡辺颯太
 1回戦  佐近悠太・田頭永遠
      大村拓斗・鈴木凛
男子シングルス
 ベスト16 原田岬海
 ベスト64 大野健人
女子団体
 1回戦  山陽0対3玉野光南
女子ダブルス
 2回戦  柿原理沙・三宅亜弥
2021年5月8日・9日 令和3年度
岡山県高等学校総合体育大会
バドミントン競技備中支部西部地区予選会
男子団体
 2回戦  山陽3対0矢掛
 準決勝  山陽3対0総社
 決 勝  山陽2対3笠岡工業
      (県総体出場)
女子団体
 2回戦  山陽3対2矢掛
 準決勝  山陽0対3笠岡商業
 三位決  山陽1対3笠岡
      (県総体出場)
2021年4月17日・18日 令和3年度
岡山県高等学校バドミントン競技春季大会
男子シングルス
 ベスト32 原田岬海(県総体出場)
 ベスト64 大野健人(県総体出場)
 4回戦  坂田基晴 三宅拓実
      梅野聖大    
 3回戦  田頭永遠 佐近悠太
 2回戦  吹元友哉 白神穏樹
      樋口斗基 吉川侑希
      鈴木凜  渡辺颯太
女子シングルス
 2回戦  柿原理沙
 1回戦  大月麻楠
2021年2月6日・7日 令和2年度
岡山県高等学校バドミントン競技新人大会
男子A級ダブルス
 ベスト16 三宅拓実・原田岬海
 2回戦  渡辺颯太・大野健人
男子B級ダブルス
 ベスト16 坂田基晴・田頭永遠
 4回戦  佐近悠太・梅野聖大
 2回戦  樋口斗基・白神穏樹
女子B級ダブルス
 3回戦  柿原理沙・大月麻楠
2020年11月14日・15日 令和2年度
岡山県高等学校バドミントン競技秋季大会
男子団体
 1回戦  山陽3対0岡山芳泉
 準々決勝 山陽2対3笠岡工業
      (県大会ベスト8)
男子ダブルス
 2回戦  三宅拓実・原田岬海
 1回戦  渡辺颯太・大野健人
男子シングルス
 第8位  原田岬海
2020年9月19日・20日 令和2年度
岡山県高等学校バドミントン競技
備中支部西部地区予選会
男子団体
 2回戦 山陽3対0岡山龍谷
 準決勝 山陽3対2笠岡工業
 決 勝 山陽3対1総社南
     (県大会出場)
男子ダブルス
 第1位 三宅拓実・原田岬海
     (県大会出場)
 第6位 渡辺颯太・大野健人
     (県大会出場)
 3回戦 吉川侑希・佐近悠太
     庄司和貴・坂田基晴
 2回戦 田頭永遠・梅野聖大
     樋口斗基・白神穏樹
女子団体
 1回戦 山陽3対2総社
 準決勝 山陽0対3笠岡商業
 三位決 山陽1対3井原
女子ダブルス
 第7位 藤井海里・柿原理沙
 1回戦 近藤薫莉・大月麻楠