校長ブログ

2015年07月06日

校長ブログ

オープンスクールでのイベント予告です。
機械科と調理科のコラボレーションです。

機械科と調理科のコラボレーションです。

 おかやま山陽高校のホームページやオープンスクールのチラシに載っている「”モン〇ン”のあの肉を焼きます!」の文章、何のことかよくわかりませんというご質問をいただいたので、説明します。
 「モンスターハンター」というゲームの中で、狩ったモンスターの肉を竃で焼いて食べるとパワーが回復したりアップしたりするというシーンがあります。
 それをイメージして、約10kgもある牛肉の塊を、巨大な串にブッ刺して、ぐるぐる回しながら炭火で焼いて食べてしまおう、ということなのです。

焼けたところからナイフで削ぎ切りにします。

焼けたところからナイフで削ぎ切りにします。

 回転焼き用の専用の竈は、機械科の精鋭部隊・溶接同好会の生徒たちが作ってくれました。素晴らしい出来栄えで、このまま発売できそうなクオリティです。
 ただ、私たちもこのような形でお肉を焼くのは初めてです。今回はオープンスクールに来られるお客様にお出しするので、ぶっつけ本番というわけにはいきません。そこで先日、本番にほぼ近い形で、リハーサル且つ練習且つ実験を行いました。
 その様子がこの写真です。肉は少し小さめですが、十分な迫力です。肝心の焼き上がり具合ですが、初めてにしてはとても「上手に焼けました!」(ゲームの中のセリフです)。
 肉自体は決して高級ではなく、安心・安全・安価なオージービーフなのですが、やはり炭火の魔力でしょうか、本当においしく焼き上がりました。
 7月11日、12日の第1回オープンスクールでは、この肉を焼いて、参加者の皆さんにご試食いただきます。参加予定の皆さん、どうかお楽しみに。