先輩・先生・卒業生からのメッセージ

卒業生

吉田 拓矢さん
色々な事を学び、それを活かすために

福祉・保育の勉強や実習を通してコミュニケーションの大切さを学びました。また、生徒会活動にも参加し、人のために働く事の喜びも知りました。これらの経験を活かして、将来保育士になりたいです。

普通科 資格専門コース 平成24年度卒業
くらしき作陽大学 子ども学科に進学
(倉敷市立黒崎中学校出身)

卒業生

井原 稔さん
高校時代の教えが、どんな困難でも乗り越えれることを教えてくれました。

税務大学校で一年間勉強した後、国や地方の予算の源となる税金を扱う仕事をしています。大学校では高校で習ったこともない法律や経理の仕方を学ぶので、大変だろうとよく言われますがそんなことはありません。同じ道を志す仲間と共に支え合いながら勉強できますし、なによりおかやま山陽高校で身に付けていた力が役に立っています。特別な勉強をするのではなく、当たり前の事を当たり前にするだけだという教えが、どんなに困難なことでも必ず乗り越えることができると分からせてくれました。今は働きながら大学で学び、キャリアアップをしようと頑張っています。

普通科 公務員コース 平成23年度卒業
国家公務員(税務職員)として勤務
(府中市立府中中学校出身)

先生

山田 寛之先生
見つけよう!本当の自分。

皆さんには、自分でも気づいていない素晴らしい才能が詰まっています。何かに本気で取り組むことで、本当の自分の姿が見えてくるはず。高校時代は自分を形作る大切な時期です。進学コースは、そんな皆さんの潜在能力を120%引き出すお手伝いをします。

現代国語

卒業生

小寺 菜美さん
私にもできた勉強と部活動の両立。先生方の指導で志望校にも合格。

勉強と部活動の両立を目標に高校時代を過ごしました。医療関係学科への進学を希望していたため、授業後の補習は欠かさず参加。一方で、バドミントン部ではキャプテンを務めていたので、部全体に目を向けなければならず、大変な毎日でした。そんな時に、先生から計画的に物事を進めるのが大切だと教わり、常にそのことを心がけて行動するようになりました。その結果、部活動では県大会に出場し、進路でも志望校に合格。私を導いてくださった先生方に、深く感謝しています。

普通科 進学コース 平成23年度卒業
川崎医療福祉大学に進学
(浅口市立鴨方中学校出身)

先生

祗園 知宏先生
大きな一歩へ

新聞紙を何回折れば月まで届くのか。正解は42回。薄い新聞紙でも折り重ねることで、大きな厚みに変わります。毎日の小さな積み重ねを続けることが、どんな目標も達成する上で大切なことなのです。興味をかきたてられる知識の積み重ねが公務員コースには常にあります。

英語