先輩・先生・卒業生からのメッセージ

先生

松本 壮史先生
自分が勉強しなきゃ!

コンクールで夢が叶わなかったとき、舞台に立った中で一番努力が足りなかったのは自分だということに気がつきました。それ以来「自分が勉強しなきゃ!!今日できることは今日のうちに・・・」と強く思っています。生徒たちは毎日一生懸命で前向きです。そして、いつも笑顔でいてくれます。生徒たちを「きっとできる・・・」と信じ続け、いつまでも生徒たちと同じ気持ちでありたいと思っています。

音楽

卒業生

井崎 奈津美さん
仲間と過ごした日々が私の成長の源。

中学生の時に音楽を心から楽しんでいる吹奏楽部の演奏を聴き、私もおかやま山陽高校で一生の思い出を作りたいと思いました。在学中は数々のステージを経験をすることができ、時にはくじけそうになることもありました。そういった日々の中で、親身になって指導してくださる先生と同じ目標をもった仲間に支えられ、大きく成長できたことが私の心の糧となっています。たった一度きりの高校生活をおかやま山陽高校で過ごせて本当によかったです。一生の宝物を胸に、毎日楽しい音楽を奏でています。

普通科 音楽コース 平成20年度卒業
海上自衛隊 舞鶴音楽隊に勤務
(白石町立有明中学校出身)

先生

赤澤 浩司先生
自分を信じて乗り越えよう。

目標が高ければ高いほど達成は困難であり、大変です。しかし、大変だからこそやりがいがあるとは思いませんか?自分を信じて仲間を大切に、感謝の気持ちを持って一緒に頑張りましょう。合言葉は「チャンスは前にしかない!」です。

保健・体育

卒業生

監物 稔浩さん
今の力の源となる基礎を身につけた高校時代。

学業と競争力の向上を両立させ、教員になることを目標におかやま山陽高校に入学しました。高校では選手としての心のあり方を学び、巧みな練習で日本高校室内選手権2位と大きく成長させていただきました。進学した環太平洋大学でも、日本学生選手権の1500m走で優勝し、卒業後は関西の実業団に進むことが内定しています。今は、日本代表選手として、世界と渡り合えるランナーになるのが目標です。山陽高校で学んだ基礎は、すべてに生かされています。

普通科 スポーツコース 2008年度卒業
(総社市立総社東中学校出身)

卒業生

山本 雄平さん
人の暮らしを守る喜び

自分が人の生活を守る、という実感を得られるのが消防士の仕事です。東京消防庁というロゴが入ったユニフォームを着て、多くの人の役に立てるように一生懸命がんばっています。東京消防庁は東京都内だけでなく、日本全国で活動する大きな組織です。訓練は厳しいですが、10年間空手道を続けることで身につけた体力と、おかやま山陽高校で鍛えられた精神力が今の私を支えています。この道に進ませてくださったおかやま山陽高校に心から感謝しています。

普通科 スポーツコース 平成23年度卒業
東京消防庁 消防士
(福山市立培遠中学校出身)