学科・コース

2021年01月14日

学科・コース

【調理科】【調理科3年生】フランス料理調理実習

【調理科3年生】フランス料理調理実習

【調理科3年生】フランス料理調理実習

【調理科3年生】フランス料理調理実習

 1月14日(木)調理科3年生のフランス料理の調理実習が行われました。フランス料理の実習は今回が最終回となります。メニューは、「牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニ風」「ムール貝のスープ」です。
 料理名に入っている“ロッシーニ”とは、イタリアの有名な作曲家の名前です。音楽家だけでなく、美食家としても知られていたロッシーニがパリにいた時に考案した料理が、このロッシーニ風の料理だそうです。
 ロッシーニ風は、牛ヒレ肉、フォアグラ、トリュフを組み合わせた料理のことを言います。 高級レストランなどで食べられるイメージも強いトリュフですが、実は塊状のキノコの一種です。主にフランスやイタリアの山林の土中に埋まっており、その希少性から「黒いダイヤ」と呼ばれることもあるそうです。そんなトリュフを探すのに、豚を使うことは有名ですが、豚はせっかく見つけたトリュフを食べてしまうことから、本場フランスでは今では、トリュフ探しの訓練を受けた犬が活躍しているそうです。
 今日の授業で、フランス料理の実習は最終回となりました。限られた時間の中でフランス料理の基礎から、フランスの地方料理など幅広く教えていただき、生徒も多くのことを学んだのではないかと思います。
 3年生が学校に登校できる日数もあとわずかです。悔いなく卒業を迎えられるよう、やるべきことをコツコツとやっていきましょう。