部活動

硬式野球

体育系

2017年03月03日

懐かしのマッツォンビー!

懐かしい食材

懐かしい食材

ジンバブエのクッキー

ジンバブエのクッキー

これは!

これは!

マッツォンビー

マッツォンビー

覚えとけモーリス

覚えとけモーリス

先日、大阪大学で途上国のスポーツ、エイズ予防の啓発活動などを研究している後輩がジンバブエに行きました。2年前に来校したモーリスが、私にお土産と言って色々と渡された物を郵送してきてくれました。その後、御礼のメールをすると 懐かしいだろ〜っと返信。確かに、懐かしいジュースの素や、何にでも使う調味料(だしの素みたいな…)、辛い調味料 その名もピリピリソースなんかもありましたが、最大の容積を占めていた袋を見ると…ウッ!  これはマッツォンビー  日本語で書くのは難しい。クラッキング タンと呼ばれる発音…舌を鳴らす感じ。マッツォンビー  これは、なんと蛾の幼虫! の乾物。湯せんして、玉ねぎとトマトと油で炒めます。味は、無味無臭ですが、見た目が…ワォ。アフリカ 3年住んでた私も、好んでは食べません。しかし、低カロリー高タンパクで、ヨーロッパに輸出されている一品ではあります。が、しかし何が、懐かしいやろ  と思いながらも、2万キロ離れた私に愛のお土産。報復として2019年のアフリカ オリンピック予選では、納豆を持って行ってやります。
マッツォンビーは、調味料の先生に調理して頂こうかなぁ〜。
野球部の生徒にも是非味わって欲しいですね~。