部活動

硬式野球

体育系

2016年12月27日

原点回帰!

お久しぶりッス!

お久しぶりッス!

KING

KING

ヤバい〜

ヤバい〜

見て学ぶ

見て学ぶ

変化!

変化!

2年前にプロ野球に行った藤井皓哉が自主トレでグラウンドに来ています。11月の終わりに電話があり、来年も契約して頂けましたという報告と自主トレで原点回帰したいと電話がありました。この1年間、二軍で満足に投げれず、危機感を抱いたのでしょう。フレッシュオールスターでの球を見て、愕然としていて、どこかのタイミングで話をしなくてはと思っていたので、助かりました。昨年の自主トレでは、彼自身が自信に満ち溢れてたので、思う事はあっても何も言わなかったので…。来年、駄目なら解雇も有り得るプロの世界。嫌がられても言わなければと思っていたので…。まず、キャッチボールやブルペンでの現状の動きを眺め・凝視し、動きの理由や根拠、イメージを会話から聞きました。頭を整理して、どうなりたいのか、何が気になるのか、などなど禅問答。数日して高校の時のドリルからやり直し、お互いにイメージと実際の動きを擦り合わせました。暖かったある日、勢いある球が腕から吹っ飛んでいきました。その瞬間、彼の顔から迷いが消え、笑顔と雄叫びが! その後、投げるたびにブツブツ独り言「あっ、少し早かった…」「ヨッシャー!」「違う違う…」などなど、感覚を掴みかけてて楽しそうでした。その様子を、周囲から見ている高校生達は、食い入るように見ていました。これが本当の練習だと思います。エース小松は、今、階段の踊り場。やってもやっても上手くいかない。あの日、300球は投げたのではないでしょうか。三谷コーチのアドバイスがハマり、球が変わりました。迷いの無い強い球が、捕手のミットに吸い込まれていきました。ブレークスルーになるかもしれません。
 この数日、OBが年末の挨拶に来てくれてます。大学でプレーしている卒業生は、ほとんどがユニフォームで参加。昔は、金髪・ピアスにサンダルが定番でしたが…。みんな、一緒に練習してくれました。中でも、皓哉が1年の時の3年生の天才ショート今井も来ました。1番怖くてカッコイイ先輩が来たので、皓哉も緊張してました。色んな仲間が、帰って来てくれたのも彼の心を解してくれたんだと思います。来年は、手応えを感じます!