部活動

硬式野球

体育系

2016年05月19日

JICA 世界の笑顔のためにプロジェクト! 6年目

ウズベキスタンの選手達

ウズベキスタンの選手達

 真剣です

真剣です

有難う

有難う

有難う

有難う

必死です

必死です

今年もJICAの世界の笑顔のためにプロジェクトに参加します。選手達も、古くなったグローブなどを持ってきてくれてます。家にある使われなくなったグローブやバットを再び蘇らせる素晴らしいプロジェクトだと思います。さて、この春の募集道具一覧を見ると、ウガンダなどの常連国の他に “ウズベキスタン”の名前が! 15年前に指導したのが私。まさか、まだ野球が続いているとは…。驚きと嬉しさで胸が一杯になりました。皆さん、ご存知ですか?ウズベキスタンがどこにあるか? インドの西側がパキスタン、そこからアフガニスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタンとスタンが付く国が6か国。ウズベキスタンの野球選手を見ていると、どうみてもヨーロッパ人。でもアジアに属してます。元々、スタンではなく、イスタンで、◯◯◯の土地っていうペルシャ語だそうです。こうやって野球をしながら色々な知識が身につきます。ウズベキスタンの人は、とにかく真面目でした。メモんとりながら同じことを何度も繰り返し、覚えていきました。その時の写真もアップしておきます。写真を見ただけで必死さが伝わると思います。ちなみに、お互いに全く言葉は通じません。目で聴いていました。聴くは、耳+目+心と書くと教えて頂きました!言葉より大切な目の力を大切にしましょう!