部活動

硬式野球

体育系

2016年04月22日

9期連続 県大会出場! いよいよ開幕!

背番号を!

背番号を!

ベンチ外の選手も練習

ベンチ外の選手も練習

こっちでも練習

こっちでも練習

あっちでも練習

あっちでも練習

いよいよ春の県大会が開幕、初戦まであと2日! 初戦は高梁日新高校と芳泉高校の勝者。本日は、開幕前日の練習。練習後には、部員86人の前で背番号を配布しました。初めてメンバー入りする選手。初めて一桁番号にはなる選手。惜しくもベンチから外れた選手。秋はレギュラーだったのに、背番号を貰えなかった選手。様々です。それを見ていた一年生は、何を感じたのでしょう。ほとんどが中学生の時にはレギュラーだったでしょう。年々、競争は激化しています。ただ、本チームが、他校と違うのは、大会直前でもみんか練習します。もちろん、応援練習、偵察、様々ありますが、何もなければ3ヶ所のグラウンドをフルに使い練習します。圧倒的に、他校よりボールを使います。その中で、競争します。なぜか…私が大学の時には270名前後の部員がいました。ボールを触れない者、上手いのに腐っていく者(それが弱さなのでしょうが)、山程見てきました。使ってもらえないと愚痴ばかり言う選手などなど。私自身は、力不足の選手でしたので、そういう悩みはありませんでしたが。だから、その頃思ったのは、もし指導者になるのなら、何人いても練習だけは、なんぼでも出来るような環境をつくり、練習させてもらえないから…なんて言い訳は、できないチームを作ろうと思ったのを思い出します。今日は、メイン球場で新入生がフリー打撃してました。練習試合に出してもらえる、もらえないと言う前に、まずは練習で結果を出すことです。練習の色々なメニューに、レギュラーになる選手の基準になる動きがあります。出来ないことを1つずつクリアしていけば、必ず道は開けます。今回、ベンチに入れようと思った選手を1人、別のレギュラーにまわってもらいました。彼は、その任務に1000%の力を発揮するでしょう。有難うといえる人も素晴らしい人間ですが、彼のように有難うと言われる人間は、もっと素晴らしい。あらゆるスポーツで野球だけが監督も選手と同じユニフォームを着るそうです。また高校野球の監督だけが、背番号を付けないそうです。つまり、ベンチに入れなかった選手の代表だという意味なのではないでしょうか⁉︎  だから、明後日、必ず全員で勝ちます。