部活動

レスリング部

体育系

2016年02月07日

レスリング部の歴史1

冬でも裸で壁塗りに燃えた指導者。 平成20.21年は、授業の合間はほぼ毎日掃除をしました。指導者の基本を学ぶ良い機会になりました。

冬でも裸で壁塗りに燃えた指導者。 平成20.21年は、授業の合間はほぼ毎日掃除をしました。指導者の基本を学ぶ良い機会になりました。

さあ何から始めようか!陸上競技部員は、自分の練習が終われば、率先して毎日手伝ってくれたのでした。

さあ何から始めようか!陸上競技部員は、自分の練習が終われば、率先して毎日手伝ってくれたのでした。

レスリング部の卒業生が力を貸してくれました。工藤 誠之様ありがとうございました。

レスリング部の卒業生が力を貸してくれました。工藤 誠之様ありがとうございました。

卒業生から道場の看板をプレゼントされました。高田 和拓様ありがとうございました。『先生、右の上側が太陽に見えるでしょう。』の言葉が忘れられません。

卒業生から道場の看板をプレゼントされました。高田 和拓様ありがとうございました。『先生、右の上側が太陽に見えるでしょう。』の言葉が忘れられません。

平成22年レスリング部は復活しました。練習するには平成20.21年で活動できる準備をしなければいけませんでした。

    私は、当時陸上競技部の顧問をしていましので部員にお願いをしました。『俺は、陸上競技部を止め2年後にはレスリングをやる。すまないが、レスリング道場の準備を手伝ってくれ。頼む。』と、

    当時、陸上競技部は岡山県でトップクラスを走っており、インターハイにも毎年出場していました。その生徒が自分の習の後、レスリング部が活動できるように手伝ってくれたのです。

    歴史を学ぶことは大切です。今学ぶその歴史はわずか数年前の出来事なのです。私達は、何を感じて生きていくべきなのかを改めて考えます。