部活動

硬式野球

体育系

2015年12月14日

色々なお客さん

見ているだけで勉強になります

見ているだけで勉強になります

法政大学 赤木君!

法政大学 赤木君!

この冬は、毎週末、色々なお客さんがグランドにお越しになります。結婚したばかりのOB、中学校の先生、大学の監督、来月には他校の監督が練習の見学…。人が見たくなるチームにはなってきたのではと思うと非常に嬉しいものです。特にいつもと違うのは、プロ野球選手になった藤井も連日、自主トレでグランドに来ています。ストレッチする姿、走る姿を見るだけで勉強になります。ボールを投げる姿には、選手達も食い入るように見ています。投げた後の足跡を見たり、まるで一流シェフが調理した鍋や皿に残ったソースを、そっと舐める新米シェフのような感じでしょうか。ただ色々規定があって、アドバイスとかはできませんので、自分の目で、見て盗む。かえって、良いのかもしれません。私的には、言論の自由だろとは思いますが…。
 また先日は、法政大学の赤木君がわざわざ東京から来てくれました。卒業生でもない、岡山県出身でもない、千葉県出身の現役大学生の選手が来たので、私もビックリしました。彼は、途上国の野球に強い関心があるそうで、いずれ海外に指導に行こうと思っているようです。ある日、彼がインターネットで調べていると、偶然モーリスで世話になった香川大学の山下君にヒット! 取り敢えず、香川大学に電話して山下君と縁ができ、途上国野球と言えば山陽にということで、山下君が連れて来てくれました。せっかくなんで、一年生にノックして頂きました。非常に爽やかな好青年でした。山下君も赤木君も、共通しているのが、思い立ったら、即行動。私もビジネスマン時代に、同じ業界で憧れの三原徹さんから「人に会いに行く事と本を買う事には、お金に糸目をつけないように」と言われて実践してきましたが、この2人の大学生は、誰からも言われずに実践しています。若者、凄い! 翌日のお礼の電話も、ちゃんとゴールデンタイムの10時30分。さすが名門 法政大学!