部活動

硬式野球

体育系

2015年10月12日

おめでとう

おめでとう!

おめでとう!

目に見えない絆

目に見えない絆

前回のOB達ですが、見事リーグ優勝! 主務としてチームを支えた上戸君が、チームメイトに胴上げして頂いたとメールがきました! ここ数年勝てなかったので、喜びもひとしお。おめでとうございます*(^o^)/*  最初は選手として、まだまだベンチ入りの可能性もあり、監督から主務にならないかと言われた時には、相談の電話をもらいました。しかし、本人は将来は指導者になりたいとの夢があるので、学生コーチ兼主務を、自らの意思で選択しました。チームの縁の下の力持ちとなり、監督や選手から信頼を頂いた結果の優勝であり、胴上げだと思います。そういった目に見えない絆がチームを強くしたのでしょう。主務になって直ぐ、静岡の大学の監督からお電話を頂きました。「監督!上戸君って山陽でしょ! 遠征で金沢学院大学と試合しているんやけど、あまりにも主務の学生が輝いてるから、話しかけたら山陽って言われたんで、嬉しくて電話しました!」 ビックリしました。グランドでプレーするだけが野球じゃないと実感しました。全員がエースで4番ではないのです。ベンチ外の選手は、ベンチ入りを羨ましがります。でも、ベンチ入りの半分はベンチワーク。攻守交替の補助、ブルペン捕手、バット引き、水の補充、ランナーコーチ、試合開始から、いつ出るか分からずブルペンで準備する投手。などなど。試合に出ている選手も、打ちたくてもバントや進塁打を求められる選手。全てがチームの勝利の為に働かなくては勝てません。働くとは、傍(はた)を楽にすること。それをお互いに認めあわなければなりません。
 我がチームの目に見えない絆が駐輪場。これが乱れ出すと悪い予感がします。今日は安心かな…。