部活動

硬式野球

体育系

2015年02月10日

メディカルチェック

肘にエコー、異常なし!

肘にエコー、異常なし!

体が硬い!ケガするよ!

体が硬い!ケガするよ!

先日、岡山を中心にしたスポーツドクターと社会人野球の三菱オーシャンズの主催でメディカルチェックやスポーツ障害に関する講習会がありました。5年目を迎えるイベントですが、全回参加しています。学年のエース候補と肩や肘に故障がある選手を連れて行きます。こういったイベントがあることは岡山アマチュア野球界の素晴らしい連携だと思います。特に、小学生や中学生の発育途中の選手には、是非受講して頂きたいものです。どうしても、小学生ぐらいで能力がある選手は、1日に3試合も4試合も出ずっぱりになります。投手をして、 捕手や遊撃手をすることも多いでしょう。高校に入る頃には、肘は剥離してたり、変形してたりもします。たった2年3カ月しかない高校野球で、肩や肘を故障すると、大きく出遅れます。選手も、焦りから完治せずに復帰しようとして再発するという悪循環に陥ります。だからと言って、過保護にしすぎて、スグにアイシングする小学生も、自然治癒力を無くしていきます。やはり、指導者がしっかり勉強できる環境とキューバ野球界やサッカーのような指導者ライセンス制度が必要なのではないでしょうか?  今回は、少し真面目に書いてみました。