部活動

硬式野球

体育系

2019年02月22日

残念…野球が…

テレビ番組!

テレビ番組!

幼稚園に行ってきました!

幼稚園に行ってきました!

正義の味方  マスクド山陽

正義の味方 マスクド山陽

またね〜

またね〜

 先週末のテレビ東京系列のスポーツウォッチャーで、ジンバブエ 野球が紹介されました。ご覧頂けましたか? タシンガの実家は、なかなかパンチが効いていました。いつも明るく冗談ばかり言ってる彼が、あそこまで野球に対する強い想いがあると思いもしなかったので、正直 嬉しくなりました。
  さて、いよいよ来年は東京オリンピック! 野球で言えば、アフリカ予選は今年4月に五輪予選が開催されます。そんな、いよいよこれからだという時期に水を差すようなニュースが入りました…2024年開催のパリ五輪の会議で、野球・ソフトボールは種目から外れると決まってしまったそうです。ハァ〜、溜め息しか出ない。東京オリンピックでは、スポンサーが集まりやすいからか、野球・ソフトボールは種目に選ばれました。また、逆戻り…いよいよ絶体絶命のピンチです。
 なぜ私が今回、ジンバブエ の監督になったのか…。
 

5つの意味があります。
① 20年以上の私とモーリスの友情。また個人的には3回目のオリンピック挑戦になりますので、出たいという個人的な夢です。
 
 ②1992年から始まったジンバブエへの野球普及という協力隊員OB達、また日本でサポートし続けてくれたジンバブエ 野球会の夢
 
③野球離れへが進む野球界へのメッセージです。野球離れの原因は、世界で野球がマイナースポーツだということだと考えてます。サッカーのように世界一の国やクラブを決める大会がないこと→日本一しか決めない、野球界の天井の低さが、子供達にはワクワク感がないから、人気がない。
 
④本野球部員や生徒に、夢に向かってる48歳の姿を見せること。 夢のない子供が多いのは、大人が夢に見てないからだと思うので。
 
⑤③につながりますが、今回のオリンピックが、たった6ヶ国しか本選に参加しないという事が、如何に野球が世界でマイナー競技で、つまらない競技だと思われているかという証です。そのことを甲子園監督が、途上国から挑戦することにより注目していただく事。そして野球が好きな日本の皆様へ、危機感を持って野球の普及を考えて頂きたいから。
 
最初は、①や②の思いだけでしたが、今は③や⑤の事を、非常に強く思います。
 
みなさん、世界の野球協会の設立が、1992年から1994年あたりに集中している理由、ご存知ですか? (興味ある方は、過去のブログに答えがあります。)
高野連が幼稚園に野球の普及と言い出しましたので、年末に行ってきました。低年齢層への普及も大切ですが、それと同時に、天井の高さが変わらなければ30年でプロ野球は成立しなくなると思ってます。パリ五輪で、野球が外されたニュースを聞いてのコメント

 東京大会での日本代表のエース候補、巨人の菅野智之もこの日、「悲しいですよね」とぽつり。「野球に育ててもらった思いがある。力になれることがあるなら、次の世代のために、何かしてあげたい思いはある」とコメント

有難いコメントです。何かじゃなくて、世界に普及するの手伝って下さい! みんな、何かしなくては…とは思ってます。けれど、何をしていいのか、分からない。簡単なんです。私達の活動をあなた達がしてくれたら、効果は無限大に広がっていきます。どこかで、繋がっていくと信じます!
  1日でも早く世界に野球の面白さを普及しないといけません。銃をバットに、石や手榴弾をボールに持ち替えましょう!