部活動

レスリング部

体育系

2018年12月21日

駒沢オリンピック公園競技場物語

駒沢オリンピック公園競技場物語
1940年のオリンピックは東京に決定していた。東京都は駒沢公園に12万人収容のスタジアムを建設する計画を立てていた。

そんな頃、東京オリンピックの誘致に尽力した嘉納治五郎は誘致成功の帰国途中、1938年5月船上で病死。暗雲が立ち込めた。

それから2ケ月後、日中戦争が激化し日本は世界から避難を浴びスポーツをする状況ではなくなり日本は東京オリンピックを返上した。

駒沢の地が平和の祭典になるはずが、待っていたのは戦争だった。戦場には日本代表選手も借り出され優秀な人材を多く損失した。
東京は焼け野原と化し1945年8月に無条件降伏。

それでも日本国民は立ち上がった。

戦争に敗れたわずか13年と数ヶ月の1959年5月、西ドイツで再び東京オリンピックの誘致に成功した。家電三種の神器、新幹線開通、高速道路の建設。日本は高度経済成長を遂げた。

1964年10月10日オリンピックは東京で開催された。開会式は千駄ヶ谷の国立競技場。

日本体育の父、嘉納治五郎の夢はここに叶った。当時嘉納の死に直面した水泳の田畑政治は嘉納先生に成り代わり東京オリンピックの開催に執念を燃やした。 
田畑様々な場所で冷静に戦略を講じた。

オリンピアから世界を回る聖火には平和への願いを込めた。それはかつて日本が侵攻した地域にお詫び行脚の挨拶。更に最終聖火ランナーには広島に原爆が落とされた日に広島で生まれた坂井義則君を起用した。

日本は平和国家に生まれ変わったことを世界に示した。

駒沢屋内球技場ではバレーボールが行われた。女子はライバルソ連との激闘を制し金メダルを獲得。大松監督の体は東洋の魔女の手で宙に舞った。男子も健闘し銅メダルを獲得し、正に1972年ミュンヘンオリンピック金メダルへの道となった。

駒沢体育館で行われたレスリングも国民の期待に応えグレコ2、フリー3と計5つの金メダルを手にし八田会長の指導力は世界から注目された。その精神は脈々と受け継がれており現在も世界の強国に君臨している。

東京オリンピックの日本の獲得したメダルは16を数え大会は大成功。日本は経済と共にスポーツでも世界の先進国の仲間入りを果たした。

それから半世紀を超えた。
2020年の夏、東京に2度目のオリンピックがやって来る。

世界の超人達はどんなドラマを準備してくるのだろうか!