部活動

硬式野球

体育系

2018年11月08日

初心

先日、10年来のお付き合いをして頂いてる沖元先生が監督されている高陽東高校に行って来ました。正月は、七草の会と呼ばれる指導者講習会・夏は新チームの選手のためのルーキーリーグ、最近では監督会を広島県で結成されるなど、自チームの事より、野球界のために全力を尽くされている尊敬しかない監督です。自チームの作戦だろうが戦略だろうが、県内外問わず若い指導者に伝えてられます。しかも、自身は広島商時に全盛期の池田高校を倒し、指導者としても広島工業を甲子園。プロ野球選手も3人育てあげた方です。ウチが、まだヤンチャな選手が多い頃、グラウンドで怒っていると“毒抜いても、牙抜くなよ” との言葉を頂きました。その言葉で、だいぶアプローチが変わりました。
  グラウンドの奥には四年前、広島の土砂災害の後がありました。部員を20人以上つれ、広島の藤井皓哉も撤去作業したのを思い出しました。その藤井が140㎞を超えたのも沖元監督の前、何か困ってたりすると必ずヒントがある沖元監督との時間。今回は、トイレでした。何か負けた事を受け入れられない自分に喝でした。強くなります。