<<<<<<< HEAD 陸上競技部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

陸上競技部

体育系

2016年06月17日

夢への挑戦
中身です。

中身です。

差出人は空欄で、商品名は「中国大会頑張れ!」

差出人は空欄で、商品名は「中国大会頑張れ!」

金曜日、学校に小包が届きました。
差出人の欄には、名前はなく、「中国大会頑張れ!」とだけ書いてありました。
開けてみると、氷のうや、テーピングなど、試合には欠かせないアイテムが入っていました。
 字を見て、去年卒業した、マネージャーかなと思い、電話をかけてみると、予想は的中しました。県総体の後輩たちの走りをみて明日から始まる中国大会で、インターハイに向けて少しでも力になればとプレゼントしてくれたようです。
 様々な人に支えられて競技ができているんだなと、生徒、顧問ともに、改めて実感しました。
 中国大会は、そういった、様々な思いを胸に、インターハイを目指して悔いのない走りをしてもらいたいものです。
 応援よろしくお願いします。
 

左 塚原選手 右 高瀬選手

左 塚原選手 右 高瀬選手


6月5日に鳥取で行われた、2016布勢スプリントに出場しました。4×100mは2位という結果でした。
日本のトップ選手も参加する大会であり、まじかに憧れの選手を見ることができ、とてもよい刺激になりました。
 また、前日のホテルでは、北京オリンピックメダリストの塚原選手とロンドンオリンピック日本代表の高瀬選手に遭遇しました。快く写真を撮ってく下さり、忘れられない思い出となりました。

2016年05月29日

岡山県総体を終えて
200m決勝 9レーン岡田 8レーン森田

200m決勝 9レーン岡田 8レーン森田

1600mR後。岡田君は3日で9本のレースをこなしました。みんなのサポートのおかげです。ありがとう。

1600mR後。岡田君は3日で9本のレースをこなしました。みんなのサポートのおかげです。ありがとう。

みんなのサポートが力になっています。

みんなのサポートが力になっています。

キャプテンの頼もしい走りです。

キャプテンの頼もしい走りです。

5月27日~29日にかけて、シティーライトスタジアム(岡山県陸上競技場)で県総体がおこなわれました。今年も様々なドラマ見させてもらいました。出場した人、サポートをしてくれた人、チーム全員で戦った結果だったと思います。勝負の世界は厳しいものです。そう簡単には勝たせてくれません。今回の結果をこれからの競技、これからの生活に生かせてもらえたらなと思います。

結果の報告です。
スポーツコース2年岡田駿介君が100m5位、200m6位。機械科3年森田圭斗君が200m5位で中国大会へ進出しました。
これから、インターハイ出場にへ向けて、日々精進します。
 

2016年03月20日

シーズンイン

笠岡陸上競技場開場記念 記録会が、3月20日(日)に笠岡陸上競技場で行われました。
今年、最初の大会となり、この冬取り組んできたトレーニングの確認や久しぶりの試合の感覚など、大事な大会となりました。
2016年は、インターハイも岡山県で開催されます。1人でも多くの選手が出場できるように、取り組んでいきたいと思います。

 

2015年12月20日

自分の可能性を信じて
記念の一枚です。

記念の一枚です。

真剣なまなざしで指導を受けています。

真剣なまなざしで指導を受けています。

12月20日(日)、私の高校の同級生である、鶴田賢選手をお招きして技術指導に当たってもらいました。鶴田選手は、高校生で世界ユース大会に出場し日の丸をつけて活躍し、大学時代では、日本選手権リレー優勝など100m~400mの種目で日本のトップレベルで競技を行っている選手です。日本のトップレベル、世界に目を向けて競技を行う選手の練習への考え方や技術を直接教えていただき、とても刺激を受けている様子でした。
「自分の可能性を否定せず、自分を信じて練習に取り組んでください。」という言葉をいただき、生徒も目の色が変わったように思えました。
 また、鶴田選手の大学の先輩にもあたる、高瀬慧選手のサインをサプライズでいただき、生徒たちは大喜びでした。
 成長した姿を報告できるように、練習に励んでいきたいと思います。
※高瀬慧選手 100m 10.09(日本歴代7位)
       ロンドン、北京五輪代表、アジア大会金メダリスト

======= 陸上競技部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

陸上競技部

体育系

2016年06月17日

夢への挑戦
中身です。

中身です。

差出人は空欄で、商品名は「中国大会頑張れ!」

差出人は空欄で、商品名は「中国大会頑張れ!」

金曜日、学校に小包が届きました。
差出人の欄には、名前はなく、「中国大会頑張れ!」とだけ書いてありました。
開けてみると、氷のうや、テーピングなど、試合には欠かせないアイテムが入っていました。
 字を見て、去年卒業した、マネージャーかなと思い、電話をかけてみると、予想は的中しました。県総体の後輩たちの走りをみて明日から始まる中国大会で、インターハイに向けて少しでも力になればとプレゼントしてくれたようです。
 様々な人に支えられて競技ができているんだなと、生徒、顧問ともに、改めて実感しました。
 中国大会は、そういった、様々な思いを胸に、インターハイを目指して悔いのない走りをしてもらいたいものです。
 応援よろしくお願いします。
 

左 塚原選手 右 高瀬選手

左 塚原選手 右 高瀬選手


6月5日に鳥取で行われた、2016布勢スプリントに出場しました。4×100mは2位という結果でした。
日本のトップ選手も参加する大会であり、まじかに憧れの選手を見ることができ、とてもよい刺激になりました。
 また、前日のホテルでは、北京オリンピックメダリストの塚原選手とロンドンオリンピック日本代表の高瀬選手に遭遇しました。快く写真を撮ってく下さり、忘れられない思い出となりました。

2016年05月29日

岡山県総体を終えて
200m決勝 9レーン岡田 8レーン森田

200m決勝 9レーン岡田 8レーン森田

1600mR後。岡田君は3日で9本のレースをこなしました。みんなのサポートのおかげです。ありがとう。

1600mR後。岡田君は3日で9本のレースをこなしました。みんなのサポートのおかげです。ありがとう。

みんなのサポートが力になっています。

みんなのサポートが力になっています。

キャプテンの頼もしい走りです。

キャプテンの頼もしい走りです。

5月27日~29日にかけて、シティーライトスタジアム(岡山県陸上競技場)で県総体がおこなわれました。今年も様々なドラマ見させてもらいました。出場した人、サポートをしてくれた人、チーム全員で戦った結果だったと思います。勝負の世界は厳しいものです。そう簡単には勝たせてくれません。今回の結果をこれからの競技、これからの生活に生かせてもらえたらなと思います。

結果の報告です。
スポーツコース2年岡田駿介君が100m5位、200m6位。機械科3年森田圭斗君が200m5位で中国大会へ進出しました。
これから、インターハイ出場にへ向けて、日々精進します。
 

2016年03月20日

シーズンイン

笠岡陸上競技場開場記念 記録会が、3月20日(日)に笠岡陸上競技場で行われました。
今年、最初の大会となり、この冬取り組んできたトレーニングの確認や久しぶりの試合の感覚など、大事な大会となりました。
2016年は、インターハイも岡山県で開催されます。1人でも多くの選手が出場できるように、取り組んでいきたいと思います。

 

2015年12月20日

自分の可能性を信じて
記念の一枚です。

記念の一枚です。

真剣なまなざしで指導を受けています。

真剣なまなざしで指導を受けています。

12月20日(日)、私の高校の同級生である、鶴田賢選手をお招きして技術指導に当たってもらいました。鶴田選手は、高校生で世界ユース大会に出場し日の丸をつけて活躍し、大学時代では、日本選手権リレー優勝など100m~400mの種目で日本のトップレベルで競技を行っている選手です。日本のトップレベル、世界に目を向けて競技を行う選手の練習への考え方や技術を直接教えていただき、とても刺激を受けている様子でした。
「自分の可能性を否定せず、自分を信じて練習に取り組んでください。」という言葉をいただき、生徒も目の色が変わったように思えました。
 また、鶴田選手の大学の先輩にもあたる、高瀬慧選手のサインをサプライズでいただき、生徒たちは大喜びでした。
 成長した姿を報告できるように、練習に励んでいきたいと思います。
※高瀬慧選手 100m 10.09(日本歴代7位)
       ロンドン、北京五輪代表、アジア大会金メダリスト

>>>>>>> master