<<<<<<< HEAD 柔道部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

柔道部

体育系

6/21、22日に岡山県武道館にて、国民体育大会柔道競技、岡山県予選が行われました。柔道競技は、県の選抜チーム男子5名、女子3名を決める予選大会です。岡山県高校柔道のオールスターメンバーに入るべく、各選手の熱い戦いが繰り広げられました。高校総体等の大会とは違った、大会の醍醐味があり、各県の総合力が発揮されるのが国体です。普段は、敵であり、ライバルであるチーム、選手も1つのチームとして戦える国体。自他共栄の精神が問われる大会ともいえるでしょう。山陽柔道部は男女3名が決勝リーグに進出し3名が3位。あと1歩というところまで善戦しましたが、国体選手には選ばれませんでした。残すところ、3年生も金鷲旗高校柔道大会だけとなりました。最後の最後まで不屈の精神で悔いのない試合、悔いのない練習をしてほしいです。

2014年06月09日

中国高等学校柔道大会

6/7、8日に中国高等学校柔道大会が地元岡山県立武道館で行われました。女子団体、個人、男子個人と5名の選手が出場しました。中国地区各県の代表が集まる大会なだけ、レベルの高い試合となりました。山陽高校はすべて予選敗退と、上位進出を目標にしていましたが、まだまだ差があると感じさせられました。ある他校の選手がこれから大事な決勝戦が控えているという状況の中、トイレのスリッパを揃え、気持ちのいい挨拶をしてくれているのを見かけました。当たり前のことかもしれませんが、感動させられました。人間の中身が、競技にも通ずるものがあるんだと改めて感じさせられました。そういった中身から、心から山陽柔道部も鍛えなおしていきたいと思います。柔道だけでなく、心の面も勉強させられた大会となりました。応援に来て下さった、保護者の方々、校長先生ありがとうございました。これからも応援していただける柔道部、愛される柔道部にしていきたいと思います。
凡事徹底!

5/31、6/1日岡山県武道館でインターハイ予選が行われました。男子-73kg級で滝澤翔平、準優勝。女子-48kg級で竹内光、3位、三宅絵梨香、3位、-70kg級で廣川真子、3位、女子団体3位という結果に終わりました。高校柔道部員達が一番熱い思いをかけて目指すインターハイ。3年生竹内光、2年生、滝澤翔平共に前大会準優勝という惜しい結果のため、今大会にかけるより熱い思いが試合に出ていました。全国大会への切符をあと一歩で逃した結果となりましたが、今大会までの過程は素晴らしいものでした。努力が全て報われるわけではない。しかし、ここにたどり着くまでの過程は、部員たちの財産となります。厳しい勝負の世界。非日常の世界で頑張っている選手たち。非日常の世界に居るからこそ、日常では見えない自分と向き合えるのだと思います。勝って驕らず、負けて腐らず。今週末、6/7、6/8は地元岡山県開催の中国大会が行われます。大会会場は岡山武道館です。時間のご都合のつく方は、山陽柔道部の応援に来てください。皆さんの応援が柔道部員の力になります。よろしくお願いします。

先日行われた中国大会予選、個人戦の結果です。
男子73kg級で2年生の滝澤翔平が準優勝!
女子48kg級で3年生の竹内光が準優勝、2年生の三宅絵梨香が3位!
63kg級で1年生の窪地麻衣が5位!70kg級で2年生の廣川真子が5位!

滝澤翔平、竹内光、廣川真子の3名ご中国大会個人戦の出場権を得る事が出来ました!

あと一歩、あと一勝で中国大会に出場権獲得ならなかった者も数名居ましたm(_ _)m

滝澤翔平、竹内光は初の決勝の舞台に立つことができ、優勝を目指してましたが善戦したものの優勝には届きませんでしたm(_ _)m
竹内光は中学時代、県大会では結果が出ない選手で、入賞なんてほど遠い選手でした。
高校での頑張りが岡山県で準優勝、中国大会出場という結果に結びつく事ができました。

中国大会は地元岡山開催です!
是非岡山武道館に応援来てください(^ ^)
その前に5月31日、6月1日にインターハイ予選!
今回決勝で涙を流した2人、中国大会出場権を逃した選手、この一ヶ月で進化した姿を見せてくれることでしょう。

4月26日岡山武道館で中国大会岡山県予選団体が行われました。
男子は準々決勝でまたもや倉敷工業と対戦!
昨年から3回連続の対戦。ここまでくると宿命の対決。
3度目こそはと望んだ一戦2-2の内容負けm(_ _)m
男子初のベスト4入りをまたもや逃してしまいました。
敗者復活戦では高松農業5-0、玉島商業4-1と順調に勝ち進み、敗者復活最終戦では岡山工業。ここで勝てば中国大会の出場権を得れる最後の一戦。2-2で代表戦、山陽は2年生滝澤が代表戦に挑みましたが指導1ポイントの僅差で敗れ中国大会出場権逃しました。途中ケガ人が出るなどメンバー交代もあり、チーム全員が役割を果たした、選手達は本当よく頑張ってくれた内容の良い試合だったと思います。
女子は準決勝で創志学園に敗れはしましたが、中国大会出場を決め中国大会での更なる飛躍を目指します。
今回は初の男女共に中国大会を狙ってましたが、またしてもあと一歩で逃すという悔しいものに終わりました。
特に男子は3年生の活躍が目立ち会場を湧かせてくれました。それだけに監督として中国大会出場させてやれなかったことが申し訳なく思います。
このあと一歩の差が近いようで遠い、この一歩を埋めるために頑張ります。

======= 柔道部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

柔道部

体育系

6/21、22日に岡山県武道館にて、国民体育大会柔道競技、岡山県予選が行われました。柔道競技は、県の選抜チーム男子5名、女子3名を決める予選大会です。岡山県高校柔道のオールスターメンバーに入るべく、各選手の熱い戦いが繰り広げられました。高校総体等の大会とは違った、大会の醍醐味があり、各県の総合力が発揮されるのが国体です。普段は、敵であり、ライバルであるチーム、選手も1つのチームとして戦える国体。自他共栄の精神が問われる大会ともいえるでしょう。山陽柔道部は男女3名が決勝リーグに進出し3名が3位。あと1歩というところまで善戦しましたが、国体選手には選ばれませんでした。残すところ、3年生も金鷲旗高校柔道大会だけとなりました。最後の最後まで不屈の精神で悔いのない試合、悔いのない練習をしてほしいです。

2014年06月09日

中国高等学校柔道大会

6/7、8日に中国高等学校柔道大会が地元岡山県立武道館で行われました。女子団体、個人、男子個人と5名の選手が出場しました。中国地区各県の代表が集まる大会なだけ、レベルの高い試合となりました。山陽高校はすべて予選敗退と、上位進出を目標にしていましたが、まだまだ差があると感じさせられました。ある他校の選手がこれから大事な決勝戦が控えているという状況の中、トイレのスリッパを揃え、気持ちのいい挨拶をしてくれているのを見かけました。当たり前のことかもしれませんが、感動させられました。人間の中身が、競技にも通ずるものがあるんだと改めて感じさせられました。そういった中身から、心から山陽柔道部も鍛えなおしていきたいと思います。柔道だけでなく、心の面も勉強させられた大会となりました。応援に来て下さった、保護者の方々、校長先生ありがとうございました。これからも応援していただける柔道部、愛される柔道部にしていきたいと思います。
凡事徹底!

5/31、6/1日岡山県武道館でインターハイ予選が行われました。男子-73kg級で滝澤翔平、準優勝。女子-48kg級で竹内光、3位、三宅絵梨香、3位、-70kg級で廣川真子、3位、女子団体3位という結果に終わりました。高校柔道部員達が一番熱い思いをかけて目指すインターハイ。3年生竹内光、2年生、滝澤翔平共に前大会準優勝という惜しい結果のため、今大会にかけるより熱い思いが試合に出ていました。全国大会への切符をあと一歩で逃した結果となりましたが、今大会までの過程は素晴らしいものでした。努力が全て報われるわけではない。しかし、ここにたどり着くまでの過程は、部員たちの財産となります。厳しい勝負の世界。非日常の世界で頑張っている選手たち。非日常の世界に居るからこそ、日常では見えない自分と向き合えるのだと思います。勝って驕らず、負けて腐らず。今週末、6/7、6/8は地元岡山県開催の中国大会が行われます。大会会場は岡山武道館です。時間のご都合のつく方は、山陽柔道部の応援に来てください。皆さんの応援が柔道部員の力になります。よろしくお願いします。

先日行われた中国大会予選、個人戦の結果です。
男子73kg級で2年生の滝澤翔平が準優勝!
女子48kg級で3年生の竹内光が準優勝、2年生の三宅絵梨香が3位!
63kg級で1年生の窪地麻衣が5位!70kg級で2年生の廣川真子が5位!

滝澤翔平、竹内光、廣川真子の3名ご中国大会個人戦の出場権を得る事が出来ました!

あと一歩、あと一勝で中国大会に出場権獲得ならなかった者も数名居ましたm(_ _)m

滝澤翔平、竹内光は初の決勝の舞台に立つことができ、優勝を目指してましたが善戦したものの優勝には届きませんでしたm(_ _)m
竹内光は中学時代、県大会では結果が出ない選手で、入賞なんてほど遠い選手でした。
高校での頑張りが岡山県で準優勝、中国大会出場という結果に結びつく事ができました。

中国大会は地元岡山開催です!
是非岡山武道館に応援来てください(^ ^)
その前に5月31日、6月1日にインターハイ予選!
今回決勝で涙を流した2人、中国大会出場権を逃した選手、この一ヶ月で進化した姿を見せてくれることでしょう。

4月26日岡山武道館で中国大会岡山県予選団体が行われました。
男子は準々決勝でまたもや倉敷工業と対戦!
昨年から3回連続の対戦。ここまでくると宿命の対決。
3度目こそはと望んだ一戦2-2の内容負けm(_ _)m
男子初のベスト4入りをまたもや逃してしまいました。
敗者復活戦では高松農業5-0、玉島商業4-1と順調に勝ち進み、敗者復活最終戦では岡山工業。ここで勝てば中国大会の出場権を得れる最後の一戦。2-2で代表戦、山陽は2年生滝澤が代表戦に挑みましたが指導1ポイントの僅差で敗れ中国大会出場権逃しました。途中ケガ人が出るなどメンバー交代もあり、チーム全員が役割を果たした、選手達は本当よく頑張ってくれた内容の良い試合だったと思います。
女子は準決勝で創志学園に敗れはしましたが、中国大会出場を決め中国大会での更なる飛躍を目指します。
今回は初の男女共に中国大会を狙ってましたが、またしてもあと一歩で逃すという悔しいものに終わりました。
特に男子は3年生の活躍が目立ち会場を湧かせてくれました。それだけに監督として中国大会出場させてやれなかったことが申し訳なく思います。
このあと一歩の差が近いようで遠い、この一歩を埋めるために頑張ります。

>>>>>>> master