<<<<<<< HEAD 柔道部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

柔道部

体育系

2014年12月24日

兵庫ハーベスト杯

12月13日から兵庫県姫路市にて、ハーベスト杯争奪柔道大会がありました。その後の錬成大会で1日に約10試合ほど練習試合。

男女共に中国大会に出場を決め、チームとして良い雰囲気でしたが、大会終了後、少しチームの火が弱くなっていたので良い刺激になる大会となりました。
岡山県で上位に上がっても、井の中の蛙。まだまだ上には上がいると県外のチームと対戦して気付かされチームも目が覚めたように思います。
来年の1月の全国予選に向けて、全国出場を目指して冬の鍛練期わ乗り越えます。

2014年12月12日

冬の鍛錬
ゴロゴロしているわけじゃありません(^_^;)

ゴロゴロしているわけじゃありません(^_^;)

地味なトレーニングこそ大事だそうです。

地味なトレーニングこそ大事だそうです。

澤根先生も一緒にトレーニング!

澤根先生も一緒にトレーニング!

澤根先生に厳しく指導されています。

澤根先生に厳しく指導されています。

女子主将、廣川…。澤根先生にKOされました(・.・;)

女子主将、廣川…。澤根先生にKOされました(・.・;)

中国大会も終わり、一息つく間もなく1月には、全国高等学校柔道選手権岡山予選会が行われます。団体、個人ともに岡山県代表を決め、全国大会出場を決める高校柔道大会の中でも最重要な大会の一つです。
全国の高校柔道部はこの時期年末年始もほとんど休みなく全国をめざして頑張ります。
山陽柔道部もこの冬で進化するために、体作りに励んでいます。
以前にも紹介させていただいた、本校OBでもあり、柔整師兼トレーナーの澤根先生がトレーニング指導に来てくださいました。
澤根先生は、母校に恩返しがしたいと、後輩たちの力になりたいと、休日に何度もトレーニング指導に来てくださってます。
怪我をしないのも選手としての才能。怪我をしないことで、練習を休まず積み重ねれる。怪我をしない体を作るのも競技力を高める大きな要因。
冬休みも、年末年始も柔道づけの毎日の高校柔道部員達。厳しい環境で頑張っているからこそ、それぞれの目標とするところへ到達してほしいと思います。

12年振り、入賞メンバーです!

12年振り、入賞メンバーです!

トレーナーとして、陰で支えてくれた、澤根先生と(^_^)v

トレーナーとして、陰で支えてくれた、澤根先生と(^_^)v

男女共に良く頑張りました!

男女共に良く頑張りました!

女子主将、廣川真子が今大会、全勝で、優秀選手に選ばれました。

女子主将、廣川真子が今大会、全勝で、優秀選手に選ばれました。

廣川の大外刈り!

廣川の大外刈り!

11月15,16日に、島根県立武道館で第15回中国高等学校柔道新人大会が行われました。各県の予選を勝ち抜いた代表チームの集まりで、一戦一戦が接戦となるなか、女子団体が、12年振りの中国大会で3位入賞を果たしました!準決勝のチームは、同じ岡山県内のチャンピオン、絶対王者、創志学園との対戦でした。予選では3-0の完敗でしたが、主将、廣川が1本勝ちを奪い2-1。結果負けはしましたが、1歩近づいたように思います。
惜しくも男子は後一歩というところで、入賞を逃しましたが、男女共に島根の地で、山陽旋風を巻き起こしてくれました。
今回も、遠い島根県まで来てくださり応援してくださった皆様本当にありがとうございました。本校で、マイスタースクールの授業、ドリーム・ケア講座でもお世話になり、鴨方の「あうん整骨院」でも部員たちが治療でお世話になっている澤根先生が、早朝の試合に間に合うように、応援に来てくださいました。夜中3時半には鴨方を出発してくださったそうで、本当に感謝感謝です。ありがとうございます。
次は、1月に行われる、全国高校柔道選手権大会岡山県予選です!
今回の反省を活かし、1月には一人でも多くの全国出場者を決めたいです。
今日から、新たなスタートとして地道な1歩を踏み出します。

男女共に中国大会出場決めました!

男女共に中国大会出場決めました!

個人戦入賞者達!

個人戦入賞者達!

滝澤の内股で1本勝ち!これで4強に王手をかけました。

滝澤の内股で1本勝ち!これで4強に王手をかけました。

主将、藤田が大腰で豪快な1本勝ち。主将らしい戦いをして4強決めました!

主将、藤田が大腰で豪快な1本勝ち。主将らしい戦いをして4強決めました!

1年生エース、窪地の払い腰で準決勝流れをつかみました。

1年生エース、窪地の払い腰で準決勝流れをつかみました。

11月1日2日に玉野スポーツセンターで第15回中国高等学校柔道新人大会岡山県予選が行われました。
男子団体3位、女子団体準優勝と男女共に中国大会出場権を獲得することができ、山陽高校柔道部始まって以来の快挙です!
男子はノーシードから勝ち上がり、シード校岡山理大付属に勝利し、出場権をかけた準々決勝は玉野光南に4-1で勝利、岡山県の4強に入ることができました。準決勝は王者作陽高校に敗れるものの、素晴らしい試合内容でした。
女子は準決勝で、強豪岡山理大付属に先鋒の窪地麻衣が、優勢勝ち。良い流れを引き寄せ、中堅は1本負けするものの、主将、廣川真子が1本勝ちで決勝進出を決めました。決勝は、常勝チーム、創志学園に敗れましたが中国大会での活躍を期待できる試合内容でした。
山陽高校柔道部は男子柔道部、女子柔道部ではなく、男女揃って山陽高校柔道部です!山陽柔道部の成長が少しだけ形になった一日でした。
二日目の個人戦は、男子-73kg級で滝澤翔平が準優勝。-81kg級で藤田悠輔が準優勝。女子-48kg級で槙田雅が3位入賞。-63kg級で窪地麻衣が準優勝。-70kg級で廣川真子が準優勝と、5名の選手が入賞し、4名が決勝の舞台に立つことができました。優勝者こそ居ませんでしたが、来年につながる良いスタートだったと思います。今回-81kg級で準優勝した藤田悠輔は中学時代も県大会以上での入賞経験は全くなく、今回が初めての表彰、決勝の舞台となり、伸びてきた選手です。団体としても、個人としてもまだまだのチームではありますが、これを継続できるように、凡事徹底で日々積み重ねていきたいと思います。
また気持ちを引き締めなおして、11月15日、16日に行われる中国大会に向けて頑張りたいと思います。
中国大会は島根県松江市の島根県立武道館です。応援よろしくお願いします。

柔道部の集合写真!

柔道部の集合写真!

柔道部の集合写真!

柔道部の集合写真!

清掃準備に取り掛かってます。

清掃準備に取り掛かってます。

たくさんのゴミが集まりました。ゴミを出さないようにすることも心がけていかなければならないと生徒達も感じてくれたようです。

たくさんのゴミが集まりました。ゴミを出さないようにすることも心がけていかなければならないと生徒達も感じてくれたようです。

10/11に、ボランティア清掃活動、コスモアースコンシャスアクト・クリーンキャンペーンに参加してきました。このボランティア活動に参加させていただきとても良い経験になりました。今回は、柔道部だけでなく、女子ソフトボール部、生徒会、約40名の山陽高校生が参加しました。清掃活動の後には地元笠岡の、笠岡ラーメンと黄ニララーメンの試食会があり、生徒たちは大喜びでした。笠岡の海岸周辺を綺麗にしたことにより、生徒達も清々しい笑顔になっていました。

======= 柔道部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

柔道部

体育系

2014年12月24日

兵庫ハーベスト杯

12月13日から兵庫県姫路市にて、ハーベスト杯争奪柔道大会がありました。その後の錬成大会で1日に約10試合ほど練習試合。

男女共に中国大会に出場を決め、チームとして良い雰囲気でしたが、大会終了後、少しチームの火が弱くなっていたので良い刺激になる大会となりました。
岡山県で上位に上がっても、井の中の蛙。まだまだ上には上がいると県外のチームと対戦して気付かされチームも目が覚めたように思います。
来年の1月の全国予選に向けて、全国出場を目指して冬の鍛練期わ乗り越えます。

2014年12月12日

冬の鍛錬
ゴロゴロしているわけじゃありません(^_^;)

ゴロゴロしているわけじゃありません(^_^;)

地味なトレーニングこそ大事だそうです。

地味なトレーニングこそ大事だそうです。

澤根先生も一緒にトレーニング!

澤根先生も一緒にトレーニング!

澤根先生に厳しく指導されています。

澤根先生に厳しく指導されています。

女子主将、廣川…。澤根先生にKOされました(・.・;)

女子主将、廣川…。澤根先生にKOされました(・.・;)

中国大会も終わり、一息つく間もなく1月には、全国高等学校柔道選手権岡山予選会が行われます。団体、個人ともに岡山県代表を決め、全国大会出場を決める高校柔道大会の中でも最重要な大会の一つです。
全国の高校柔道部はこの時期年末年始もほとんど休みなく全国をめざして頑張ります。
山陽柔道部もこの冬で進化するために、体作りに励んでいます。
以前にも紹介させていただいた、本校OBでもあり、柔整師兼トレーナーの澤根先生がトレーニング指導に来てくださいました。
澤根先生は、母校に恩返しがしたいと、後輩たちの力になりたいと、休日に何度もトレーニング指導に来てくださってます。
怪我をしないのも選手としての才能。怪我をしないことで、練習を休まず積み重ねれる。怪我をしない体を作るのも競技力を高める大きな要因。
冬休みも、年末年始も柔道づけの毎日の高校柔道部員達。厳しい環境で頑張っているからこそ、それぞれの目標とするところへ到達してほしいと思います。

12年振り、入賞メンバーです!

12年振り、入賞メンバーです!

トレーナーとして、陰で支えてくれた、澤根先生と(^_^)v

トレーナーとして、陰で支えてくれた、澤根先生と(^_^)v

男女共に良く頑張りました!

男女共に良く頑張りました!

女子主将、廣川真子が今大会、全勝で、優秀選手に選ばれました。

女子主将、廣川真子が今大会、全勝で、優秀選手に選ばれました。

廣川の大外刈り!

廣川の大外刈り!

11月15,16日に、島根県立武道館で第15回中国高等学校柔道新人大会が行われました。各県の予選を勝ち抜いた代表チームの集まりで、一戦一戦が接戦となるなか、女子団体が、12年振りの中国大会で3位入賞を果たしました!準決勝のチームは、同じ岡山県内のチャンピオン、絶対王者、創志学園との対戦でした。予選では3-0の完敗でしたが、主将、廣川が1本勝ちを奪い2-1。結果負けはしましたが、1歩近づいたように思います。
惜しくも男子は後一歩というところで、入賞を逃しましたが、男女共に島根の地で、山陽旋風を巻き起こしてくれました。
今回も、遠い島根県まで来てくださり応援してくださった皆様本当にありがとうございました。本校で、マイスタースクールの授業、ドリーム・ケア講座でもお世話になり、鴨方の「あうん整骨院」でも部員たちが治療でお世話になっている澤根先生が、早朝の試合に間に合うように、応援に来てくださいました。夜中3時半には鴨方を出発してくださったそうで、本当に感謝感謝です。ありがとうございます。
次は、1月に行われる、全国高校柔道選手権大会岡山県予選です!
今回の反省を活かし、1月には一人でも多くの全国出場者を決めたいです。
今日から、新たなスタートとして地道な1歩を踏み出します。

男女共に中国大会出場決めました!

男女共に中国大会出場決めました!

個人戦入賞者達!

個人戦入賞者達!

滝澤の内股で1本勝ち!これで4強に王手をかけました。

滝澤の内股で1本勝ち!これで4強に王手をかけました。

主将、藤田が大腰で豪快な1本勝ち。主将らしい戦いをして4強決めました!

主将、藤田が大腰で豪快な1本勝ち。主将らしい戦いをして4強決めました!

1年生エース、窪地の払い腰で準決勝流れをつかみました。

1年生エース、窪地の払い腰で準決勝流れをつかみました。

11月1日2日に玉野スポーツセンターで第15回中国高等学校柔道新人大会岡山県予選が行われました。
男子団体3位、女子団体準優勝と男女共に中国大会出場権を獲得することができ、山陽高校柔道部始まって以来の快挙です!
男子はノーシードから勝ち上がり、シード校岡山理大付属に勝利し、出場権をかけた準々決勝は玉野光南に4-1で勝利、岡山県の4強に入ることができました。準決勝は王者作陽高校に敗れるものの、素晴らしい試合内容でした。
女子は準決勝で、強豪岡山理大付属に先鋒の窪地麻衣が、優勢勝ち。良い流れを引き寄せ、中堅は1本負けするものの、主将、廣川真子が1本勝ちで決勝進出を決めました。決勝は、常勝チーム、創志学園に敗れましたが中国大会での活躍を期待できる試合内容でした。
山陽高校柔道部は男子柔道部、女子柔道部ではなく、男女揃って山陽高校柔道部です!山陽柔道部の成長が少しだけ形になった一日でした。
二日目の個人戦は、男子-73kg級で滝澤翔平が準優勝。-81kg級で藤田悠輔が準優勝。女子-48kg級で槙田雅が3位入賞。-63kg級で窪地麻衣が準優勝。-70kg級で廣川真子が準優勝と、5名の選手が入賞し、4名が決勝の舞台に立つことができました。優勝者こそ居ませんでしたが、来年につながる良いスタートだったと思います。今回-81kg級で準優勝した藤田悠輔は中学時代も県大会以上での入賞経験は全くなく、今回が初めての表彰、決勝の舞台となり、伸びてきた選手です。団体としても、個人としてもまだまだのチームではありますが、これを継続できるように、凡事徹底で日々積み重ねていきたいと思います。
また気持ちを引き締めなおして、11月15日、16日に行われる中国大会に向けて頑張りたいと思います。
中国大会は島根県松江市の島根県立武道館です。応援よろしくお願いします。

柔道部の集合写真!

柔道部の集合写真!

柔道部の集合写真!

柔道部の集合写真!

清掃準備に取り掛かってます。

清掃準備に取り掛かってます。

たくさんのゴミが集まりました。ゴミを出さないようにすることも心がけていかなければならないと生徒達も感じてくれたようです。

たくさんのゴミが集まりました。ゴミを出さないようにすることも心がけていかなければならないと生徒達も感じてくれたようです。

10/11に、ボランティア清掃活動、コスモアースコンシャスアクト・クリーンキャンペーンに参加してきました。このボランティア活動に参加させていただきとても良い経験になりました。今回は、柔道部だけでなく、女子ソフトボール部、生徒会、約40名の山陽高校生が参加しました。清掃活動の後には地元笠岡の、笠岡ラーメンと黄ニララーメンの試食会があり、生徒たちは大喜びでした。笠岡の海岸周辺を綺麗にしたことにより、生徒達も清々しい笑顔になっていました。

>>>>>>> master