<<<<<<< HEAD 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2019年10月18日

いよいよ!
まもなく発送!

まもなく発送!

中国大会の組合せが決まりました!初戦は、春の中国大会 準優勝の山口県の高川学園! 強豪校ですが、とにかく頑張ります!どこと対戦でも強豪校なのですが…。一戦必勝で頑張ります! チームは、難敵 中間考査を乗り越え、野球モードへ突入! この時期まで、公式戦に出場できる喜びを感じながらも、テレビでは台風19号の被害が映し出される毎日。学校のボランティアグループ インターアクトクラブと野球部員が駅で募金活動を展開。真備の時には、身近に感じた災害も、今回は物理的な距離があるので、簡単には現地に行く事が出来ません。せめて募金活動という事で、街頭募金や全クラスに呼びかけてやっています。ニュースを見ていると、真備で起きたような事が何十か所とあるような、想像を絶する映像が報道されています。部員20人で、家一軒の土砂撤去に8時間でしたから、これからとんでもない労働力が必要になります。家には重機が入れませので…。これから、寒くなります。1人でも多くの力が集まりますように、また台風など来ませんように、祈ります。世の中、色々なトラブルで、人と人が関わらないのが得策に思えてしまう時があります。人間…人の間です。部員には、その間を大切にできるような人、関わりを大切にできる人になって欲しいと思います。
 前日、植松社長の講演を三年振りに拝聴致しました。「不安の先に、喜びかある」「思うは招く」「どうせ無理 より、だったらこうしよう!」色々な言葉が胸に刺さりました。何かもっと出来ないか、探します。社長の話を聞いていると、不思議となんでも出来る気がしてきます。そういったメッセージ性のあるチームになります! 
 話が二転三転しますが、2年振りにJICAの世界の笑顔のためにプロジェクトが再開します! 2011年から実施している大切な活動です。世界の野球普及のために、今後ともやり続けます!
スポーツを楽しめる平和な日常になりますように。
 

2019年10月13日

色々なことが…
再会!渡辺さんのタイ時代のユニフォーム!

再会!渡辺さんのタイ時代のユニフォーム!

田幡先生と藤井投手!

田幡先生と藤井投手!

徳を積んでます

徳を積んでます

渡辺さんと前田さん

渡辺さんと前田さん

三位決定戦 勝利!

三位決定戦 勝利!

台風19号が、東海から関東地方を襲いました。昨年の真備の水害を思い出してしまいました。母方の親戚が栃木県佐野市周辺、実家が世田谷区と縁のある場所ばかり…何が出来る事があれば、積極的に関わっていきます。1日でも、早い復興を心より願います。

そんな台風は、遠い岡山でも強風が吹き荒れました。そんな日に、岐阜から近藤さんが訪ねて来てくれました。彼は先週タイから帰国。2年間の任期が終わり、帰国した協力隊員です。2年振りの再会。2年間の修行のせいか、表情が和かな雰囲気が出ていて、随分と良い経験をされたんだろうなと思いました。お土産は、ビックリしました! 渡辺博敏さんのユニフォーム! 渡辺さんは、以前のブログにも登場して頂いた、私の恩人です。残念ながら、他界されてます。渡辺さんが、私にアジア野球連盟の前田祐吉さんをはじめ、野球界の素晴らしい方々を紹介して下さりました。また、留学生のセイクの父親代わりもして頂きました。2人で、インドネシアとパキスタンに分かれてオリンピック予選で戦った事もあります。近藤さんが、タイにいた間、留学生だったセイクが色々手伝ってくれたそうです。ただ、最期にお会いできなかった事が心残りでした。選抜に行った時に、席の後にいらっしゃったのが偶然、伊万里高校。渡辺さんの母校、初出場同士でした。部長が、渡辺さんをご存じで、奥様と連絡をとらせて頂きました。近藤さんを、私に紹介したのは、福知山成美高校を何度も甲子園に導いた田所さん。田所さんは伝説の協力隊員。何が言いたいのかと言うと、人は人のご縁の中でしか、生きてないという事です。だから円と書いた方が良いのかも知れません。普段から徳を積むと、色々なエネルギーを持った方々と出会えます。色々な方のエネルギーを頂き、三位決定戦に勝つことができ、2年振りの中国大会! さらに、三位決定戦の試合後、スタジアムを出ると、悔しい思いをしてきた三年生、さらに歴代の多くのOB達。さらにさらに、ビックリ! 私の高校時代の田幡部長!田幡先生は、もう70歳を越えてるのに、日帰りで東京から来て下さりました。また、シーズンを終えた広島の藤井も来てくれました。
 これからも、前向いて一歩ずつ進めば、また新たなる出会いと感動に立ち会えると思います。ノーベル賞をもらえるような発明も作品も作れませんが、何か、社会の役に立てるチームや人になりたい。今夜、決勝トーナメント進出を決めた魂のラグビー日本代表をみて、より強く思いました! 感じて動けるチーム・人でありたい! 

2019年10月03日

Zone 超集中
立った!

立った!

出来ました!

出来ました!

どうだ!

どうだ!

立て!

立て!

虹が!二本

虹が!二本

今日も、超集中。月曜日に、30分かけても、僅か数人しか出来なかったテニスボール立てが、毎日やると半数以上が出来るようになりました。選抜甲子園の試合前は、4番の井元が3個立て、10分以上倒れないというゾーン状態で試合開始。即、ホームラン!  数をこなさないといけない時期もありますが、今は一球にどれだけ集中できるか。火事場のクソ力を出すには、身体の負荷と心の負荷を極限まで無くせば、出ます。そのためには、脳波をθ波にしなくてはいけません。力はあるのに、大きな試合で力が出せない選手は、脳波が乱れているそうです。情熱・ガッツ・殺気・気迫などなど、全身からみなぎるエネルギーを出さないといけないのです。
 虹が二本見えました。何か、良い事がおこるのではと思います。
 そんなことを感じていると、あの虹が甲子園まで繋がっていれば…祈ります。なかなか見れない景色に合掌!

集中!

集中!

徳を積む

徳を積む

彼岸花

彼岸花

藤井君

藤井君

夏の悪夢を振り払うごとく、夏休みは徹底的に練習。予選は通過したものの、秋の県大会、初戦は強豪 学芸館。春・夏・秋と3期連続の対戦。しかも、昨秋から4期連続の開幕戦! とんでもない確率、色々な方に計算して頂きましたが、全校か県大会出場校数かで変わりますが、少なくとも600万分の1…。ワォ!
 2回戦 強豪 玉野光南戦にも辛勝。準決勝では創志学園に負けて、今週末に3位決定戦。ここまでの対戦、三年生が、秋・春・夏と負けた相手ばかり、創志学園にはリベンジどころか手痛く返り討ちにあいましたが…。まだ、終わった訳ではありません。もはや、技術でなく気合いです!気合いとは、力むことではなく、気を合わせること=集中です。 最近やってませんでしたが、集中の奥義 テニスボール立てをやりました。シータ波を出して臨みます!
 朝は願掛けのウォーキング。最近、朝が寒くなってきました。青々していた稲にも黄金の実がなり、秋桜に彼岸花と景色が一変。
  先日の無様な試合に、福岡から藤井君が応援に来てくれました。一年目の投手で、広陵との練習試合でボコボコに打たれて、グラウンドに戻ってくるなり、食事もせず鉄カゴ一箱(500球)を1人でブルペンにネットを置いて、制止を聞かずに投げ続けた男、修学旅行のグアムで早朝から海岸を走り、大学に行くと監督から「練習し過ぎるから、止めるように連絡してくれ」と変わったクレーム。母校愛が強く、遠く離れた場所からも応援してくれてます。他にも、スタンドには交通事故から奇跡の生還を果たした藤田などの姿も見えました。たくさんの方々に応援して頂いてるにもかかわらず、先日の無様な敗戦。この借りを返すためにも、週末は勝ちます。その為にという訳ではありませんが、本日 早朝より赤い羽根募金のお願いをエースをはじめ参加。勝つ為にということではありませんが、徳を積むことが人生を豊かにする1つだと思っています。長々となりましたが、朝のウォーキングは、運動です。夏の悪夢から目覚めるには、運を動かす必要があると思ってやってます。もちろん、12月末までに80キロにすると、部員にも言いましたので、目標を絶対クリアすることを自ら実践するためにもですが…。だから、選手達にも決めた目標をクリアしてもらいたいと思います!

松下幸之助は、若手起業家に どうすれば儲かって会社が大きくなるのかと聞かれ  “徳を積みなはれ!はははは(笑)”と言われたそうです。勝ちたい勝ちたいと思いが強くなるたびに、小さな男になってしまう、自分が恥ずかしい…。純粋に徳を積みます。

四年振りの月を喰う男

四年振りの月を喰う男

ジャイアンリサイタル

ジャイアンリサイタル

月を喰う

月を喰う

毎年恒例ですが、中秋の名月の日に団子をみんなで食べます!子供の日には、柏餅、クリスマスにはケーキ…季節ごとの行事をやります。冬至や春分・秋分、日本人が大切にしてた節の話をします。意味なども伝えます。野球バカでは駄目ですし、テストの点数を取るだけでも駄目。感受性豊かな人になって欲しいと思いますし、それが結果的に良い選手になる手段にもなると思ってます。コンビニのおにぎりのラベルの賞味期限を見て、食べられるかどうか判断するのではなく、五感六感で判断できる選手になって欲しいと思いながら、“月”を合唱。で〜た で〜た   五感六感の前に音痴を治す方が先かもしれない…

======= 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2019年10月18日

いよいよ!
まもなく発送!

まもなく発送!

中国大会の組合せが決まりました!初戦は、春の中国大会 準優勝の山口県の高川学園! 強豪校ですが、とにかく頑張ります!どこと対戦でも強豪校なのですが…。一戦必勝で頑張ります! チームは、難敵 中間考査を乗り越え、野球モードへ突入! この時期まで、公式戦に出場できる喜びを感じながらも、テレビでは台風19号の被害が映し出される毎日。学校のボランティアグループ インターアクトクラブと野球部員が駅で募金活動を展開。真備の時には、身近に感じた災害も、今回は物理的な距離があるので、簡単には現地に行く事が出来ません。せめて募金活動という事で、街頭募金や全クラスに呼びかけてやっています。ニュースを見ていると、真備で起きたような事が何十か所とあるような、想像を絶する映像が報道されています。部員20人で、家一軒の土砂撤去に8時間でしたから、これからとんでもない労働力が必要になります。家には重機が入れませので…。これから、寒くなります。1人でも多くの力が集まりますように、また台風など来ませんように、祈ります。世の中、色々なトラブルで、人と人が関わらないのが得策に思えてしまう時があります。人間…人の間です。部員には、その間を大切にできるような人、関わりを大切にできる人になって欲しいと思います。
 前日、植松社長の講演を三年振りに拝聴致しました。「不安の先に、喜びかある」「思うは招く」「どうせ無理 より、だったらこうしよう!」色々な言葉が胸に刺さりました。何かもっと出来ないか、探します。社長の話を聞いていると、不思議となんでも出来る気がしてきます。そういったメッセージ性のあるチームになります! 
 話が二転三転しますが、2年振りにJICAの世界の笑顔のためにプロジェクトが再開します! 2011年から実施している大切な活動です。世界の野球普及のために、今後ともやり続けます!
スポーツを楽しめる平和な日常になりますように。
 

2019年10月13日

色々なことが…
再会!渡辺さんのタイ時代のユニフォーム!

再会!渡辺さんのタイ時代のユニフォーム!

田幡先生と藤井投手!

田幡先生と藤井投手!

徳を積んでます

徳を積んでます

渡辺さんと前田さん

渡辺さんと前田さん

三位決定戦 勝利!

三位決定戦 勝利!

台風19号が、東海から関東地方を襲いました。昨年の真備の水害を思い出してしまいました。母方の親戚が栃木県佐野市周辺、実家が世田谷区と縁のある場所ばかり…何が出来る事があれば、積極的に関わっていきます。1日でも、早い復興を心より願います。

そんな台風は、遠い岡山でも強風が吹き荒れました。そんな日に、岐阜から近藤さんが訪ねて来てくれました。彼は先週タイから帰国。2年間の任期が終わり、帰国した協力隊員です。2年振りの再会。2年間の修行のせいか、表情が和かな雰囲気が出ていて、随分と良い経験をされたんだろうなと思いました。お土産は、ビックリしました! 渡辺博敏さんのユニフォーム! 渡辺さんは、以前のブログにも登場して頂いた、私の恩人です。残念ながら、他界されてます。渡辺さんが、私にアジア野球連盟の前田祐吉さんをはじめ、野球界の素晴らしい方々を紹介して下さりました。また、留学生のセイクの父親代わりもして頂きました。2人で、インドネシアとパキスタンに分かれてオリンピック予選で戦った事もあります。近藤さんが、タイにいた間、留学生だったセイクが色々手伝ってくれたそうです。ただ、最期にお会いできなかった事が心残りでした。選抜に行った時に、席の後にいらっしゃったのが偶然、伊万里高校。渡辺さんの母校、初出場同士でした。部長が、渡辺さんをご存じで、奥様と連絡をとらせて頂きました。近藤さんを、私に紹介したのは、福知山成美高校を何度も甲子園に導いた田所さん。田所さんは伝説の協力隊員。何が言いたいのかと言うと、人は人のご縁の中でしか、生きてないという事です。だから円と書いた方が良いのかも知れません。普段から徳を積むと、色々なエネルギーを持った方々と出会えます。色々な方のエネルギーを頂き、三位決定戦に勝つことができ、2年振りの中国大会! さらに、三位決定戦の試合後、スタジアムを出ると、悔しい思いをしてきた三年生、さらに歴代の多くのOB達。さらにさらに、ビックリ! 私の高校時代の田幡部長!田幡先生は、もう70歳を越えてるのに、日帰りで東京から来て下さりました。また、シーズンを終えた広島の藤井も来てくれました。
 これからも、前向いて一歩ずつ進めば、また新たなる出会いと感動に立ち会えると思います。ノーベル賞をもらえるような発明も作品も作れませんが、何か、社会の役に立てるチームや人になりたい。今夜、決勝トーナメント進出を決めた魂のラグビー日本代表をみて、より強く思いました! 感じて動けるチーム・人でありたい! 

2019年10月03日

Zone 超集中
立った!

立った!

出来ました!

出来ました!

どうだ!

どうだ!

立て!

立て!

虹が!二本

虹が!二本

今日も、超集中。月曜日に、30分かけても、僅か数人しか出来なかったテニスボール立てが、毎日やると半数以上が出来るようになりました。選抜甲子園の試合前は、4番の井元が3個立て、10分以上倒れないというゾーン状態で試合開始。即、ホームラン!  数をこなさないといけない時期もありますが、今は一球にどれだけ集中できるか。火事場のクソ力を出すには、身体の負荷と心の負荷を極限まで無くせば、出ます。そのためには、脳波をθ波にしなくてはいけません。力はあるのに、大きな試合で力が出せない選手は、脳波が乱れているそうです。情熱・ガッツ・殺気・気迫などなど、全身からみなぎるエネルギーを出さないといけないのです。
 虹が二本見えました。何か、良い事がおこるのではと思います。
 そんなことを感じていると、あの虹が甲子園まで繋がっていれば…祈ります。なかなか見れない景色に合掌!

集中!

集中!

徳を積む

徳を積む

彼岸花

彼岸花

藤井君

藤井君

夏の悪夢を振り払うごとく、夏休みは徹底的に練習。予選は通過したものの、秋の県大会、初戦は強豪 学芸館。春・夏・秋と3期連続の対戦。しかも、昨秋から4期連続の開幕戦! とんでもない確率、色々な方に計算して頂きましたが、全校か県大会出場校数かで変わりますが、少なくとも600万分の1…。ワォ!
 2回戦 強豪 玉野光南戦にも辛勝。準決勝では創志学園に負けて、今週末に3位決定戦。ここまでの対戦、三年生が、秋・春・夏と負けた相手ばかり、創志学園にはリベンジどころか手痛く返り討ちにあいましたが…。まだ、終わった訳ではありません。もはや、技術でなく気合いです!気合いとは、力むことではなく、気を合わせること=集中です。 最近やってませんでしたが、集中の奥義 テニスボール立てをやりました。シータ波を出して臨みます!
 朝は願掛けのウォーキング。最近、朝が寒くなってきました。青々していた稲にも黄金の実がなり、秋桜に彼岸花と景色が一変。
  先日の無様な試合に、福岡から藤井君が応援に来てくれました。一年目の投手で、広陵との練習試合でボコボコに打たれて、グラウンドに戻ってくるなり、食事もせず鉄カゴ一箱(500球)を1人でブルペンにネットを置いて、制止を聞かずに投げ続けた男、修学旅行のグアムで早朝から海岸を走り、大学に行くと監督から「練習し過ぎるから、止めるように連絡してくれ」と変わったクレーム。母校愛が強く、遠く離れた場所からも応援してくれてます。他にも、スタンドには交通事故から奇跡の生還を果たした藤田などの姿も見えました。たくさんの方々に応援して頂いてるにもかかわらず、先日の無様な敗戦。この借りを返すためにも、週末は勝ちます。その為にという訳ではありませんが、本日 早朝より赤い羽根募金のお願いをエースをはじめ参加。勝つ為にということではありませんが、徳を積むことが人生を豊かにする1つだと思っています。長々となりましたが、朝のウォーキングは、運動です。夏の悪夢から目覚めるには、運を動かす必要があると思ってやってます。もちろん、12月末までに80キロにすると、部員にも言いましたので、目標を絶対クリアすることを自ら実践するためにもですが…。だから、選手達にも決めた目標をクリアしてもらいたいと思います!

松下幸之助は、若手起業家に どうすれば儲かって会社が大きくなるのかと聞かれ  “徳を積みなはれ!はははは(笑)”と言われたそうです。勝ちたい勝ちたいと思いが強くなるたびに、小さな男になってしまう、自分が恥ずかしい…。純粋に徳を積みます。

四年振りの月を喰う男

四年振りの月を喰う男

ジャイアンリサイタル

ジャイアンリサイタル

月を喰う

月を喰う

毎年恒例ですが、中秋の名月の日に団子をみんなで食べます!子供の日には、柏餅、クリスマスにはケーキ…季節ごとの行事をやります。冬至や春分・秋分、日本人が大切にしてた節の話をします。意味なども伝えます。野球バカでは駄目ですし、テストの点数を取るだけでも駄目。感受性豊かな人になって欲しいと思いますし、それが結果的に良い選手になる手段にもなると思ってます。コンビニのおにぎりのラベルの賞味期限を見て、食べられるかどうか判断するのではなく、五感六感で判断できる選手になって欲しいと思いながら、“月”を合唱。で〜た で〜た   五感六感の前に音痴を治す方が先かもしれない…

>>>>>>> master