<<<<<<< HEAD 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2020年03月09日

冬過ぎて、春まだ来ず
まだまだ我慢

まだまだ我慢

まだまだかなぁ

まだまだかなぁ

土筆!

土筆!

記憶にないような暖冬のお陰で、冬練も例年より楽でした。いつもは家に帰ると足が悴んで、風呂に入っても熱いか冷たいかも分からないのですが、今年は一度もなりませんでした。令和にもなり、練習時間を短縮したりと色々変えて、その成果を春の練習試合で試し合いしようかと、2月終わりからワクワクしていると、コロナウィルスなる強敵が出現! 全国で学校休校、選抜高校野球も開催されるか微妙。部活動もできず、ガッカリ…。暖かい割には桜の蕾も、なんだか膨らみが遅い気がします。球春まで、膨らみを自粛しているのでしょうか…。
 世の中、モラハラ、パワハラ、セクハラ…ハラスメントだらけ、人間が関わるとトラブルにしかならないような風潮が蔓延しています。そこに、この目に見えない敵コロナウィルス…。あまりにも小さ過ぎて、マスクも効果が期待できないと言われながらでも、マスクが品切れの大騒動。ネットでは、生姜やニンニクを食べればいい、お湯を飲めば菌が死滅…などなどデマばかり。誰が書いたか顔もわからないものを信じて右往左往。濃厚接触という言葉も、良く聞くようになりました。またまた人と関わることが、良くないという雰囲気が蔓延。我々は人間です。人と人の間を大切にするという意味でしょう。これではただの人で、間がありません。間が抜けるから、間抜け(マヌケ)というそうな。話は変わりますが、よく大学生からアフリカ野球の話を伺いたいと連絡があったりしますが、先日は某超有名私学大学生は、電車賃かかるから、電話かテレビ電話、メールでいいですかと聞いてきたので、直接顔を見ないと話せませんと断りました。別の無名地方大学生は、慣れないスーツで飛んできて、目を皿のようにして来てくれました。もし私が社長なら、無名地方大学生を採用しますが、古いんですかね〜…。

多くの人は、手洗い、うがい、マスク、濃厚接触、ネットの情報などなど、外側の事ばかり気にしてますが、大切なのは、免疫力、中身です。しっかり寝て、しっかりバランス良く食べる!特に腸が元気なら、ほとんどの病気にならないとか。 腸を元気にするのは、発酵食品。納豆、キムチ、ヨーグルト、味噌、漬け物などなどです。先日、人間ドックで、腸が小学生のようにピンク色だと笑われました!やはり、大切なことは、中身なのだと再認識いたしました。桜が咲く頃には、野球ができますように…。なんか、最近の世相を凝縮して感じさせてくれるコロナウィルスでした。もう、十分やけど。

2020年02月07日

㊗️10万スウィング!

12月6日に、久しぶりに開始した荒行10万スウィング!見事に、2人ともMission complete!  長い長い孤独との闘い、2月7日の夕方 完遂! 辛かった、飽きた、手が痛い、終わりは来るのか…様々な、想いがあったでしょう。一人でしたら、途中で心が折れてたでしょう。アイツ、まだ振るのか、負けてたまるか、なにくそ!って思ったこともあったでしょう。先代の三代治先生が遺してくれた言葉が雨天練習場の屋根にあります「争友一如」。競い合い、叱咤激励してくれる友が1つであること、切磋琢磨しあうと合致します。苦楽を友にしたバットは思い出にプレゼント。大人になって、辛い時に見れば、どんな事でも乗り越えられるはず! トスをあげてくれた仲間にも感謝。ラスト50スウィングは、仲間が見守る中、カウントダウン。目頭が熱くなった選手もいました。
 ただ、10万スウィングが目的ではありません。試合で活躍するための手段でしかありません。試合で勝つのも、甲子園で我々の活動を知って頂くための手段。さぁ、どんな結末が待っているのか!
 

2020年02月04日

鬼は外福は内
私が鬼です

私が鬼です

きゃー!鬼だ!

きゃー!鬼だ!

鬼退治!

鬼退治!

トドメを!

トドメを!

今年も節分。冬と春を分けるそうですが、今年は経験したことのないような暖冬。スキー教室も行けるのか不安なぐらいの暖かさ。でも、いつもの赤鬼はきました。今年は、マネージャーを襲う乱暴振り。それを救う部員達。1人では何も出来ない腰抜け軍団も、集団になると強い。あえなく鬼は退散。見事、マネージャーは救われました。時々、鬼が勝っても良いかなぁ…。
 魔を滅するから、豆を撒き始めたとか…。早く来い来い、春よ来い! この仕返しは、きっちりさせて頂きます。グラウンドの災難は追い出し、福がグラウンドに訪れますように!

綱引き!

綱引き!

マット運動

マット運動

壁あて

壁あて

年末、連絡を頂き、本校野球場で、中体連と高野連の野球体験会が開催されました。近隣の中学生120人、高校は7校から120人の合計240人の大掛かりなイベントでした。なぜ、ウチが選ばれたかと言うと、グラウンドが3面あるたまけではなく、中学校の先生方から山陽の多彩な練習メニューが見たいとの声が多かったとか…嬉しい限りです。

アップは綱引き 高校生VS中学生もありの総当たり。その後は、4グループに分かれて打撃→壁当て アジリティ ラダー→ノック→パルクール・雲梯・ふり付き懸垂・テニスボール体幹腕立て伏せ・マット運動など。を20分でローテーション。各ブースに高校生が一緒にやり、見本を見せ、褒めながらアドバイスなどして、終始楽しそうにやってました。その後、各中学校に高校生が入り座談会。話しやすいように、指導者は近づかないようにしましした(^^)

伝える難しさ、伝わった時の喜び、自分自身の動きや技術の確認になったと言ってました。次回、中体連と高野連の懇親会がありますので、連盟からの活動報告があるかと思います。保護者が来るかと思って、火を何箇所か用意しましたが、1人・2人しかおらず、西先生が使ってくれただけでした。
親の関心がないのも野球人口が増えない要因だと思いました。
!週が明け、知り合いの中学校の先生から、生徒が楽しかった〜って言うてた。全身筋肉痛やわって笑ってた…と聞きました。また、やります!

2020年01月30日

令和式…
オレャー

オレャー

アラヨット!

アラヨット!

秘密基地

秘密基地

ダッー!

ダッー!

蚊

冬真っ盛り、どの学校も冬練と称される厳しい練習をしてる事でしょう。毎年、何か急に上手くなる練習はないか、身体が強くなるメニューはないかと悩む時期。すると、積み重なりドンドン負荷が大きくなっていきます。まるで、プロレスで、昔は空手チョップで試合が決まっていたのに、今ではパワーボムでも立ち上がる世の中になってしまったような感じでしょうか。人間は飽き、より強い刺激を求めます。しかし、時代は新年号 令和。変化の年。色々考えて、一度 断捨離。昨年1年は、知らぬ間に甲子園の成功例をなぞろうとしていました。同じ人間ではありません。相手も変わります。ならば、こちらも変わらねば。そう思うと、不思議と人やアイデアが集まってきます。ようやく、甲子園の呪縛けら離れ、細胞が活性化してきました! 雲梯やハンマー、単管パイプを切り繋げて新マシーン、今まであった物もありますが、少し使い方、捉え方を変化させてます。より、実動作に直結させたメニューを取り入れました。
 それにしても、冬が温かい。部屋には蚊がいました…これも変化なのか。破壊と創造、変化。今年は何が起きるのか、楽しみです。

======= 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2020年03月09日

冬過ぎて、春まだ来ず
まだまだ我慢

まだまだ我慢

まだまだかなぁ

まだまだかなぁ

土筆!

土筆!

記憶にないような暖冬のお陰で、冬練も例年より楽でした。いつもは家に帰ると足が悴んで、風呂に入っても熱いか冷たいかも分からないのですが、今年は一度もなりませんでした。令和にもなり、練習時間を短縮したりと色々変えて、その成果を春の練習試合で試し合いしようかと、2月終わりからワクワクしていると、コロナウィルスなる強敵が出現! 全国で学校休校、選抜高校野球も開催されるか微妙。部活動もできず、ガッカリ…。暖かい割には桜の蕾も、なんだか膨らみが遅い気がします。球春まで、膨らみを自粛しているのでしょうか…。
 世の中、モラハラ、パワハラ、セクハラ…ハラスメントだらけ、人間が関わるとトラブルにしかならないような風潮が蔓延しています。そこに、この目に見えない敵コロナウィルス…。あまりにも小さ過ぎて、マスクも効果が期待できないと言われながらでも、マスクが品切れの大騒動。ネットでは、生姜やニンニクを食べればいい、お湯を飲めば菌が死滅…などなどデマばかり。誰が書いたか顔もわからないものを信じて右往左往。濃厚接触という言葉も、良く聞くようになりました。またまた人と関わることが、良くないという雰囲気が蔓延。我々は人間です。人と人の間を大切にするという意味でしょう。これではただの人で、間がありません。間が抜けるから、間抜け(マヌケ)というそうな。話は変わりますが、よく大学生からアフリカ野球の話を伺いたいと連絡があったりしますが、先日は某超有名私学大学生は、電車賃かかるから、電話かテレビ電話、メールでいいですかと聞いてきたので、直接顔を見ないと話せませんと断りました。別の無名地方大学生は、慣れないスーツで飛んできて、目を皿のようにして来てくれました。もし私が社長なら、無名地方大学生を採用しますが、古いんですかね〜…。

多くの人は、手洗い、うがい、マスク、濃厚接触、ネットの情報などなど、外側の事ばかり気にしてますが、大切なのは、免疫力、中身です。しっかり寝て、しっかりバランス良く食べる!特に腸が元気なら、ほとんどの病気にならないとか。 腸を元気にするのは、発酵食品。納豆、キムチ、ヨーグルト、味噌、漬け物などなどです。先日、人間ドックで、腸が小学生のようにピンク色だと笑われました!やはり、大切なことは、中身なのだと再認識いたしました。桜が咲く頃には、野球ができますように…。なんか、最近の世相を凝縮して感じさせてくれるコロナウィルスでした。もう、十分やけど。

2020年02月07日

㊗️10万スウィング!

12月6日に、久しぶりに開始した荒行10万スウィング!見事に、2人ともMission complete!  長い長い孤独との闘い、2月7日の夕方 完遂! 辛かった、飽きた、手が痛い、終わりは来るのか…様々な、想いがあったでしょう。一人でしたら、途中で心が折れてたでしょう。アイツ、まだ振るのか、負けてたまるか、なにくそ!って思ったこともあったでしょう。先代の三代治先生が遺してくれた言葉が雨天練習場の屋根にあります「争友一如」。競い合い、叱咤激励してくれる友が1つであること、切磋琢磨しあうと合致します。苦楽を友にしたバットは思い出にプレゼント。大人になって、辛い時に見れば、どんな事でも乗り越えられるはず! トスをあげてくれた仲間にも感謝。ラスト50スウィングは、仲間が見守る中、カウントダウン。目頭が熱くなった選手もいました。
 ただ、10万スウィングが目的ではありません。試合で活躍するための手段でしかありません。試合で勝つのも、甲子園で我々の活動を知って頂くための手段。さぁ、どんな結末が待っているのか!
 

2020年02月04日

鬼は外福は内
私が鬼です

私が鬼です

きゃー!鬼だ!

きゃー!鬼だ!

鬼退治!

鬼退治!

トドメを!

トドメを!

今年も節分。冬と春を分けるそうですが、今年は経験したことのないような暖冬。スキー教室も行けるのか不安なぐらいの暖かさ。でも、いつもの赤鬼はきました。今年は、マネージャーを襲う乱暴振り。それを救う部員達。1人では何も出来ない腰抜け軍団も、集団になると強い。あえなく鬼は退散。見事、マネージャーは救われました。時々、鬼が勝っても良いかなぁ…。
 魔を滅するから、豆を撒き始めたとか…。早く来い来い、春よ来い! この仕返しは、きっちりさせて頂きます。グラウンドの災難は追い出し、福がグラウンドに訪れますように!

綱引き!

綱引き!

マット運動

マット運動

壁あて

壁あて

年末、連絡を頂き、本校野球場で、中体連と高野連の野球体験会が開催されました。近隣の中学生120人、高校は7校から120人の合計240人の大掛かりなイベントでした。なぜ、ウチが選ばれたかと言うと、グラウンドが3面あるたまけではなく、中学校の先生方から山陽の多彩な練習メニューが見たいとの声が多かったとか…嬉しい限りです。

アップは綱引き 高校生VS中学生もありの総当たり。その後は、4グループに分かれて打撃→壁当て アジリティ ラダー→ノック→パルクール・雲梯・ふり付き懸垂・テニスボール体幹腕立て伏せ・マット運動など。を20分でローテーション。各ブースに高校生が一緒にやり、見本を見せ、褒めながらアドバイスなどして、終始楽しそうにやってました。その後、各中学校に高校生が入り座談会。話しやすいように、指導者は近づかないようにしましした(^^)

伝える難しさ、伝わった時の喜び、自分自身の動きや技術の確認になったと言ってました。次回、中体連と高野連の懇親会がありますので、連盟からの活動報告があるかと思います。保護者が来るかと思って、火を何箇所か用意しましたが、1人・2人しかおらず、西先生が使ってくれただけでした。
親の関心がないのも野球人口が増えない要因だと思いました。
!週が明け、知り合いの中学校の先生から、生徒が楽しかった〜って言うてた。全身筋肉痛やわって笑ってた…と聞きました。また、やります!

2020年01月30日

令和式…
オレャー

オレャー

アラヨット!

アラヨット!

秘密基地

秘密基地

ダッー!

ダッー!

蚊

冬真っ盛り、どの学校も冬練と称される厳しい練習をしてる事でしょう。毎年、何か急に上手くなる練習はないか、身体が強くなるメニューはないかと悩む時期。すると、積み重なりドンドン負荷が大きくなっていきます。まるで、プロレスで、昔は空手チョップで試合が決まっていたのに、今ではパワーボムでも立ち上がる世の中になってしまったような感じでしょうか。人間は飽き、より強い刺激を求めます。しかし、時代は新年号 令和。変化の年。色々考えて、一度 断捨離。昨年1年は、知らぬ間に甲子園の成功例をなぞろうとしていました。同じ人間ではありません。相手も変わります。ならば、こちらも変わらねば。そう思うと、不思議と人やアイデアが集まってきます。ようやく、甲子園の呪縛けら離れ、細胞が活性化してきました! 雲梯やハンマー、単管パイプを切り繋げて新マシーン、今まであった物もありますが、少し使い方、捉え方を変化させてます。より、実動作に直結させたメニューを取り入れました。
 それにしても、冬が温かい。部屋には蚊がいました…これも変化なのか。破壊と創造、変化。今年は何が起きるのか、楽しみです。

>>>>>>> master