<<<<<<< HEAD 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系
へへへ

へへへ

どうした!

どうした!

やってまっせ!

やってまっせ!

男の手

男の手

虹の向こうは…

虹の向こうは…

24日は、クリスマスイブ。いつも頑張る選手達に、手作りホットケーキ団子チョコをプレゼント。前日は深夜まで愛情たっぷりに作ってた…仕込み作業⁈ 今年も20人には、激辛団子チョコ! おめでとう!
 10万スィング挑戦では2人とも3万スィング突破! 手はボロボロ。練習メニューも別。孤独が人を強くさせます。アメリカに行った木村の話もそうです。そんか彼達の頭上に綺麗な虹が!虹の向こう、10万スィングの向こうには、素敵な景色が待ってるはず!サンタクロース改め、グラウンドではたんと苦労するです。

2019年12月26日

年末!

この時期になると、全国に飛び出して行ったOB達が、続々と挨拶に来てくれます。昔は、サンダルで来るような不届き者もいましたが…。最近では、現役選手達はユニフォーム、それ以外もきちんとした格好で来てくれます。現役選手は、高校生と一緒に練習して、アドバイスもしてくれます。今年は甲子園組が沢山来てくれましたので、高校生もドキドキしてくれたのではないでしょうか?しかも、広島の藤井皓哉も自主トレで一緒ですから、高校生には最高の経験です。練習納めには、アメリカ留学中の川田に木村も来ました。アメリカの初夜、自分で作ったご飯が不味過ぎて、何故だか涙が溢れ出したそうです。甲子園ホームラン男の井元が大取りで来ました。やはり、違います。グラウンドに立つだけで、空気が変わります。8の字にインターバル、アメリカと普通に雨の中、高校生と一緒にやりました。終わると、当たり前のようにグラウンド整備をする姿に嬉しくなりました。神宮大会に出場した岡田も、顔に自信がみなぎってましたし、小松や有本もビックリするような球を投げてました。全て高校生のエネルギーになりました。中には、中古道具を沢山持ってきてくれたOB、他校の卒業生ですが毎年来てくれる選手、あっ、マネージャーの岡田さんと小寺さんの画像を撮るの忘れてしまった!ゴメン!
 年末は、イベントラッシュなんで、また三弾構成でアップします!

2019年12月10日

冬の恒例行事!
荒行開始!

荒行開始!

マネージャーもつきました!

マネージャーもつきました!

芸出し

芸出し

今年もグラウンドの目の前にある。寿光園に行って餅つきをしてきました。毎年書いてますが、グラウンドが出来たばかりの頃、水がひかれておらず、練習前に選手がポリタンクを持って、水を頂いていたそうです。その御礼として、餅つきをさせて頂いてるそうです。いつから始まったのか部長にも分からないぐらいですから、30年以上でしょう! 餅つきをしながら、我々も頂きます。我が家では、スライスチーズと海苔を巻いて醤油をつけるのが1番人気。部員は、最初はエッ〜という顔をしますが、和風ピザ感覚で美味しいです!是非、未体験の方はお試し下さい。体重アップには最適です! 餅つきの後は、芸達者な部員の芸出しに、歌を披露。例年以上に喜んで頂けました。
 餅つきを考えてたら、久々に伝説の荒行 10万スィングをやろうと思いました。2人とも、守備・肩・足はいいのですが、打撃が…。いくらやっても結果が出ないので、思い切って左にしようと話しました。過去3人が挑戦。2人は打率3割5分を越えました。1人は数を誤魔化し、脱落…。約2カ月かけてやります。ひたすら打ちます。
 なぜ10万なのか、シード権がとれないフェード系のプロゴルファーが、ドローボールを試合で打てるように、オフシーズンに5万発打ち込みました。シーズンに入り、大事な場面でドローボールを打つと大失敗…予選落ち。悔しくて、シーズン中に、もう2万発打ち込みました。すると、予選を通るようになりました。プロで7万発。根拠はありませんが、アマチュアの選手なら、さらに3万発。だから10万発なのです。ただ今1万発前後。手の平は豆だらけ、風呂に入るのも大変。冬来たりて、春遠からじ! 結果が出るようにサンタクロースにお願いしてみます(^^) 先日、外食していると、良い言葉を発見。自分の運命と戦ってます!

熊毛南高校!

熊毛南高校!

豊高と古城

豊高と古城

TOYOTA三人衆

TOYOTA三人衆

これから出荷!ダンボール4箱

これから出荷!ダンボール4箱

一年ぶりに再開したJICAの世界の笑顔のためにプロジェクト。良かった、一時は予算の関係で中止。2011年から続けてきたので、心の底から待ち望んでいました。その間にも、たくさんの方々から中古道具を預かり、倉庫は満杯。久しぶりということもあり、リクエストは少なめでしたがエクアドルやネパール、タイなどに送付されます。ヘルメットは、色を統一してくれとリクエストされてましたが、そんなものは現地でペンキでも塗れば良い話。令和になり協力隊もあまちゃんになってしまたのか…。現地で限られた環境で、最大の知恵と行動力で乗り切るのが、協力隊。野球道具も、送付されるだけでは駄目!現地で作ればいい。それまでの繋ぎで送ってます。なぜならば、日本も戦後すぐにはアメリカの輸送機の隙間に野球道具が入っていて頂いたのです。それを見様見真似で作りました。タオルやダンボール、スルメでも作ったと聞きました。ジンバブエ やガーナでは作れましたし、失業者の方の収入源にもなりました。ミクロ経済や失業問題にも、何らかしらのインパクトがあります。世界の協力隊の皆様、パッションで頑張って下さい。
 その一方で、卒業したばかりの豊高がいい顔して道具を持ってきてくれたり、TOYOTAに就職した3人が会社の野球部の中古道具を持ってきてくれました。グラウンドにくるきっかけにもなっているし、卒業後まで本チームの大義を理解してくれていて嬉しくなります。当然、現役の選手も沢山持ってきてくれます。練習試合の対戦校も…。細々はじめた事ですが、どんどん広がっています。感謝感謝です。また、卒業生の岩月が協力隊でガテマラに行くとか…。これからも、そういう人材が輩出されるように頑張ります。甲子園を愛してるのではなく、野球を愛してますから!

2019年11月17日

上手くなる秘訣
幼稚園

幼稚園

小学生

小学生

中学生

中学生

大学野球の最高峰、明治神宮大会。11大学しか出場出来ない中、3大学で卒業生が活躍しています。母校の東北福祉大学は残念ながら負けてしまいました…小松も出番なしでした。金沢学院大学は大逆転勝ち!その口火をきったのが岡田淳芳。高校に入学したときは、164センチ57キロぐらいの華奢な選手。時間かかるかなぁと思った選手でした。地道にトレーニングを積んで、苦手ながらも、少しずつ沢山食べられるようになりました。2年生の冬に一気にブレークスルー。飛距離がグッと伸びました。春には3番で起用。県大会で結果出ずに、泣いてました。夏には、不動の2番で甲子園。進路は大学野球をというものの、私的には力負けしそうなんで、いずれは指導者の道に進まないかなぁと思ってました。しかし、本人はプロ野球選手を目指したいとの事でした。頑張りやぁとは言いながらも、おいおいと思ったのも事実。ただ会うたびに身体も大きくなり、今では2年生ながら、クリーンアップ。台湾でプレーしていた知念投手もそうですが、上手くなる選手の共通点は、諦めない心。もう一段階手前の話を言うと、野球がめちゃくちゃ好きだということです。頑張ってるとかと言う意識はありません。好きでやることに、頑張るは無いと思います。
 画像の絵を見てください。1番下手のものは幼稚園、2番目は小学生、最後のは中学生の時に描かれたもの。1番下手の画像を見て、才能があるとかセンスがあるとか思いますか? 絵を描いた本人は、コンクールで賞が欲しいから描いている訳でもなく、ただ好きだから描いてます。親から絵を書けと言われたこともありません。絵画教室に行ったこともありません。全て独学です。コツコツ頑張った訳でも、努力したとも思ってません。ひたすら好きなんです。それがなければ、何も進みません。好きである事が、一番の秘訣だと思います。大会が終わるとモチベーション下がる選手では駄目でしょう。センスとか才能なんて目に見えないものをあてにするのも駄目でしょう。人に言われないと動けないのは論外です。好きに、勝るものはありません!
 

======= 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系
へへへ

へへへ

どうした!

どうした!

やってまっせ!

やってまっせ!

男の手

男の手

虹の向こうは…

虹の向こうは…

24日は、クリスマスイブ。いつも頑張る選手達に、手作りホットケーキ団子チョコをプレゼント。前日は深夜まで愛情たっぷりに作ってた…仕込み作業⁈ 今年も20人には、激辛団子チョコ! おめでとう!
 10万スィング挑戦では2人とも3万スィング突破! 手はボロボロ。練習メニューも別。孤独が人を強くさせます。アメリカに行った木村の話もそうです。そんか彼達の頭上に綺麗な虹が!虹の向こう、10万スィングの向こうには、素敵な景色が待ってるはず!サンタクロース改め、グラウンドではたんと苦労するです。

2019年12月26日

年末!

この時期になると、全国に飛び出して行ったOB達が、続々と挨拶に来てくれます。昔は、サンダルで来るような不届き者もいましたが…。最近では、現役選手達はユニフォーム、それ以外もきちんとした格好で来てくれます。現役選手は、高校生と一緒に練習して、アドバイスもしてくれます。今年は甲子園組が沢山来てくれましたので、高校生もドキドキしてくれたのではないでしょうか?しかも、広島の藤井皓哉も自主トレで一緒ですから、高校生には最高の経験です。練習納めには、アメリカ留学中の川田に木村も来ました。アメリカの初夜、自分で作ったご飯が不味過ぎて、何故だか涙が溢れ出したそうです。甲子園ホームラン男の井元が大取りで来ました。やはり、違います。グラウンドに立つだけで、空気が変わります。8の字にインターバル、アメリカと普通に雨の中、高校生と一緒にやりました。終わると、当たり前のようにグラウンド整備をする姿に嬉しくなりました。神宮大会に出場した岡田も、顔に自信がみなぎってましたし、小松や有本もビックリするような球を投げてました。全て高校生のエネルギーになりました。中には、中古道具を沢山持ってきてくれたOB、他校の卒業生ですが毎年来てくれる選手、あっ、マネージャーの岡田さんと小寺さんの画像を撮るの忘れてしまった!ゴメン!
 年末は、イベントラッシュなんで、また三弾構成でアップします!

2019年12月10日

冬の恒例行事!
荒行開始!

荒行開始!

マネージャーもつきました!

マネージャーもつきました!

芸出し

芸出し

今年もグラウンドの目の前にある。寿光園に行って餅つきをしてきました。毎年書いてますが、グラウンドが出来たばかりの頃、水がひかれておらず、練習前に選手がポリタンクを持って、水を頂いていたそうです。その御礼として、餅つきをさせて頂いてるそうです。いつから始まったのか部長にも分からないぐらいですから、30年以上でしょう! 餅つきをしながら、我々も頂きます。我が家では、スライスチーズと海苔を巻いて醤油をつけるのが1番人気。部員は、最初はエッ〜という顔をしますが、和風ピザ感覚で美味しいです!是非、未体験の方はお試し下さい。体重アップには最適です! 餅つきの後は、芸達者な部員の芸出しに、歌を披露。例年以上に喜んで頂けました。
 餅つきを考えてたら、久々に伝説の荒行 10万スィングをやろうと思いました。2人とも、守備・肩・足はいいのですが、打撃が…。いくらやっても結果が出ないので、思い切って左にしようと話しました。過去3人が挑戦。2人は打率3割5分を越えました。1人は数を誤魔化し、脱落…。約2カ月かけてやります。ひたすら打ちます。
 なぜ10万なのか、シード権がとれないフェード系のプロゴルファーが、ドローボールを試合で打てるように、オフシーズンに5万発打ち込みました。シーズンに入り、大事な場面でドローボールを打つと大失敗…予選落ち。悔しくて、シーズン中に、もう2万発打ち込みました。すると、予選を通るようになりました。プロで7万発。根拠はありませんが、アマチュアの選手なら、さらに3万発。だから10万発なのです。ただ今1万発前後。手の平は豆だらけ、風呂に入るのも大変。冬来たりて、春遠からじ! 結果が出るようにサンタクロースにお願いしてみます(^^) 先日、外食していると、良い言葉を発見。自分の運命と戦ってます!

熊毛南高校!

熊毛南高校!

豊高と古城

豊高と古城

TOYOTA三人衆

TOYOTA三人衆

これから出荷!ダンボール4箱

これから出荷!ダンボール4箱

一年ぶりに再開したJICAの世界の笑顔のためにプロジェクト。良かった、一時は予算の関係で中止。2011年から続けてきたので、心の底から待ち望んでいました。その間にも、たくさんの方々から中古道具を預かり、倉庫は満杯。久しぶりということもあり、リクエストは少なめでしたがエクアドルやネパール、タイなどに送付されます。ヘルメットは、色を統一してくれとリクエストされてましたが、そんなものは現地でペンキでも塗れば良い話。令和になり協力隊もあまちゃんになってしまたのか…。現地で限られた環境で、最大の知恵と行動力で乗り切るのが、協力隊。野球道具も、送付されるだけでは駄目!現地で作ればいい。それまでの繋ぎで送ってます。なぜならば、日本も戦後すぐにはアメリカの輸送機の隙間に野球道具が入っていて頂いたのです。それを見様見真似で作りました。タオルやダンボール、スルメでも作ったと聞きました。ジンバブエ やガーナでは作れましたし、失業者の方の収入源にもなりました。ミクロ経済や失業問題にも、何らかしらのインパクトがあります。世界の協力隊の皆様、パッションで頑張って下さい。
 その一方で、卒業したばかりの豊高がいい顔して道具を持ってきてくれたり、TOYOTAに就職した3人が会社の野球部の中古道具を持ってきてくれました。グラウンドにくるきっかけにもなっているし、卒業後まで本チームの大義を理解してくれていて嬉しくなります。当然、現役の選手も沢山持ってきてくれます。練習試合の対戦校も…。細々はじめた事ですが、どんどん広がっています。感謝感謝です。また、卒業生の岩月が協力隊でガテマラに行くとか…。これからも、そういう人材が輩出されるように頑張ります。甲子園を愛してるのではなく、野球を愛してますから!

2019年11月17日

上手くなる秘訣
幼稚園

幼稚園

小学生

小学生

中学生

中学生

大学野球の最高峰、明治神宮大会。11大学しか出場出来ない中、3大学で卒業生が活躍しています。母校の東北福祉大学は残念ながら負けてしまいました…小松も出番なしでした。金沢学院大学は大逆転勝ち!その口火をきったのが岡田淳芳。高校に入学したときは、164センチ57キロぐらいの華奢な選手。時間かかるかなぁと思った選手でした。地道にトレーニングを積んで、苦手ながらも、少しずつ沢山食べられるようになりました。2年生の冬に一気にブレークスルー。飛距離がグッと伸びました。春には3番で起用。県大会で結果出ずに、泣いてました。夏には、不動の2番で甲子園。進路は大学野球をというものの、私的には力負けしそうなんで、いずれは指導者の道に進まないかなぁと思ってました。しかし、本人はプロ野球選手を目指したいとの事でした。頑張りやぁとは言いながらも、おいおいと思ったのも事実。ただ会うたびに身体も大きくなり、今では2年生ながら、クリーンアップ。台湾でプレーしていた知念投手もそうですが、上手くなる選手の共通点は、諦めない心。もう一段階手前の話を言うと、野球がめちゃくちゃ好きだということです。頑張ってるとかと言う意識はありません。好きでやることに、頑張るは無いと思います。
 画像の絵を見てください。1番下手のものは幼稚園、2番目は小学生、最後のは中学生の時に描かれたもの。1番下手の画像を見て、才能があるとかセンスがあるとか思いますか? 絵を描いた本人は、コンクールで賞が欲しいから描いている訳でもなく、ただ好きだから描いてます。親から絵を書けと言われたこともありません。絵画教室に行ったこともありません。全て独学です。コツコツ頑張った訳でも、努力したとも思ってません。ひたすら好きなんです。それがなければ、何も進みません。好きである事が、一番の秘訣だと思います。大会が終わるとモチベーション下がる選手では駄目でしょう。センスとか才能なんて目に見えないものをあてにするのも駄目でしょう。人に言われないと動けないのは論外です。好きに、勝るものはありません!
 

>>>>>>> master