<<<<<<< HEAD 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2020年05月21日

まさか…
解除!

解除!

何で、嘘やろ?

何で、嘘やろ?

ま・さ・か…

ま・さ・か…

報道ステーション どうにかして

報道ステーション どうにかして

池江選手、諦めません!

池江選手、諦めません!

5月6日で終わるはずが、感染者数が減っているにも関わらず緊急事態宣言延長となりウンザリしていた頃、14日に前倒しで解除!嬉しくて嬉しくて、朝のランニングも気合いが入りました!鼻歌まじりの15日、スポーツ新聞に夏の甲子園中止の方向で…。なんのこっちゃ、仲の良い記者さんに連絡。雲行きが悪い話ばかり。選手達も、当然ネットなどで知りました。せっかく解除され、都市部の感染者数も減少。大阪で0になったり、明らかに、一歩一歩、以前の日常への足音が聞こえてきたと思った所でした。
 18日スポーツナビに記事が掲載、19日、色んなマスコミから電話で問い合わせ…中止になったら、コメントを…何を言うてんの? 何で?もう決まってるんか? 選手達には、とにかく出来ることは、我々自身が感染しない事しかできない、都市部が一桁になった時は嬉しかった。とりあえず、結論を先延ばしにする可能性も出てきた!と思いました。20日、午後には中止の一報が、嘘やと思いながらも、何かしなくてはと、夕方に新聞インタビュー二本、帰宅して報道ステーションの録画。1時間話続けましたが、オンエアは1分。毒を撒き散らし過ぎたか…でも、ディレクターは、思いを凝縮してくれました。
 自分達の事を考えると不満が出ます。私は実家が東京ですから、その大変さも友達から聞いてます。そう思えば納得せざるを得ない…。しかし、状況が良くなってる中での結論に愕然。ちょうど一年生への施設開放に、指導係で来てた三年生に話すと涙が出てしまいました。その凛とした姿、曇りない目を見ると、辛くて辛くて。何にも悪い事してないのに…何がしたいんや野球の神様! 心が折れかけてた時に、50歳になっても現役ボクサーを続ける辰吉選手、ガンと闘ってプールに戻ってきた池江選手。キングカズ。誰も諦めてません。選手には、諦めるな、もうちょっと頑張れ、もう一回などと言うクセに、自分が諦めそうでした。最後、形にさせて下さい。
 今はただ3点ビハインド、9回裏2アウト2ストライク ランナー無し!まだまだゲームセットじゃない。せやから何やねん、これからじゃ! ひょっとしたら、9月新学期制度になって、3月から8月が無かったことになるかも…最近流行りの、『時を戻そう!』です。こんなウルトラCの可能性が1%もあるなら賭けましょう。誰かみたいに賭け麻雀やない。こんなんで腐ってたら、コロナに心を蝕まれたのと同じ。負けません! 世界一諦めの悪い男より

もうすぐ緊急事態宣言が解除か…パソコンとにらめっこしてます。学校はzoomを使ってのオンライン授業、いやはや苦手とか言ってられないので四苦八苦。テザリング、ブルートゥース、ミラーリング、ドライブ、クラウド、ギガ、エアードロップ……こちらの世代なら、ブルータス、ミラーマン、ドロップキック、バックドロップです。選手には、進化・深化・新化しないものは絶滅すると歴史が証明していると言ってますので、絶滅しないようにもがきます。解除になれば、少しずつ自主練や学校での授業ができると思います。楽しみです。雑誌のインタビューで、『夏はやった方がいいと思いますか?』と数件電話取材がありました。当たり前ですと答えます。もちろん感染爆発しているような状態なら無理でしょうが…。やらせてあげたいと指導者は誰でも思うはず。武士道とは、死を見つけたり…といいます。戦時中は、誤解からか死に急ぐ方もいたとか…。本来は、今死んでもいいような日々を過ごしなさいという意味だとか。夏の大会で、勝ち残るのは一校だけ。他はみんな負けるんです。負けるから、次に行けるんです。死ぬと書くと語弊があるでしょうから、終わりを迎えるために大会が必要なんです。人生80年、80年間走り続けることはできません。節目節目で終わりが必要なんです。終わりは始まり、始まりは終わりなんです。中途半端な終わり方じゃ、次も中途半端なスタートになるんです。小難しい話になりましたので、少しほっこりしましょう、学校案内の撮影がありました。野球部からは森原兄弟が参加、双子です。見分けつきますか? その日の帰り、夜空に1番星が輝いてました。輝く場面をつくってあげて下さい神様!

2020年05月09日

機械科の2人
機械科 奥野

機械科 奥野

機械科 田中専用鉄トン!

機械科 田中専用鉄トン!

今日も、グラウンド補修、仕上げの段階。今夜の雨で、明日トラクターを回るとベストコンディションかなぁと思います。ただ、選手がいない…Classiでやりとりしてますが、そろそろ限界が近い感じ。逆に、野球に飢えてていい感じです。何人かの日誌には、『今日は、2人で練習できてよかった。1人より2人の方が楽しい…でも、みんなでやる方がもっと楽しいと思う…』 その文章見て思いました。1人のスター選手の大活躍で勝つより、レギュラーで勝つ方が楽しい(他はしらけてる)、それよりベンチメンバーで勝つ方がもっと楽しい。でも、ベンチ外も含めてみんなで勝つ方が、もっともっと楽しい。さらに、保護者や学校関係者、他の生徒、全てで勝つと最上級に楽しいと思いますし、2017年の夏の決勝は、さらに他校の人、他県の人、球場にいた野球マニアの一般客、OBがまさにみんなで応援してくれて勝った試合でした。そうなるためにも、応援される集団でなくてはならないと思いました。
 また、何人かの日誌には、早くみんなと練習したい!改めて甲子園を愛してるんじゃなく、野球を愛してる。1分1秒でも早く練習したいと書いてありました。大切なことは十分感じさせて頂きましたので、もうコロナ様、退場して下さい。
 今日は、外野手の千尋君のために、特別な鉄トンを作成しました。スポーツコースの生徒が多い中、田中と奥野の機械科コンビは中国大会ベンチ入り。溶接、手伝ってくれたら良かったのに…。みんな孤独と闘ってます。孤独は人を強くします。

浅口市

浅口市

世田谷区

世田谷区

選手が頑張るなら、もっともっと頑張ります

選手が頑張るなら、もっともっと頑張ります

いつもなら春の県大会、もしくは毎日試合して、新入生を1人ずつデビューする練習試合の毎日。天気も良くて、野球して、家に帰って風呂に入りビールを飲みながら試合を振り返りながら、明日はどうしようかと考えるのが至福の時です。今年は、コロナの影響で、試合どころか練習すら出来ません。ようやく大阪の知事がゴールを決めてくれました。大阪の人は、あの基準に向かってラストスパートできるでしょう。ところが大臣は、それは国が決める事だ、これは知事が決めることだ、なんだと不快感をあらわにしてました…だったら、先にゴールを見せてみろと思います。トップがコロナ対策ではなく、責任対策してるから、こうなります。情けない。大臣だろうが知事だろうが税金で給料をもらってるだけ、民のために働くと決めた方々であって、偉い偉くないではありません。明治維新の頃の方々のように強烈なリーダーシップを出して欲しいと思いますし、世も求めてると思います。多数決で選ぶやり方では無難な人しか残らないのではと思いますが…。そんな中、給付金の10万円を握りしめパチンコ屋に列を作り、河原でBBQ、こんな大人見て、子供はどう思いますか?
 時々、投手が動画を送ってきます。庭を改造してマウンドを作り投げてます。見てコメントしますが…何回か見ていると不便で不便で涙が出てきました。この子達が、まっすぐ大人になってくれると思います。だからって、頑張ってるなぁとは言いません。負けないぐらい、グラウンドをリニューアルしました。アイツらより頑張るおっさんでいます。常に張り合いたいと思います。こっちが頑張るから、あっちも頑張る。だったら、それ以上にやる!それが、本来の子供と大人の関係ではないでしょうか? さて、私の地元 東京 世田谷区と鴨方近辺の画像です。人口密度が違いすぎます。世田谷区の面積約58㎢で人口約84万人、浅口市の面積約66㎢で人口約3万3000人。同じような大きさで人口28倍。教室も人が多いと問題がよく起こります。人間の間が大切なんでしょう。
 こんな状況で、工夫してくれてる選手達と同じチームでいれることが幸せです。こんな奴らが、コロナに負ける訳ありません!

2020年05月02日

リニューアル!
開店!

開店!

豊田コーチ

豊田コーチ

谷山コーチ

谷山コーチ

三谷コーチ

三谷コーチ

夕方には、花屋さんは閉店です

夕方には、花屋さんは閉店です

緊急事態宣言の解除を信じて我慢してきましたが、早々と休校延長…。100m走のゴール直前で、ゴールテープが100m先に移動した感じです。私達より、選手達が気になります。前のブログでも書きましたが、コロナは感染した人の肺炎などの症状も大変でしょうが、感染してない人の心が蝕まれていくのも大変です。とにかく今は選手達がグラウンドに戻ってきた時にビックリさせてやろうと、ネット修理・バックネットのワイヤーのたるみ補修・ゲージ類の溶接修理・ペンキ塗りなどなど、10年ぶりぐらいの完全リニューアル。武さんだけでなく、三谷コーチが溶接、本池コーチが長身をいかし高い場所の清掃などなど、チーム山陽集合してやってます。みんな自然とグラウンドに来ます。都立高校野球のカリスマ 佐藤道輔さんの口癖『甲子園というのは、普段使ってるグラウンドなんだよ!』というのが身に染みてわかります。修理を業者に出せば100万円以上でしょう。スタッフでやればペンキや材料以外は0円。むしろ、無限の価値が生まれます。しかも、使う材料は、廃材ばかり、タダです。スタッフが黙々と作業している姿を見るとグッときます。世間では教師はブラックだとか言われてますが、ほっといてくれと思います。ガタガタいう奴は、子供と接するなと思います。好きでやってますから。庭に半分サイズのマウンドを作って投げてる投手、家の壁にボール投げてて近所の人からクレーム言われてる選手、お姉さんが看護師で心配しながらも自分に出来ることを毎日やってる選手…そんな諦めない連中がいるのにのんびりしてられません。グラウンドも、スタッフも、選手も日本一です。早くグラウンドで野球したいですねー…。TVでは馬鹿な大人は、パチンコ屋に列を作り、ゴルフ練習場、ゴルフ場には大人がごった返してました。子供に我慢しろと言うなら、まず大人が我慢しろやと思います。ゴルフ場がいいのに、野球場はダメだと言う理屈が分からない。なんのこちゃ、です。
 朝、ガサツな私には名前も分からない黄色の花が咲きまくってました。作業を終えて、帰ろうとすると花が萎んでました。ずっーと咲いてると思ってましたが、花も夜は休むんですねー。いつもなら、気にもしてない事でしょうが、色んなことが目に付く今日この頃、新たな発見でした。
 後悔とは、やらなかった事であり、上手く出来なかった事ではない。

======= 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2020年05月21日

まさか…
解除!

解除!

何で、嘘やろ?

何で、嘘やろ?

ま・さ・か…

ま・さ・か…

報道ステーション どうにかして

報道ステーション どうにかして

池江選手、諦めません!

池江選手、諦めません!

5月6日で終わるはずが、感染者数が減っているにも関わらず緊急事態宣言延長となりウンザリしていた頃、14日に前倒しで解除!嬉しくて嬉しくて、朝のランニングも気合いが入りました!鼻歌まじりの15日、スポーツ新聞に夏の甲子園中止の方向で…。なんのこっちゃ、仲の良い記者さんに連絡。雲行きが悪い話ばかり。選手達も、当然ネットなどで知りました。せっかく解除され、都市部の感染者数も減少。大阪で0になったり、明らかに、一歩一歩、以前の日常への足音が聞こえてきたと思った所でした。
 18日スポーツナビに記事が掲載、19日、色んなマスコミから電話で問い合わせ…中止になったら、コメントを…何を言うてんの? 何で?もう決まってるんか? 選手達には、とにかく出来ることは、我々自身が感染しない事しかできない、都市部が一桁になった時は嬉しかった。とりあえず、結論を先延ばしにする可能性も出てきた!と思いました。20日、午後には中止の一報が、嘘やと思いながらも、何かしなくてはと、夕方に新聞インタビュー二本、帰宅して報道ステーションの録画。1時間話続けましたが、オンエアは1分。毒を撒き散らし過ぎたか…でも、ディレクターは、思いを凝縮してくれました。
 自分達の事を考えると不満が出ます。私は実家が東京ですから、その大変さも友達から聞いてます。そう思えば納得せざるを得ない…。しかし、状況が良くなってる中での結論に愕然。ちょうど一年生への施設開放に、指導係で来てた三年生に話すと涙が出てしまいました。その凛とした姿、曇りない目を見ると、辛くて辛くて。何にも悪い事してないのに…何がしたいんや野球の神様! 心が折れかけてた時に、50歳になっても現役ボクサーを続ける辰吉選手、ガンと闘ってプールに戻ってきた池江選手。キングカズ。誰も諦めてません。選手には、諦めるな、もうちょっと頑張れ、もう一回などと言うクセに、自分が諦めそうでした。最後、形にさせて下さい。
 今はただ3点ビハインド、9回裏2アウト2ストライク ランナー無し!まだまだゲームセットじゃない。せやから何やねん、これからじゃ! ひょっとしたら、9月新学期制度になって、3月から8月が無かったことになるかも…最近流行りの、『時を戻そう!』です。こんなウルトラCの可能性が1%もあるなら賭けましょう。誰かみたいに賭け麻雀やない。こんなんで腐ってたら、コロナに心を蝕まれたのと同じ。負けません! 世界一諦めの悪い男より

もうすぐ緊急事態宣言が解除か…パソコンとにらめっこしてます。学校はzoomを使ってのオンライン授業、いやはや苦手とか言ってられないので四苦八苦。テザリング、ブルートゥース、ミラーリング、ドライブ、クラウド、ギガ、エアードロップ……こちらの世代なら、ブルータス、ミラーマン、ドロップキック、バックドロップです。選手には、進化・深化・新化しないものは絶滅すると歴史が証明していると言ってますので、絶滅しないようにもがきます。解除になれば、少しずつ自主練や学校での授業ができると思います。楽しみです。雑誌のインタビューで、『夏はやった方がいいと思いますか?』と数件電話取材がありました。当たり前ですと答えます。もちろん感染爆発しているような状態なら無理でしょうが…。やらせてあげたいと指導者は誰でも思うはず。武士道とは、死を見つけたり…といいます。戦時中は、誤解からか死に急ぐ方もいたとか…。本来は、今死んでもいいような日々を過ごしなさいという意味だとか。夏の大会で、勝ち残るのは一校だけ。他はみんな負けるんです。負けるから、次に行けるんです。死ぬと書くと語弊があるでしょうから、終わりを迎えるために大会が必要なんです。人生80年、80年間走り続けることはできません。節目節目で終わりが必要なんです。終わりは始まり、始まりは終わりなんです。中途半端な終わり方じゃ、次も中途半端なスタートになるんです。小難しい話になりましたので、少しほっこりしましょう、学校案内の撮影がありました。野球部からは森原兄弟が参加、双子です。見分けつきますか? その日の帰り、夜空に1番星が輝いてました。輝く場面をつくってあげて下さい神様!

2020年05月09日

機械科の2人
機械科 奥野

機械科 奥野

機械科 田中専用鉄トン!

機械科 田中専用鉄トン!

今日も、グラウンド補修、仕上げの段階。今夜の雨で、明日トラクターを回るとベストコンディションかなぁと思います。ただ、選手がいない…Classiでやりとりしてますが、そろそろ限界が近い感じ。逆に、野球に飢えてていい感じです。何人かの日誌には、『今日は、2人で練習できてよかった。1人より2人の方が楽しい…でも、みんなでやる方がもっと楽しいと思う…』 その文章見て思いました。1人のスター選手の大活躍で勝つより、レギュラーで勝つ方が楽しい(他はしらけてる)、それよりベンチメンバーで勝つ方がもっと楽しい。でも、ベンチ外も含めてみんなで勝つ方が、もっともっと楽しい。さらに、保護者や学校関係者、他の生徒、全てで勝つと最上級に楽しいと思いますし、2017年の夏の決勝は、さらに他校の人、他県の人、球場にいた野球マニアの一般客、OBがまさにみんなで応援してくれて勝った試合でした。そうなるためにも、応援される集団でなくてはならないと思いました。
 また、何人かの日誌には、早くみんなと練習したい!改めて甲子園を愛してるんじゃなく、野球を愛してる。1分1秒でも早く練習したいと書いてありました。大切なことは十分感じさせて頂きましたので、もうコロナ様、退場して下さい。
 今日は、外野手の千尋君のために、特別な鉄トンを作成しました。スポーツコースの生徒が多い中、田中と奥野の機械科コンビは中国大会ベンチ入り。溶接、手伝ってくれたら良かったのに…。みんな孤独と闘ってます。孤独は人を強くします。

浅口市

浅口市

世田谷区

世田谷区

選手が頑張るなら、もっともっと頑張ります

選手が頑張るなら、もっともっと頑張ります

いつもなら春の県大会、もしくは毎日試合して、新入生を1人ずつデビューする練習試合の毎日。天気も良くて、野球して、家に帰って風呂に入りビールを飲みながら試合を振り返りながら、明日はどうしようかと考えるのが至福の時です。今年は、コロナの影響で、試合どころか練習すら出来ません。ようやく大阪の知事がゴールを決めてくれました。大阪の人は、あの基準に向かってラストスパートできるでしょう。ところが大臣は、それは国が決める事だ、これは知事が決めることだ、なんだと不快感をあらわにしてました…だったら、先にゴールを見せてみろと思います。トップがコロナ対策ではなく、責任対策してるから、こうなります。情けない。大臣だろうが知事だろうが税金で給料をもらってるだけ、民のために働くと決めた方々であって、偉い偉くないではありません。明治維新の頃の方々のように強烈なリーダーシップを出して欲しいと思いますし、世も求めてると思います。多数決で選ぶやり方では無難な人しか残らないのではと思いますが…。そんな中、給付金の10万円を握りしめパチンコ屋に列を作り、河原でBBQ、こんな大人見て、子供はどう思いますか?
 時々、投手が動画を送ってきます。庭を改造してマウンドを作り投げてます。見てコメントしますが…何回か見ていると不便で不便で涙が出てきました。この子達が、まっすぐ大人になってくれると思います。だからって、頑張ってるなぁとは言いません。負けないぐらい、グラウンドをリニューアルしました。アイツらより頑張るおっさんでいます。常に張り合いたいと思います。こっちが頑張るから、あっちも頑張る。だったら、それ以上にやる!それが、本来の子供と大人の関係ではないでしょうか? さて、私の地元 東京 世田谷区と鴨方近辺の画像です。人口密度が違いすぎます。世田谷区の面積約58㎢で人口約84万人、浅口市の面積約66㎢で人口約3万3000人。同じような大きさで人口28倍。教室も人が多いと問題がよく起こります。人間の間が大切なんでしょう。
 こんな状況で、工夫してくれてる選手達と同じチームでいれることが幸せです。こんな奴らが、コロナに負ける訳ありません!

2020年05月02日

リニューアル!
開店!

開店!

豊田コーチ

豊田コーチ

谷山コーチ

谷山コーチ

三谷コーチ

三谷コーチ

夕方には、花屋さんは閉店です

夕方には、花屋さんは閉店です

緊急事態宣言の解除を信じて我慢してきましたが、早々と休校延長…。100m走のゴール直前で、ゴールテープが100m先に移動した感じです。私達より、選手達が気になります。前のブログでも書きましたが、コロナは感染した人の肺炎などの症状も大変でしょうが、感染してない人の心が蝕まれていくのも大変です。とにかく今は選手達がグラウンドに戻ってきた時にビックリさせてやろうと、ネット修理・バックネットのワイヤーのたるみ補修・ゲージ類の溶接修理・ペンキ塗りなどなど、10年ぶりぐらいの完全リニューアル。武さんだけでなく、三谷コーチが溶接、本池コーチが長身をいかし高い場所の清掃などなど、チーム山陽集合してやってます。みんな自然とグラウンドに来ます。都立高校野球のカリスマ 佐藤道輔さんの口癖『甲子園というのは、普段使ってるグラウンドなんだよ!』というのが身に染みてわかります。修理を業者に出せば100万円以上でしょう。スタッフでやればペンキや材料以外は0円。むしろ、無限の価値が生まれます。しかも、使う材料は、廃材ばかり、タダです。スタッフが黙々と作業している姿を見るとグッときます。世間では教師はブラックだとか言われてますが、ほっといてくれと思います。ガタガタいう奴は、子供と接するなと思います。好きでやってますから。庭に半分サイズのマウンドを作って投げてる投手、家の壁にボール投げてて近所の人からクレーム言われてる選手、お姉さんが看護師で心配しながらも自分に出来ることを毎日やってる選手…そんな諦めない連中がいるのにのんびりしてられません。グラウンドも、スタッフも、選手も日本一です。早くグラウンドで野球したいですねー…。TVでは馬鹿な大人は、パチンコ屋に列を作り、ゴルフ練習場、ゴルフ場には大人がごった返してました。子供に我慢しろと言うなら、まず大人が我慢しろやと思います。ゴルフ場がいいのに、野球場はダメだと言う理屈が分からない。なんのこちゃ、です。
 朝、ガサツな私には名前も分からない黄色の花が咲きまくってました。作業を終えて、帰ろうとすると花が萎んでました。ずっーと咲いてると思ってましたが、花も夜は休むんですねー。いつもなら、気にもしてない事でしょうが、色んなことが目に付く今日この頃、新たな発見でした。
 後悔とは、やらなかった事であり、上手く出来なかった事ではない。

>>>>>>> master