部活動

硬式野球

体育系

2019年06月16日

呼ばれました
おーーー!

おーーー!

おっ!

おっ!

到着!

到着!

おはようございます。まだ暗い〜

おはようございます。まだ暗い〜

合宿最終日。早朝から、遥照山にランニング。遥か彼方まで照らす山。いい名前です。古くは、この辺りに陰陽師の安倍晴明も来たとか。今でいうパワースポットなのでしょう。
 日本という国。日の元の国、太陽を大切にしている国。昔は、畑仕事で、太陽が出てくると、作業をやめて拝むのが当たり前だったといいます。今でも、私が住む地域は田舎なんで、朝、太陽を拝んでる方います。そのなごりで、初日の出を見るという風習があるのでしょう。“今日は、お元気ですか!” も、我々の命の源になっている太陽さんは、如何ですか? という意味だそうです。そして、さようなら…   左様ならば、ご機嫌よう。…そうならば、良かった良かったが、略されたそうです。

話は、戻しますが、昨晩までの大雨。天候の回復も遅れ、雲も多かった朝。しかし、合宿なんで、何かせねば… ただグラウンドは、まだまだ使えない。苦し紛れで企画した、日の出参り。山頂に着き、ひたすら祈っていると雲と雲の間から太陽が! 有難うございます。暖かい陽が、選手達を包み込んでくれました。拝み終わると、スッと雲に隠れていきました。何か、不思議な感じ…いよいよ、あの場所から呼ばれたのか。不思議な朝でした。

あっ、そうそう。最近、本で読んだのですが、お母さんは、相撲や歌舞伎では、おかみさん。お日身さんと書くそうです。日の身をした人。つまり、太陽の分身のように、明るく・暖かく・丸い(和)のが、お母さんだそうです。お父さんは、尊い人でなくてはならない、そんな人にならなくてはいけない。だから、お尊さんだそうです。ちなみに、今日は、父の日。何か期待してしまいますが、毎年 落ち込むだけなので、さらっと過ごします。
 

2019年06月15日

強化合宿!

いよいよ夏の大会 1か月前、連敗街道だったチームは、ドン底からようやく浮上して来ています。(予定通り…⁉︎)

あとは、仕上げに三年生の気持ちを一つにする事! そこで恒例の強化合宿! 週末を利用して、とにかく練習・練習・食事・練習。雨だろうが、風だろうが構いません。朝早くから、夜遅くまで、とにかく一緒にやる、食べる、寝る。37人もいますので、雑魚寝。てんやわんやです。心も身体も、きついでしょうが、最終的には、開き直って前に行こうと思ってくれたら、合宿完了。合宿では、上手くなりません。強くなります。あとは、青春の思い出作り!10年後、笑い話のネタになればいいかなと思います。
  たまたまの縁で、このチームで同級生として出会い、2年4ヶ月白球を追ってきた仲間。残酷ですが、全員はベンチに入れません。でも仲間。出る選手は、出る以上、一所懸命にやる義務があります。ベンチに入れなかった選手は、この偶然のような必然で出会えた仲間を心から応援して欲しいと思います。野球界で、監督が背番号をつけないのは高校野球だけ。だから、ベンチ外の選手の代表者としてベンチに入ると伺いました。また、球技で唯一、人が得点になる人間クサイ競技です。人間…人と人の間  その間を大切にしたいと思います。野球をやっていたから出会えた仲間、一生大切にして下さい。明日は、みんなで日の出を拝みに行きます。だって、我々は日の元の国の人ですから…太陽のように、明るく・暖かい・丸い(和)・人を照らす、そんな チームになりたいと思います。

 大学野球の甲子園、全日本大学野球選手権大会に行ってきました! 部員が100人を超えて、しかも大学で野球を続けたい選手が増えました。進路開拓のご挨拶で2日間で4万歩 15以上の大学と挨拶させて頂けました。中には、ジンバブエ 野球をテレビで見たよという方々も多く、ありがたかったです。

10年前の夢でもありました。1人でも多く、1日でも長くユニフォームを着てもらう。高校野球人口は16万人強、大学野球人口は2〜3万人。急激に減ります。競技レベルがあがるから仕方ないのかもしれませんが、色々なカテゴリーがあって良いと思います。部員が300人と日本一の日本文理大学の外野手のレギュラーに、身長160㎝の小柄な選手がいます(パンフレットには162㎝とありましたが…?) 山陽の卒業生、小野鷹志です。2016年春の優勝メンバーです!小さくても、ガッツと負けん気で頑張っています。彼の良いところは、ずっーーーーーと笑顔です。彼が在学中に、暗い顔しているのを見た事がありません。常に、まわりに可愛がられます。だから、チャンスが寄ってくるのだと思います。他にも小松、大江 井元、有本、小野た などとも再会。次は、スタンドではなく、ユニフォーム姿を見たいと思います。
  

クリフ

クリフ

今週末の6月8日23時から、テレビ東京系列で スポーツウォッチャーで、ジンバブエ の東京オリンピックをかけてのアフリカ大陸予選の死闘が放送されます! 是非、ご覧下さい!涙あり、感動あり、笑いありの感動巨編! 是非、お楽しみに〜。画像のメダルは、金?銀?銅?日本にやってきたうちの五人が大活躍!お楽しみに〜

さて、チームは夏に向けて、追い込まれております。身体も、心もボロボロでしょう。その先に、僅かな灯りが自らの力で見えてくれば、2年前のあの場所が近づいてくるでしょう。先日、遠征の途中で、あの場所へ。素戔嗚神社へお参り。歴代優勝校の煉瓦を見ながら、まだ名前が刻まれてない今年の煉瓦に指で“おかやま山陽”の名前を刻み込んできました。

 大切なのは、困難かもしれないが、やろうと思うか・思わないか。いやいや、やるか・やらないか  です。 失う物がないコールド世代。最後は、いよいよゴールド世代か! 分厚い鉄の扉をこじ開けろ!

2019年05月23日

世界で頑張る日本人!
感動しました!

感動しました!

ラグビー?

ラグビー?

笑顔のアメリゴさん

笑顔のアメリゴさん

野菜食いてえ〜

野菜食いてえ〜

111人

111人

 今回の東京オリンピック予選 アフリカ大陸大会では、出場辞退が相次ぎ、大会方式、ルールは二週間で4回・5回と変更。最終的には、ブルキナファソ・ウガンダ・ジンバブエ と南アフリカ共和国。つまり、日本人サポート国 対 王者 南アフリカ共和国という図式。ブルキナファソは、出合さんがチームをまとめてサポート。日本ハムファイターズのサポートを受けています。帰国後は、北海道で独立リーグを運営するとか…ウガンダは、メジャーリーグのドジャースもサポートしているところに、ウガンダ在住5年の田中さんの丁寧な指導で、ブラックアフリカン史上最強のチームを編成。その両国の激突は、4時間半にわたる壮絶な試合となりました。お互い点差など気にしない姿勢、諦めない両チームに、惜しみない拍手がおくられました。感動しました!
  帰国後、高校生のスピードが速く、上手くなったなぁ〜と思ってましたが、ある程度出来るようになってくると、先が読めるのか…諦めるプレーが目立ちます。経験や知識は大切かもしれないですが、先入観になってはいけないと改めて思いました。それを感じさせてくれた、アフリカでした。
  ホテル滞在中、朝はパンやベーコンに卵、夜は米にポテトに肉、昼はホットドッグかハンバーガー…野菜が喰いたい・・・ってなるので、以前の仕事でお世話になった青汁を持参。すると、毎朝 コーチ陣が青汁を飲みまくり。味をわかっているのか…。
  帰国後、雑誌やテレビ用に集合写真を撮りました。史上最多の111人です! 5月・6月で突然伸びるチーム、大会中に上昇気流に乗るチームが、あの場所に行きます。そのためには、諦めず、明るく、何があっても一歩ずつ前に進もうとする思考かと思います。その瞬間が、明日かもしれない、1時間後かもしれない。テレビを見て閃くかもしれない、友達と話してたら閃くかもしれない、本かもしれない…。とにかく、アンテナを立てていないとキャッチできません。心を開いて、いつでもキャッチできるようにしておきます!