部活動

硬式野球

体育系
送った道具!

送った道具!

モーリス会長もみえます

モーリス会長もみえます

プロ志望届提出!

プロ志望届提出!

チリも積もれば山となる、千里の道も一歩から、気がつけば19期連続県大会出場です。就任当初は、夢の県大会。どうやれば県大会に行けるのか…何度も辛酸を舐め、苦汁を飲んできました。強さと巧さの違い、勝ちたいと負けたくないの違い、負ける原因、負けないようにする方法…色々気付かさせられてきました。チームマネジメント、ゲームマネジメント、何となく形になってきたかと思う10年間でした。さらに、ステップアップして、甲子園に行くメソッドを確立したいと思う次の10年間かと思います。初心忘るべからず…今年は、夏休みの仕込みが十分ではないので、濃縮していかないといけません。無駄な練習をしないように考えて、取捨選択の日々です。限られた条件下で、創意工夫を求められていると思います。
 そんな日に、ジンバブエ から中古道具のお礼の手紙が届きました。いつもお世話になっている田村コピーのユニフォーム、健大高崎のヘルメット、東京都高野連から頂いたボールなどなど多数送りました。モーリス会長も写真に写ってました。オリンピックで日本が優勝しましたが、参加国が6ヵ国じゃ…悲しいお知らせです。早く野球が、サッカーのようにグローバルスポーツになるように!その担い手を輩出するチーム、そういう活動に共感してもらえる仲間を増やすために、甲子園に行き、普段の取り組みを取り上げて頂けるチーム、そういうプロ野球選手を輩出するチームになります! エース大槇、プロ志望届を出しました!祈ります!

2021年08月13日

ちわっ!
ちわっ!

ちわっ!

出たっ!

出たっ!

順調です

順調です

ヒマワリと朝顔

ヒマワリと朝顔

茎が太い❗️

茎が太い❗️

新チームになり、またまた仕込みの時間です。美味いラーメンを作るのと同じ、寸胴に色々な物を入れ、秘伝の食材・スパイスを加えていきます。まだまだ染み込んでいませんが、あとは時間をかけて煮込むだけ。途中で、灰汁(悪)をとります…。仕込みの第一段階終了を確認しようと山口遠征を計画してましたが、大雨とコロナ感染拡大で中止。雨が、未だに降り続いており、西日本豪雨災害を思い出してしまいます…まだまだ雨が続くようですが…避難の準備は早めにしましょう。
 今朝グラウンドが心配で、朝早く様子を見に行きました。マネージャーが土を耕すところから始めて、ヒマワリを育てました。ただ昨年のひょろひょろヒマワリの失敗を修正したのでしょう、今年は茎が太い。手をかけ過ぎたり、失敗しそうだから先回りしてしまうと、自ら生きようとする力が無くなります。ギリギリまで、我慢我慢。前々回、紹介したように一本は化け物のように育ちました。日向がいい、土がいいから、水をあげたから育つ訳ではありません。過保護にすればするだけ、芯の細いスカスカになりやすいです。人を育てるのと同じ。そんな話を選手達にするのも、この頃の恒例行事。ちなみに、ヒマワリは「はるかのヒマワリ」の子孫。そのヒマワリに絡みついているのは「命の朝顔」の子孫です。ヒマワリは、神戸淡路大震災で亡くなった、はるかちゃんのお母さんが、あの災害を忘れないで欲しくて種をわけています。朝顔は、小児白血病で亡くなった子供が残したものを、ご家族が種分けをされています。ヒマワリは、天皇が皇居でも育てています。つまり両方とも、ただの花ではないのです。そんな由来を説明しながら、花や木は、暑い寒い、雨だ風だ、腹減った…云々などと文句、不平不満は言わない。耐えて耐えて、ひたすら耐えて、来るべき時に花を咲かせようとする。中には、枯れ果てるのもあるし、同じように育てても、茎の太いの細いのもあると話をします。同じ日に入部しても成長の度合いは違うんです。自らの力で伸びようとする者が伸び、人に育て育てと手をかけられ過ぎ、自らの意志の無い者は、茎の細い、花の重さにすら耐えられない、添え木なしでは立つことすらままならないものになります。大きくなくても、茎の太い、小さくても明るい花を咲かす方が良いと思います。花を題材に、自らの覚悟と決意、そして行動が大切だと話をしました。自力で生き抜く力が欲しいですねー。バッターボックスの中、マウンドの上で親も指導者も仲間も、誰も助けてくれません。花や木に学び、自然の過酷さ強さ、逞しさを感じて欲しいです。コンビニで賞味期限の文字で、食品の状態を判断するような人間では、すでに生き抜く力がなくなっています。世の中、そんなに甘くないんです。食うか食われるかのビジネスの世界にいたので、いつもそう思います。野球で飯が食える人は、ごく僅か。100年に一度のパンデミック、間もなくやってくる南海トラフ、何でもかんでも「普通なら…一般的に言うと…」「例年通りなら…」「安定が…」なんて言ってる奴は終わりです。せめて世に出ても生き残る力は身につけて欲しいと思います。だから今、耐えることが強い根っこを作ります。まだまだ出来る、何でも出来る、必ず出来る!

2021年07月27日

鳴き切りました

大会が始まり、いきなり強豪校の玉野光南、学芸館をコールド勝ちし、波に乗り準々決勝、準決勝もコールド勝ちで決勝へ!秋・春優勝し、県内負けなしの絶対王者 創志学園が、準決勝で敗退。伝統校の倉敷商業との対戦。先制したのは良かったのですが…最終的には6-7でサヨナラ負け。翌日が誕生日だった私に、選手達は、甲子園のプレゼントと大好物のアップルパイを用意してくれてたみたいで…申し訳なくて…。
 普段3割前後しか打たない打線が、4割2分以上うち、準決勝まで全試合コールド勝ち。優勝していれば、様々な記録になっていたそうです。普段以上の力を出せたのも、ベンチ外の3年生や下級生達の献身的なサポートのおかげです。残念な結果ではありましたが、2週間、鳴き切れたのではないでしょうか…。この3年生達は、過去5年間みても最弱世代と呼んでましたが、過去最高に伸びた世代になりました。入学して直ぐに、私はオリンピック予選のため不在。もし、予選で勝っていたら、今頃は福島県でサムライジャパンと対戦。今回の準優勝は、どうなっていたのか…。少し、あと少し足りなかった事を、次のステージでは、準備万端で最高に幸せになってもらえたらと思います。まだ10代後半、人生100年なら、まだ一回の裏。ドラマは最後まで分かりません。

たくさんのOB、ファンの方々の応援有難うございました。1人1人にご挨拶出来なかったので、この場を借りて御礼を伝えさせて頂きます。有難うございました、次こそ行きます!

2021年07月10日

開幕❗️
ジャンボヒマワリ!夏だぜ〜!

ジャンボヒマワリ!夏だぜ〜!

開幕‼️

開幕‼️

ゲリラ豪雨!

ゲリラ豪雨!

雨もへっちゃら

雨もへっちゃら

自ら育て!ジャンボに負けるな

自ら育て!ジャンボに負けるな

いよいよ開幕です!2週間のサバイバルが始まりました。開会式前日も大雨。真備の水害を思い出してしまいます…あの時は大変でした。
 また残念ながら、最終調整の練習試合もできませんでした…。ただ今年は3月に完成した室内練習場があるので、練習はできました。ありがたやーありがたやーです。そして梅雨明けとともに、はるかちゃんの向日葵が咲きました。一輪だけ巨大化!マネージャーによると、昨年、落ちた種が残ってたのかもと言ってました。本当に大きくて、茎も太い! 昨年の崖のヒマワリ同様、手をかけ、肥料を与え、過保護に育てると弱々しいものになります。選手育成と同じ、厳しい環境で、自らの力で育たないといけません。口出し、先回りは厳禁。我慢我慢、忍の一字。立って木のしたから見るで親。漢字はよく出来てますねー。
 

2021年06月30日

鉛筆になりたい⁉️

私、朝のウォーキングからラジオ族なんですが、面白い話を聞きました。鉛筆のような人になれ!何のこっちゃ、と思いながら聞いてると…「鉛筆には太い芯がある、そんな強い芯を持った人になれ。それと同時に芯のまわりには木(気)を使いなさい」…なるほど、最近の人は、鉛筆使わず、シャーペンばかり使うから、細い芯でポキポキ折れるのか…。
! ふとグラウンドに行くと、昨年は崖に生えてたようなジャンボひまわりのようなのが、ニョキニョキ育ってます。まわりにはチビ助達が顔を出してきました。ジャンボは、マネージャーが種を撒いたのではなく、おそらく昨年のヒマワリから自然と落ちた種が自生したそうです。天然もの。昨年の崖のヒマワリと同じ。増田って名前つけましたが…。 今年は、どんな花が咲くのか…昨年はベスト4でしたが、みんな出し切りました。鉛筆のように強い芯を持ち、まわりに気を使い今年も出しきれますように!

======= 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系
送った道具!

送った道具!

モーリス会長もみえます

モーリス会長もみえます

プロ志望届提出!

プロ志望届提出!

チリも積もれば山となる、千里の道も一歩から、気がつけば19期連続県大会出場です。就任当初は、夢の県大会。どうやれば県大会に行けるのか…何度も辛酸を舐め、苦汁を飲んできました。強さと巧さの違い、勝ちたいと負けたくないの違い、負ける原因、負けないようにする方法…色々気付かさせられてきました。チームマネジメント、ゲームマネジメント、何となく形になってきたかと思う10年間でした。さらに、ステップアップして、甲子園に行くメソッドを確立したいと思う次の10年間かと思います。初心忘るべからず…今年は、夏休みの仕込みが十分ではないので、濃縮していかないといけません。無駄な練習をしないように考えて、取捨選択の日々です。限られた条件下で、創意工夫を求められていると思います。
 そんな日に、ジンバブエ から中古道具のお礼の手紙が届きました。いつもお世話になっている田村コピーのユニフォーム、健大高崎のヘルメット、東京都高野連から頂いたボールなどなど多数送りました。モーリス会長も写真に写ってました。オリンピックで日本が優勝しましたが、参加国が6ヵ国じゃ…悲しいお知らせです。早く野球が、サッカーのようにグローバルスポーツになるように!その担い手を輩出するチーム、そういう活動に共感してもらえる仲間を増やすために、甲子園に行き、普段の取り組みを取り上げて頂けるチーム、そういうプロ野球選手を輩出するチームになります! エース大槇、プロ志望届を出しました!祈ります!

2021年08月13日

ちわっ!
ちわっ!

ちわっ!

出たっ!

出たっ!

順調です

順調です

ヒマワリと朝顔

ヒマワリと朝顔

茎が太い❗️

茎が太い❗️

新チームになり、またまた仕込みの時間です。美味いラーメンを作るのと同じ、寸胴に色々な物を入れ、秘伝の食材・スパイスを加えていきます。まだまだ染み込んでいませんが、あとは時間をかけて煮込むだけ。途中で、灰汁(悪)をとります…。仕込みの第一段階終了を確認しようと山口遠征を計画してましたが、大雨とコロナ感染拡大で中止。雨が、未だに降り続いており、西日本豪雨災害を思い出してしまいます…まだまだ雨が続くようですが…避難の準備は早めにしましょう。
 今朝グラウンドが心配で、朝早く様子を見に行きました。マネージャーが土を耕すところから始めて、ヒマワリを育てました。ただ昨年のひょろひょろヒマワリの失敗を修正したのでしょう、今年は茎が太い。手をかけ過ぎたり、失敗しそうだから先回りしてしまうと、自ら生きようとする力が無くなります。ギリギリまで、我慢我慢。前々回、紹介したように一本は化け物のように育ちました。日向がいい、土がいいから、水をあげたから育つ訳ではありません。過保護にすればするだけ、芯の細いスカスカになりやすいです。人を育てるのと同じ。そんな話を選手達にするのも、この頃の恒例行事。ちなみに、ヒマワリは「はるかのヒマワリ」の子孫。そのヒマワリに絡みついているのは「命の朝顔」の子孫です。ヒマワリは、神戸淡路大震災で亡くなった、はるかちゃんのお母さんが、あの災害を忘れないで欲しくて種をわけています。朝顔は、小児白血病で亡くなった子供が残したものを、ご家族が種分けをされています。ヒマワリは、天皇が皇居でも育てています。つまり両方とも、ただの花ではないのです。そんな由来を説明しながら、花や木は、暑い寒い、雨だ風だ、腹減った…云々などと文句、不平不満は言わない。耐えて耐えて、ひたすら耐えて、来るべき時に花を咲かせようとする。中には、枯れ果てるのもあるし、同じように育てても、茎の太いの細いのもあると話をします。同じ日に入部しても成長の度合いは違うんです。自らの力で伸びようとする者が伸び、人に育て育てと手をかけられ過ぎ、自らの意志の無い者は、茎の細い、花の重さにすら耐えられない、添え木なしでは立つことすらままならないものになります。大きくなくても、茎の太い、小さくても明るい花を咲かす方が良いと思います。花を題材に、自らの覚悟と決意、そして行動が大切だと話をしました。自力で生き抜く力が欲しいですねー。バッターボックスの中、マウンドの上で親も指導者も仲間も、誰も助けてくれません。花や木に学び、自然の過酷さ強さ、逞しさを感じて欲しいです。コンビニで賞味期限の文字で、食品の状態を判断するような人間では、すでに生き抜く力がなくなっています。世の中、そんなに甘くないんです。食うか食われるかのビジネスの世界にいたので、いつもそう思います。野球で飯が食える人は、ごく僅か。100年に一度のパンデミック、間もなくやってくる南海トラフ、何でもかんでも「普通なら…一般的に言うと…」「例年通りなら…」「安定が…」なんて言ってる奴は終わりです。せめて世に出ても生き残る力は身につけて欲しいと思います。だから今、耐えることが強い根っこを作ります。まだまだ出来る、何でも出来る、必ず出来る!

2021年07月27日

鳴き切りました

大会が始まり、いきなり強豪校の玉野光南、学芸館をコールド勝ちし、波に乗り準々決勝、準決勝もコールド勝ちで決勝へ!秋・春優勝し、県内負けなしの絶対王者 創志学園が、準決勝で敗退。伝統校の倉敷商業との対戦。先制したのは良かったのですが…最終的には6-7でサヨナラ負け。翌日が誕生日だった私に、選手達は、甲子園のプレゼントと大好物のアップルパイを用意してくれてたみたいで…申し訳なくて…。
 普段3割前後しか打たない打線が、4割2分以上うち、準決勝まで全試合コールド勝ち。優勝していれば、様々な記録になっていたそうです。普段以上の力を出せたのも、ベンチ外の3年生や下級生達の献身的なサポートのおかげです。残念な結果ではありましたが、2週間、鳴き切れたのではないでしょうか…。この3年生達は、過去5年間みても最弱世代と呼んでましたが、過去最高に伸びた世代になりました。入学して直ぐに、私はオリンピック予選のため不在。もし、予選で勝っていたら、今頃は福島県でサムライジャパンと対戦。今回の準優勝は、どうなっていたのか…。少し、あと少し足りなかった事を、次のステージでは、準備万端で最高に幸せになってもらえたらと思います。まだ10代後半、人生100年なら、まだ一回の裏。ドラマは最後まで分かりません。

たくさんのOB、ファンの方々の応援有難うございました。1人1人にご挨拶出来なかったので、この場を借りて御礼を伝えさせて頂きます。有難うございました、次こそ行きます!

2021年07月10日

開幕❗️
ジャンボヒマワリ!夏だぜ〜!

ジャンボヒマワリ!夏だぜ〜!

開幕‼️

開幕‼️

ゲリラ豪雨!

ゲリラ豪雨!

雨もへっちゃら

雨もへっちゃら

自ら育て!ジャンボに負けるな

自ら育て!ジャンボに負けるな

いよいよ開幕です!2週間のサバイバルが始まりました。開会式前日も大雨。真備の水害を思い出してしまいます…あの時は大変でした。
 また残念ながら、最終調整の練習試合もできませんでした…。ただ今年は3月に完成した室内練習場があるので、練習はできました。ありがたやーありがたやーです。そして梅雨明けとともに、はるかちゃんの向日葵が咲きました。一輪だけ巨大化!マネージャーによると、昨年、落ちた種が残ってたのかもと言ってました。本当に大きくて、茎も太い! 昨年の崖のヒマワリ同様、手をかけ、肥料を与え、過保護に育てると弱々しいものになります。選手育成と同じ、厳しい環境で、自らの力で育たないといけません。口出し、先回りは厳禁。我慢我慢、忍の一字。立って木のしたから見るで親。漢字はよく出来てますねー。
 

2021年06月30日

鉛筆になりたい⁉️

私、朝のウォーキングからラジオ族なんですが、面白い話を聞きました。鉛筆のような人になれ!何のこっちゃ、と思いながら聞いてると…「鉛筆には太い芯がある、そんな強い芯を持った人になれ。それと同時に芯のまわりには木(気)を使いなさい」…なるほど、最近の人は、鉛筆使わず、シャーペンばかり使うから、細い芯でポキポキ折れるのか…。
! ふとグラウンドに行くと、昨年は崖に生えてたようなジャンボひまわりのようなのが、ニョキニョキ育ってます。まわりにはチビ助達が顔を出してきました。ジャンボは、マネージャーが種を撒いたのではなく、おそらく昨年のヒマワリから自然と落ちた種が自生したそうです。天然もの。昨年の崖のヒマワリと同じ。増田って名前つけましたが…。 今年は、どんな花が咲くのか…昨年はベスト4でしたが、みんな出し切りました。鉛筆のように強い芯を持ち、まわりに気を使い今年も出しきれますように!

>>>>>>> master