<<<<<<< HEAD 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2020年02月07日

㊗️10万スウィング!

12月6日に、久しぶりに開始した荒行10万スウィング!見事に、2人ともMission complete!  長い長い孤独との闘い、2月7日の夕方 完遂! 辛かった、飽きた、手が痛い、終わりは来るのか…様々な、想いがあったでしょう。一人でしたら、途中で心が折れてたでしょう。アイツ、まだ振るのか、負けてたまるか、なにくそ!って思ったこともあったでしょう。先代の三代治先生が遺してくれた言葉が雨天練習場の屋根にあります「争友一如」。競い合い、叱咤激励してくれる友が1つであること、切磋琢磨しあうと合致します。苦楽を友にしたバットは思い出にプレゼント。大人になって、辛い時に見れば、どんな事でも乗り越えられるはず! トスをあげてくれた仲間にも感謝。ラスト50スウィングは、仲間が見守る中、カウントダウン。目頭が熱くなった選手もいました。
 ただ、10万スウィングが目的ではありません。試合で活躍するための手段でしかありません。試合で勝つのも、甲子園で我々の活動を知って頂くための手段。さぁ、どんな結末が待っているのか!
 

2020年02月04日

鬼は外福は内
私が鬼です

私が鬼です

きゃー!鬼だ!

きゃー!鬼だ!

鬼退治!

鬼退治!

トドメを!

トドメを!

今年も節分。冬と春を分けるそうですが、今年は経験したことのないような暖冬。スキー教室も行けるのか不安なぐらいの暖かさ。でも、いつもの赤鬼はきました。今年は、マネージャーを襲う乱暴振り。それを救う部員達。1人では何も出来ない腰抜け軍団も、集団になると強い。あえなく鬼は退散。見事、マネージャーは救われました。時々、鬼が勝っても良いかなぁ…。
 魔を滅するから、豆を撒き始めたとか…。早く来い来い、春よ来い! この仕返しは、きっちりさせて頂きます。グラウンドの災難は追い出し、福がグラウンドに訪れますように!

綱引き!

綱引き!

マット運動

マット運動

壁あて

壁あて

年末、連絡を頂き、本校野球場で、中体連と高野連の野球体験会が開催されました。近隣の中学生120人、高校は7校から120人の合計240人の大掛かりなイベントでした。なぜ、ウチが選ばれたかと言うと、グラウンドが3面あるたまけではなく、中学校の先生方から山陽の多彩な練習メニューが見たいとの声が多かったとか…嬉しい限りです。

アップは綱引き 高校生VS中学生もありの総当たり。その後は、4グループに分かれて打撃→壁当て アジリティ ラダー→ノック→パルクール・雲梯・ふり付き懸垂・テニスボール体幹腕立て伏せ・マット運動など。を20分でローテーション。各ブースに高校生が一緒にやり、見本を見せ、褒めながらアドバイスなどして、終始楽しそうにやってました。その後、各中学校に高校生が入り座談会。話しやすいように、指導者は近づかないようにしましした(^^)

伝える難しさ、伝わった時の喜び、自分自身の動きや技術の確認になったと言ってました。次回、中体連と高野連の懇親会がありますので、連盟からの活動報告があるかと思います。保護者が来るかと思って、火を何箇所か用意しましたが、1人・2人しかおらず、西先生が使ってくれただけでした。
親の関心がないのも野球人口が増えない要因だと思いました。
!週が明け、知り合いの中学校の先生から、生徒が楽しかった〜って言うてた。全身筋肉痛やわって笑ってた…と聞きました。また、やります!

2020年01月30日

令和式…
オレャー

オレャー

アラヨット!

アラヨット!

秘密基地

秘密基地

ダッー!

ダッー!

蚊

冬真っ盛り、どの学校も冬練と称される厳しい練習をしてる事でしょう。毎年、何か急に上手くなる練習はないか、身体が強くなるメニューはないかと悩む時期。すると、積み重なりドンドン負荷が大きくなっていきます。まるで、プロレスで、昔は空手チョップで試合が決まっていたのに、今ではパワーボムでも立ち上がる世の中になってしまったような感じでしょうか。人間は飽き、より強い刺激を求めます。しかし、時代は新年号 令和。変化の年。色々考えて、一度 断捨離。昨年1年は、知らぬ間に甲子園の成功例をなぞろうとしていました。同じ人間ではありません。相手も変わります。ならば、こちらも変わらねば。そう思うと、不思議と人やアイデアが集まってきます。ようやく、甲子園の呪縛けら離れ、細胞が活性化してきました! 雲梯やハンマー、単管パイプを切り繋げて新マシーン、今まであった物もありますが、少し使い方、捉え方を変化させてます。より、実動作に直結させたメニューを取り入れました。
 それにしても、冬が温かい。部屋には蚊がいました…これも変化なのか。破壊と創造、変化。今年は何が起きるのか、楽しみです。

2020年01月30日

人のご縁しかない!

年始も、年末に負けず劣らず来客があります。興譲館OBの細間君、2年前にグアテマラに派遣された協力隊員。見送る時には、「生きて帰って来いよ〜」と言いました。その意味が分からなかったと思いますが…たくましくなって帰国しました!帰国2週間で身体もたくましくなってしまってました(笑)。任期中、野球選手の鞄から拳銃が出てきたとか、少年ギャングが3000円の小遣いで人を殺すとか、日本人には分かり得ない話を聞かせてくれました。帰国後は、すぐに某球団の中南米担当アシスタントスカウトに内定したとか…。スペイン語が話せるから、そういう仕事に就けた訳ではありません。その過程での彼の行動力、そのエネルギーに集まった人々との出会い。楽しい時間を過ごせました。すると、10数年あっていない阪長さんと繋がりました。最近、球数制限や指導者のあり方で、色々マスコミに出ている次世代の野球界の中心になる方でしょう。しかも、奥様が井原市の方とか…話は広がり、繋がる。不思議です。
 週末、中学生チームに挨拶に行くとハンサムなコーチが見たことあるような練習をしていました。アンドレでした。なんとボーイズリーグの代表に就任したとか。全国最年少でしょう!卒業後は、海外に仕事行って人としての経験を積んでから、日本の英語の先生になりたいとか、色々な形で野球普及に携わる人材が出て最高です! 虹のように、未来につながってくれ〜❗️

======= 硬式野球 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式野球

体育系

2020年02月07日

㊗️10万スウィング!

12月6日に、久しぶりに開始した荒行10万スウィング!見事に、2人ともMission complete!  長い長い孤独との闘い、2月7日の夕方 完遂! 辛かった、飽きた、手が痛い、終わりは来るのか…様々な、想いがあったでしょう。一人でしたら、途中で心が折れてたでしょう。アイツ、まだ振るのか、負けてたまるか、なにくそ!って思ったこともあったでしょう。先代の三代治先生が遺してくれた言葉が雨天練習場の屋根にあります「争友一如」。競い合い、叱咤激励してくれる友が1つであること、切磋琢磨しあうと合致します。苦楽を友にしたバットは思い出にプレゼント。大人になって、辛い時に見れば、どんな事でも乗り越えられるはず! トスをあげてくれた仲間にも感謝。ラスト50スウィングは、仲間が見守る中、カウントダウン。目頭が熱くなった選手もいました。
 ただ、10万スウィングが目的ではありません。試合で活躍するための手段でしかありません。試合で勝つのも、甲子園で我々の活動を知って頂くための手段。さぁ、どんな結末が待っているのか!
 

2020年02月04日

鬼は外福は内
私が鬼です

私が鬼です

きゃー!鬼だ!

きゃー!鬼だ!

鬼退治!

鬼退治!

トドメを!

トドメを!

今年も節分。冬と春を分けるそうですが、今年は経験したことのないような暖冬。スキー教室も行けるのか不安なぐらいの暖かさ。でも、いつもの赤鬼はきました。今年は、マネージャーを襲う乱暴振り。それを救う部員達。1人では何も出来ない腰抜け軍団も、集団になると強い。あえなく鬼は退散。見事、マネージャーは救われました。時々、鬼が勝っても良いかなぁ…。
 魔を滅するから、豆を撒き始めたとか…。早く来い来い、春よ来い! この仕返しは、きっちりさせて頂きます。グラウンドの災難は追い出し、福がグラウンドに訪れますように!

綱引き!

綱引き!

マット運動

マット運動

壁あて

壁あて

年末、連絡を頂き、本校野球場で、中体連と高野連の野球体験会が開催されました。近隣の中学生120人、高校は7校から120人の合計240人の大掛かりなイベントでした。なぜ、ウチが選ばれたかと言うと、グラウンドが3面あるたまけではなく、中学校の先生方から山陽の多彩な練習メニューが見たいとの声が多かったとか…嬉しい限りです。

アップは綱引き 高校生VS中学生もありの総当たり。その後は、4グループに分かれて打撃→壁当て アジリティ ラダー→ノック→パルクール・雲梯・ふり付き懸垂・テニスボール体幹腕立て伏せ・マット運動など。を20分でローテーション。各ブースに高校生が一緒にやり、見本を見せ、褒めながらアドバイスなどして、終始楽しそうにやってました。その後、各中学校に高校生が入り座談会。話しやすいように、指導者は近づかないようにしましした(^^)

伝える難しさ、伝わった時の喜び、自分自身の動きや技術の確認になったと言ってました。次回、中体連と高野連の懇親会がありますので、連盟からの活動報告があるかと思います。保護者が来るかと思って、火を何箇所か用意しましたが、1人・2人しかおらず、西先生が使ってくれただけでした。
親の関心がないのも野球人口が増えない要因だと思いました。
!週が明け、知り合いの中学校の先生から、生徒が楽しかった〜って言うてた。全身筋肉痛やわって笑ってた…と聞きました。また、やります!

2020年01月30日

令和式…
オレャー

オレャー

アラヨット!

アラヨット!

秘密基地

秘密基地

ダッー!

ダッー!

蚊

冬真っ盛り、どの学校も冬練と称される厳しい練習をしてる事でしょう。毎年、何か急に上手くなる練習はないか、身体が強くなるメニューはないかと悩む時期。すると、積み重なりドンドン負荷が大きくなっていきます。まるで、プロレスで、昔は空手チョップで試合が決まっていたのに、今ではパワーボムでも立ち上がる世の中になってしまったような感じでしょうか。人間は飽き、より強い刺激を求めます。しかし、時代は新年号 令和。変化の年。色々考えて、一度 断捨離。昨年1年は、知らぬ間に甲子園の成功例をなぞろうとしていました。同じ人間ではありません。相手も変わります。ならば、こちらも変わらねば。そう思うと、不思議と人やアイデアが集まってきます。ようやく、甲子園の呪縛けら離れ、細胞が活性化してきました! 雲梯やハンマー、単管パイプを切り繋げて新マシーン、今まであった物もありますが、少し使い方、捉え方を変化させてます。より、実動作に直結させたメニューを取り入れました。
 それにしても、冬が温かい。部屋には蚊がいました…これも変化なのか。破壊と創造、変化。今年は何が起きるのか、楽しみです。

2020年01月30日

人のご縁しかない!

年始も、年末に負けず劣らず来客があります。興譲館OBの細間君、2年前にグアテマラに派遣された協力隊員。見送る時には、「生きて帰って来いよ〜」と言いました。その意味が分からなかったと思いますが…たくましくなって帰国しました!帰国2週間で身体もたくましくなってしまってました(笑)。任期中、野球選手の鞄から拳銃が出てきたとか、少年ギャングが3000円の小遣いで人を殺すとか、日本人には分かり得ない話を聞かせてくれました。帰国後は、すぐに某球団の中南米担当アシスタントスカウトに内定したとか…。スペイン語が話せるから、そういう仕事に就けた訳ではありません。その過程での彼の行動力、そのエネルギーに集まった人々との出会い。楽しい時間を過ごせました。すると、10数年あっていない阪長さんと繋がりました。最近、球数制限や指導者のあり方で、色々マスコミに出ている次世代の野球界の中心になる方でしょう。しかも、奥様が井原市の方とか…話は広がり、繋がる。不思議です。
 週末、中学生チームに挨拶に行くとハンサムなコーチが見たことあるような練習をしていました。アンドレでした。なんとボーイズリーグの代表に就任したとか。全国最年少でしょう!卒業後は、海外に仕事行って人としての経験を積んでから、日本の英語の先生になりたいとか、色々な形で野球普及に携わる人材が出て最高です! 虹のように、未来につながってくれ〜❗️

>>>>>>> master