<<<<<<< HEAD スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系
全国青年弁論大会@高野山東京別院

全国青年弁論大会@高野山東京別院

想いを届けます!

想いを届けます!

優秀賞、おめでとう♪

優秀賞、おめでとう♪

 11月10日に東京で行われた第64回文部科学大臣杯 全国青年弁論大会 中高生の部に佐藤美咲さんが出場しました。全国から審査を通過した40名の弁士が集い、競弁を行います。その結果、佐藤さんが見事「第3位 優秀賞・東京都港区教育委員会教育長賞・日本弁論連盟会長賞」を獲得しました。
 今回の会場は、高野山東京別院本堂。普段であれば、大きな声など決して出せない場所ですし、とても厳かな場所ということもあり、リハーサルの時からとても緊張していた佐藤さん。弁論発表順を決める抽選会では、なんと「1番」をひいてしまい落ち込んでいましたが、みんなから「発表順1番おめでとう」の声に気持ちが吹っ切れたようで、笑顔で「有難うございます」と答えていました。懇親会では、製菓科で学んできたお菓子を作って皆に振る舞い、会場を和やかな雰囲気に変えてくれました。そして、本番当日は、会場内は聴衆でいっぱいとなり、立ち見もいるほどの人の多さ。そんな中、「あなたらしい弁論をしておいで」と送り出すと、笑顔で「頑張ります!!」と気合いの入った声を聴かせてくれました。そして、本番は、誰よりも堂々と気持ちの良い弁論を披露してくれました。弁論大会終了後には、審査員の先生方や聴衆の方々など、多くの方からお褒めの言葉やアドバイスなど有難い言葉を頂きました。その言葉を糧にして、次の大会でも頑張ってくれるはずです。次の大会も笑顔で終われるように、後悔のないように、前に進んでいきましょう。

団体の部 9連覇 おめでとう!!!

団体の部 9連覇 おめでとう!!!

全国大会出場決定 おめでとう!!!

全国大会出場決定 おめでとう!!!

 10月3日に岡山県高等学校弁論大会が行われ、県内から7校15名が出場し競弁を行った結果、団体の部で9年連続で「優勝」することができました。個人の部では、藤井莉子さんが「優秀賞・国際ソロプチミスト岡山さつき賞」を受賞し、来年度8月に高知県で行われる総文祭弁論部門への出場権を獲得しました。
 今回、思うような結果が出ず、涙を流した部員もたくさんいます。しかし、今回の結果は今回の結果。審査員、発表順、聴衆が変われば、結果も変わってきます。たとえ今回納得がいかなくても、下を向かず、皆で協力しあいながら上を目指して頑張っていきましょう。次は、悔し涙ではなく、嬉し涙を流せるように、全力でみんなをサポートします。みんなが笑顔で弁論ができるように、一緒に頑張っていきましょう。
 今回、会場まで応援に来てくださった保護者の皆様、本当に有難うございました。部員たちは、毎日練習を欠かさず頑張ってきました。本番は緊張しながらも、いつも以上に堂々と、そして聴衆一人ひとりに想いを届けようと一生懸命に弁論をしてくれました。そんな部員達を本当に誇りに思います。「弁論をしていて良かった」と部員達が思ってくれるように、これからも部員達と一緒に頑張っていこうと思います。ご家庭でも温かく見守っていただきながら、また大会で成長した部員たちの姿を見ていただけたらと思います。

体育祭では放送を担当しました

体育祭では放送を担当しました

 体育祭でスピーチ部員たちは、放送を担当しました。開会式やプログラムの紹介、そして、競技の実況など、いつも自分で考えた原稿を読むのとは違うため、戸惑っていた部員達。しかし、時間がたつにつれて慣れてきたのか、マイクの持ち方や話し方、声の大きさや言葉の選び方など、自分なりに工夫をして、最後まで頑張って放送をしてくれました。部員達は、放送を担当しながら、リレーや大縄跳び、応援合戦や空手道演技でも大活躍していました。体育祭を通して、人前で話す度胸も少しはついたはず。いよいよ、10月は県大会が行われます。みんなで頑張って練習していきましょう。

全国ライブ出場決定おめでとう♪

全国ライブ出場決定おめでとう♪

 9月22日に岡山市で「ナキワラ!2019 中国地区選考会」が行われました。岡山県代表として藤井莉子さん、そして広島県代表として佐藤美咲さんがエントリーされました。そして、選考の結果、中国地区代表として、藤井さんが12月8日(日)に名古屋(Zepp Nagoya)で行われる全国ライブに出場が決定しました。全国ライブへは、3年連続出場となります。全国ライブに向けてこれからも頑張っていきましょう。

優勝おめでとう♪

優勝おめでとう♪

初めての大会でも堂々と弁論できました!!

初めての大会でも堂々と弁論できました!!

緊張しながらもよく頑張りました!

緊張しながらもよく頑張りました!

司会も頑張りました

司会も頑張りました

突然のインタビューにもしっかり答えられました

突然のインタビューにもしっかり答えられました

 9月1日に福山市で行われた「ナキワラ!2019 広島県ライブ」の主張部門に3名が出場しました。岡山県ライブとは違い、ライブハウスで行われた今回は、スタンディングの会場ということもあり、聴衆の方との距離が近く、いつも以上に緊張していましたが、皆堂々とした態度で弁論を披露することができました。その結果、優勝は佐藤美咲さん、2位に小林慎乃祐くん、3位に高根彩歌さんに決まり、22日に行われる中国地区選考会には佐藤さんが進むことに決定しました。そして、今回の広島県ライブでも、主張部門に出場するだけではなくて、少しだけでしたが、司会もさせていただきました。聴いてくださる方が分かりやすいように、上手に司会もできていました。
 そして、嬉しいことが、もう1点。卒業生がライブ会場まで応援に駆け付けてくれました。先日高校まで挨拶に来てくれたO君に、「時間があったら、後輩の頑張っている姿を見に来てあげて」と伝えると、ライブ当日に「今から行きます!!」との連絡が。ナキワラのスタッフさんたちも成長したO君が来てくれたことを本当に喜んでいました。本当にありがとう。また、後輩たちの頑張る姿を見に、部活にも来てください。
スピーチ卒業生のみんな、いつでも帰ってきてください。成長したみんなに会えるのを楽しみにしています。

======= スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系
全国青年弁論大会@高野山東京別院

全国青年弁論大会@高野山東京別院

想いを届けます!

想いを届けます!

優秀賞、おめでとう♪

優秀賞、おめでとう♪

 11月10日に東京で行われた第64回文部科学大臣杯 全国青年弁論大会 中高生の部に佐藤美咲さんが出場しました。全国から審査を通過した40名の弁士が集い、競弁を行います。その結果、佐藤さんが見事「第3位 優秀賞・東京都港区教育委員会教育長賞・日本弁論連盟会長賞」を獲得しました。
 今回の会場は、高野山東京別院本堂。普段であれば、大きな声など決して出せない場所ですし、とても厳かな場所ということもあり、リハーサルの時からとても緊張していた佐藤さん。弁論発表順を決める抽選会では、なんと「1番」をひいてしまい落ち込んでいましたが、みんなから「発表順1番おめでとう」の声に気持ちが吹っ切れたようで、笑顔で「有難うございます」と答えていました。懇親会では、製菓科で学んできたお菓子を作って皆に振る舞い、会場を和やかな雰囲気に変えてくれました。そして、本番当日は、会場内は聴衆でいっぱいとなり、立ち見もいるほどの人の多さ。そんな中、「あなたらしい弁論をしておいで」と送り出すと、笑顔で「頑張ります!!」と気合いの入った声を聴かせてくれました。そして、本番は、誰よりも堂々と気持ちの良い弁論を披露してくれました。弁論大会終了後には、審査員の先生方や聴衆の方々など、多くの方からお褒めの言葉やアドバイスなど有難い言葉を頂きました。その言葉を糧にして、次の大会でも頑張ってくれるはずです。次の大会も笑顔で終われるように、後悔のないように、前に進んでいきましょう。

団体の部 9連覇 おめでとう!!!

団体の部 9連覇 おめでとう!!!

全国大会出場決定 おめでとう!!!

全国大会出場決定 おめでとう!!!

 10月3日に岡山県高等学校弁論大会が行われ、県内から7校15名が出場し競弁を行った結果、団体の部で9年連続で「優勝」することができました。個人の部では、藤井莉子さんが「優秀賞・国際ソロプチミスト岡山さつき賞」を受賞し、来年度8月に高知県で行われる総文祭弁論部門への出場権を獲得しました。
 今回、思うような結果が出ず、涙を流した部員もたくさんいます。しかし、今回の結果は今回の結果。審査員、発表順、聴衆が変われば、結果も変わってきます。たとえ今回納得がいかなくても、下を向かず、皆で協力しあいながら上を目指して頑張っていきましょう。次は、悔し涙ではなく、嬉し涙を流せるように、全力でみんなをサポートします。みんなが笑顔で弁論ができるように、一緒に頑張っていきましょう。
 今回、会場まで応援に来てくださった保護者の皆様、本当に有難うございました。部員たちは、毎日練習を欠かさず頑張ってきました。本番は緊張しながらも、いつも以上に堂々と、そして聴衆一人ひとりに想いを届けようと一生懸命に弁論をしてくれました。そんな部員達を本当に誇りに思います。「弁論をしていて良かった」と部員達が思ってくれるように、これからも部員達と一緒に頑張っていこうと思います。ご家庭でも温かく見守っていただきながら、また大会で成長した部員たちの姿を見ていただけたらと思います。

体育祭では放送を担当しました

体育祭では放送を担当しました

 体育祭でスピーチ部員たちは、放送を担当しました。開会式やプログラムの紹介、そして、競技の実況など、いつも自分で考えた原稿を読むのとは違うため、戸惑っていた部員達。しかし、時間がたつにつれて慣れてきたのか、マイクの持ち方や話し方、声の大きさや言葉の選び方など、自分なりに工夫をして、最後まで頑張って放送をしてくれました。部員達は、放送を担当しながら、リレーや大縄跳び、応援合戦や空手道演技でも大活躍していました。体育祭を通して、人前で話す度胸も少しはついたはず。いよいよ、10月は県大会が行われます。みんなで頑張って練習していきましょう。

全国ライブ出場決定おめでとう♪

全国ライブ出場決定おめでとう♪

 9月22日に岡山市で「ナキワラ!2019 中国地区選考会」が行われました。岡山県代表として藤井莉子さん、そして広島県代表として佐藤美咲さんがエントリーされました。そして、選考の結果、中国地区代表として、藤井さんが12月8日(日)に名古屋(Zepp Nagoya)で行われる全国ライブに出場が決定しました。全国ライブへは、3年連続出場となります。全国ライブに向けてこれからも頑張っていきましょう。

優勝おめでとう♪

優勝おめでとう♪

初めての大会でも堂々と弁論できました!!

初めての大会でも堂々と弁論できました!!

緊張しながらもよく頑張りました!

緊張しながらもよく頑張りました!

司会も頑張りました

司会も頑張りました

突然のインタビューにもしっかり答えられました

突然のインタビューにもしっかり答えられました

 9月1日に福山市で行われた「ナキワラ!2019 広島県ライブ」の主張部門に3名が出場しました。岡山県ライブとは違い、ライブハウスで行われた今回は、スタンディングの会場ということもあり、聴衆の方との距離が近く、いつも以上に緊張していましたが、皆堂々とした態度で弁論を披露することができました。その結果、優勝は佐藤美咲さん、2位に小林慎乃祐くん、3位に高根彩歌さんに決まり、22日に行われる中国地区選考会には佐藤さんが進むことに決定しました。そして、今回の広島県ライブでも、主張部門に出場するだけではなくて、少しだけでしたが、司会もさせていただきました。聴いてくださる方が分かりやすいように、上手に司会もできていました。
 そして、嬉しいことが、もう1点。卒業生がライブ会場まで応援に駆け付けてくれました。先日高校まで挨拶に来てくれたO君に、「時間があったら、後輩の頑張っている姿を見に来てあげて」と伝えると、ライブ当日に「今から行きます!!」との連絡が。ナキワラのスタッフさんたちも成長したO君が来てくれたことを本当に喜んでいました。本当にありがとう。また、後輩たちの頑張る姿を見に、部活にも来てください。
スピーチ卒業生のみんな、いつでも帰ってきてください。成長したみんなに会えるのを楽しみにしています。

>>>>>>> master