<<<<<<< HEAD スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系

12月25日(金) スピーチ同好会2名がRSK山陽放送ラジオに生出演します。
『朝です。全員起立!』の番組に3回出演します。
① 7時15分~ 8分間

② 7時30分~ 8分間
③ 7時59分~ 1分間
是非、聴いてやって下さい。

今年1年本当によく頑張りました!!

今年1年本当によく頑張りました!!

 今日行われた終業式では、2学期に出場した弁論大会の表彰をしていただきました。みんなが頑張って獲得してきた表彰状・盾・杯を並べてみると、長机に乗り切らないほどの数。今年は本当に色々な部員が、与えられたチャンスを上手に自分のものにしていたと思います。
 1年生のアンドレ君は、山陽新聞に論文「感謝の心で」が掲載されてから、NHKの全国放送でも論文が取り上げられるなど、言葉の力を実感しました。2年生の羽﨑さんは初めて弁論大会に挑戦し、きっちりと結果を残してくれました。岡川君は、野球部&生徒会長として忙しい中、毎日全力で練習に励んで「継続は力なり」を部員みんなに示してくれました。栗子さんは、今年始めたばかりの弁論ですが、3つの全国大会に出場し、全大会で入賞をすることができました。最後に3年生の藤井さんは、スピーチの部員を上手くまとめ、後輩の指導も丁寧にしてくれました。今年、このような素晴らしい結果になったのも、藤井さんの弁論経験者としての後輩指導があったからだと思います。結果は2年間で県大会でも全国大会でも「優勝」を経験し、頼りになる存在に成長してくれました。
 この他にも頑張ってくれた部員が沢山いますが、部員全員が納得のいく結果だったわけではありません。しかし、どのような結果でも、弁論で経験したことはこれからの人生で無駄になることはありません。どんなことがあっても、今自分たちにできることを一生懸命して、皆で前を向いて進んでいきましょう。
 今年度の大会は12月で一段落しました。1月からは、来年度に向けて、それぞれが次の原稿を書くための題材探しをし、原稿を書き始めます。弁論の活動を通して、さらに自分自身を成長させていきましょう。

第54回全国高等学校弁論大会出場

第54回全国高等学校弁論大会出場

「優秀賞」受賞

「優秀賞」受賞

 12月4日(金)に大分県中津市で、「福澤諭吉記念 第54回全国高等学校弁論大会」が開催されました。全国から29名の弁士が出場し、本校からは栗子紗和乃さんが出場しました。
 その結果、見事「優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞」(上から2番目の賞)を受賞することが出来ました。栗子さんは、目標をしっかり持って日々の練習に励んできた努力家です。大会当日は、会場の雰囲気に少し緊張していましたが、壇上では堂々とした姿で、いつも通りの弁論をすることができました。あの広い会場・たくさんの聴衆の方がいる中でいつも通りの弁論をしようと思ったら、とても大変なことです。しかし、毎日の練習を本番だと思って練習していたからこそ、今回の良い結果につながったのだと思います。
 来年度は、さらなる上を目指して、今日からまた頑張っていきます。みなさん、応援をお願いいたします。

団体の部 5連覇!! 個人の部 3連覇!!

団体の部 5連覇!! 個人の部 3連覇!!

 11月13日(金)に総社南高等学校で第24回岡山県高等学校弁論大会が行われました。その結果、個人の部で栗子紗和乃さんが「優勝」、藤井美咲さんが「優秀賞・国際ソロプチミスト岡山さつき賞」、岡川和意君と羽﨑まゆさんが「優秀賞」を受賞し、出場者全員が見事入賞することができました。そして、栗子さんは、来年度の全国大会出場も決定しています。また、団体の部でも、5年連続で「優勝」することができました。
 今回、このような良い成績がとれたのも、毎日の練習を欠かさず、皆で励ましあいながら努力してきた結果だと思います。3年生はこれで引退ですが、今まで本当にみんなを勇気づけ、まとめてくれました。本当にありがとう。これからは、残った部員で、今年以上の成績がとれるように協力して頑張っていきましょう。
 これからも応援をよろしくお願いいたします。

全国青年弁論大会

全国青年弁論大会

全国青年弁論大会出場

全国青年弁論大会出場

優良賞受賞

優良賞受賞

 11月3日(火)に、高野山大師教会で「第60回文部科学大臣杯 全国青年弁論大会」が行われ、栗子紗和乃さん(機械科2年)が出場しました。全国から各県の予選や原稿審査を勝ち抜いた中高生23名と一般(大学生~40歳)12名が出場しましたが、栗子さんは見事「優良賞」(上から3番目の賞)を受賞しました。
 大会終了後は、聴衆の方や審査員の方など多くの方から声をかけていただき、お褒めの言葉を頂きました。この言葉を励みに、次の大会でも聴衆の方の心に届く弁論を目指して頑張っていきます。

======= スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系

12月25日(金) スピーチ同好会2名がRSK山陽放送ラジオに生出演します。
『朝です。全員起立!』の番組に3回出演します。
① 7時15分~ 8分間

② 7時30分~ 8分間
③ 7時59分~ 1分間
是非、聴いてやって下さい。

今年1年本当によく頑張りました!!

今年1年本当によく頑張りました!!

 今日行われた終業式では、2学期に出場した弁論大会の表彰をしていただきました。みんなが頑張って獲得してきた表彰状・盾・杯を並べてみると、長机に乗り切らないほどの数。今年は本当に色々な部員が、与えられたチャンスを上手に自分のものにしていたと思います。
 1年生のアンドレ君は、山陽新聞に論文「感謝の心で」が掲載されてから、NHKの全国放送でも論文が取り上げられるなど、言葉の力を実感しました。2年生の羽﨑さんは初めて弁論大会に挑戦し、きっちりと結果を残してくれました。岡川君は、野球部&生徒会長として忙しい中、毎日全力で練習に励んで「継続は力なり」を部員みんなに示してくれました。栗子さんは、今年始めたばかりの弁論ですが、3つの全国大会に出場し、全大会で入賞をすることができました。最後に3年生の藤井さんは、スピーチの部員を上手くまとめ、後輩の指導も丁寧にしてくれました。今年、このような素晴らしい結果になったのも、藤井さんの弁論経験者としての後輩指導があったからだと思います。結果は2年間で県大会でも全国大会でも「優勝」を経験し、頼りになる存在に成長してくれました。
 この他にも頑張ってくれた部員が沢山いますが、部員全員が納得のいく結果だったわけではありません。しかし、どのような結果でも、弁論で経験したことはこれからの人生で無駄になることはありません。どんなことがあっても、今自分たちにできることを一生懸命して、皆で前を向いて進んでいきましょう。
 今年度の大会は12月で一段落しました。1月からは、来年度に向けて、それぞれが次の原稿を書くための題材探しをし、原稿を書き始めます。弁論の活動を通して、さらに自分自身を成長させていきましょう。

第54回全国高等学校弁論大会出場

第54回全国高等学校弁論大会出場

「優秀賞」受賞

「優秀賞」受賞

 12月4日(金)に大分県中津市で、「福澤諭吉記念 第54回全国高等学校弁論大会」が開催されました。全国から29名の弁士が出場し、本校からは栗子紗和乃さんが出場しました。
 その結果、見事「優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞」(上から2番目の賞)を受賞することが出来ました。栗子さんは、目標をしっかり持って日々の練習に励んできた努力家です。大会当日は、会場の雰囲気に少し緊張していましたが、壇上では堂々とした姿で、いつも通りの弁論をすることができました。あの広い会場・たくさんの聴衆の方がいる中でいつも通りの弁論をしようと思ったら、とても大変なことです。しかし、毎日の練習を本番だと思って練習していたからこそ、今回の良い結果につながったのだと思います。
 来年度は、さらなる上を目指して、今日からまた頑張っていきます。みなさん、応援をお願いいたします。

団体の部 5連覇!! 個人の部 3連覇!!

団体の部 5連覇!! 個人の部 3連覇!!

 11月13日(金)に総社南高等学校で第24回岡山県高等学校弁論大会が行われました。その結果、個人の部で栗子紗和乃さんが「優勝」、藤井美咲さんが「優秀賞・国際ソロプチミスト岡山さつき賞」、岡川和意君と羽﨑まゆさんが「優秀賞」を受賞し、出場者全員が見事入賞することができました。そして、栗子さんは、来年度の全国大会出場も決定しています。また、団体の部でも、5年連続で「優勝」することができました。
 今回、このような良い成績がとれたのも、毎日の練習を欠かさず、皆で励ましあいながら努力してきた結果だと思います。3年生はこれで引退ですが、今まで本当にみんなを勇気づけ、まとめてくれました。本当にありがとう。これからは、残った部員で、今年以上の成績がとれるように協力して頑張っていきましょう。
 これからも応援をよろしくお願いいたします。

全国青年弁論大会

全国青年弁論大会

全国青年弁論大会出場

全国青年弁論大会出場

優良賞受賞

優良賞受賞

 11月3日(火)に、高野山大師教会で「第60回文部科学大臣杯 全国青年弁論大会」が行われ、栗子紗和乃さん(機械科2年)が出場しました。全国から各県の予選や原稿審査を勝ち抜いた中高生23名と一般(大学生~40歳)12名が出場しましたが、栗子さんは見事「優良賞」(上から3番目の賞)を受賞しました。
 大会終了後は、聴衆の方や審査員の方など多くの方から声をかけていただき、お褒めの言葉を頂きました。この言葉を励みに、次の大会でも聴衆の方の心に届く弁論を目指して頑張っていきます。

>>>>>>> master