<<<<<<< HEAD スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系
全国青年弁論に出場しました

全国青年弁論に出場しました

「奨励賞」おめでとう

「奨励賞」おめでとう

 11月13日(日)に第61回文部科学大臣杯全国青年弁論大会が沖縄県立芸術大学で開催されました。本校からは、3年生の岡川和意君が岡山県代表として出場しました。全国から40名の弁士が集い、競弁を行いましたが、レベルの高さに圧倒されました。結果は「奨励賞」でしたが、聴衆の方や審査員の方から、お褒めの言葉を頂くこともできました。聴いてくださる方の心に響く弁論ができたのではないでしょうか。
 これからも心に響く弁論を目指して頑張っていきましょう。

個人の部 優勝おめでとう!

個人の部 優勝おめでとう!

団体の部 6年連続「優勝」おめでとう!

団体の部 6年連続「優勝」おめでとう!

 11月9日(水)に第25回岡山県高等学校弁論大会が行われました。その結果、個人の部で、ビラン・アンドレ君が「優勝」(4年連続・通算8回目)、岡川和意君が「準優勝」、栗子紗和乃さんが「第3位優秀賞・国際ソロプチミスト岡山さつき賞」、羽﨑まゆさんが「特別賞」を受賞することができました。また、団体の部では、6年連続で「優勝」することができました。来年度8月に宮城県で行われる第41回全国高等学校総合文化祭に、ビラン・アンドレ君が岡山県代表として弁論部門に出場することも決定しています。
 来年の全国大会に向けて、頑張って練習していきますので、応援をお願いいたします。

模範弁論披露

模範弁論披露

 11月5日(土)、第25回6中学校弁論発表会にゲストとして3年生の栗子紗和乃さんが招待されました。そこでは、6校の中学校から11名の弁士が集まり、弁論を発表します。そして、最後に弁論のお手本として模範弁論を披露させていただきました。
 「何度も大会に出て、弁論しているんだから大丈夫でしょう?」と例年声をかけられますが、やはりいつもの大会の雰囲気とは違う上、「模範弁論」と言われているだけあり、失敗することは許されません。ですので、いつも以上に緊張している生徒…。ですが、本番では高校生らしい弁論を堂々とした態度で見せてくれました。
 これからも色々な所で弁論を披露していけるように、頑張って練習をしていきます。

芸フェスで弁論を披露しました。

芸フェスで弁論を披露しました。

 10月30日、「高校生芸術フェスティバル2016」が開催されました。本校からは、この夏に行われた総文祭に出場した栗子紗和乃さんが、弁論部門の代表として弁論を披露しました。会場が広くとても驚きましたが、多くの方が弁論に耳を傾けてくださり、弁論が終わった後には、わざわざ感想を伝えに来てくださる方もおられました。そして、閉会式では、全ての部門の代表として、閉会の挨拶をさせていただきました。
 この「芸フェス」は、県内の文化部の代表が年に一度それぞれの練習の成果を披露することができる貴重な場であり、普段なかなか大会に足を運ぶことのできない多くの方に自分たちの頑張る姿を見てもらえる絶好の機会です。そして、普段あまりかかわることのない文化部同士の交流もできる素敵な大会です。この芸フェスに出演した生徒は、様々な部門発表を通して、自分たちも負けずに頑張らなければ…ときっと思ったはず。その気持ちを忘れずに、互いに励ましあいながら、それぞれの部門で頑張っていきましょう。

2016年09月03日

全国大会 準優勝!!
個人の部「準優勝」 団体の部「優秀賞」 おめでとう

個人の部「準優勝」 団体の部「優秀賞」 おめでとう

 9月3日(土)に群馬県館林市で行われた「第64回全国高等学校決勝弁論大会」に3年生の栗子紗和乃さんと岡川和意君が出場しました。全国から予選を勝ち抜いた24名の弁士がそれぞれ主張を行いました。その結果、個人の部では栗子さんが「準優勝」し、団体の部では、2年連続「優秀賞」を受賞することができました。毎日こつこつ練習し、2人で上を目指そうと頑張ってきたからこその結果だと思います。次の大会に向けて、新たな課題も見つかったはずです。さらに上を目指して、皆で協力しながら、それぞれの弁論を磨いていきましょう。

======= スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系
全国青年弁論に出場しました

全国青年弁論に出場しました

「奨励賞」おめでとう

「奨励賞」おめでとう

 11月13日(日)に第61回文部科学大臣杯全国青年弁論大会が沖縄県立芸術大学で開催されました。本校からは、3年生の岡川和意君が岡山県代表として出場しました。全国から40名の弁士が集い、競弁を行いましたが、レベルの高さに圧倒されました。結果は「奨励賞」でしたが、聴衆の方や審査員の方から、お褒めの言葉を頂くこともできました。聴いてくださる方の心に響く弁論ができたのではないでしょうか。
 これからも心に響く弁論を目指して頑張っていきましょう。

個人の部 優勝おめでとう!

個人の部 優勝おめでとう!

団体の部 6年連続「優勝」おめでとう!

団体の部 6年連続「優勝」おめでとう!

 11月9日(水)に第25回岡山県高等学校弁論大会が行われました。その結果、個人の部で、ビラン・アンドレ君が「優勝」(4年連続・通算8回目)、岡川和意君が「準優勝」、栗子紗和乃さんが「第3位優秀賞・国際ソロプチミスト岡山さつき賞」、羽﨑まゆさんが「特別賞」を受賞することができました。また、団体の部では、6年連続で「優勝」することができました。来年度8月に宮城県で行われる第41回全国高等学校総合文化祭に、ビラン・アンドレ君が岡山県代表として弁論部門に出場することも決定しています。
 来年の全国大会に向けて、頑張って練習していきますので、応援をお願いいたします。

模範弁論披露

模範弁論披露

 11月5日(土)、第25回6中学校弁論発表会にゲストとして3年生の栗子紗和乃さんが招待されました。そこでは、6校の中学校から11名の弁士が集まり、弁論を発表します。そして、最後に弁論のお手本として模範弁論を披露させていただきました。
 「何度も大会に出て、弁論しているんだから大丈夫でしょう?」と例年声をかけられますが、やはりいつもの大会の雰囲気とは違う上、「模範弁論」と言われているだけあり、失敗することは許されません。ですので、いつも以上に緊張している生徒…。ですが、本番では高校生らしい弁論を堂々とした態度で見せてくれました。
 これからも色々な所で弁論を披露していけるように、頑張って練習をしていきます。

芸フェスで弁論を披露しました。

芸フェスで弁論を披露しました。

 10月30日、「高校生芸術フェスティバル2016」が開催されました。本校からは、この夏に行われた総文祭に出場した栗子紗和乃さんが、弁論部門の代表として弁論を披露しました。会場が広くとても驚きましたが、多くの方が弁論に耳を傾けてくださり、弁論が終わった後には、わざわざ感想を伝えに来てくださる方もおられました。そして、閉会式では、全ての部門の代表として、閉会の挨拶をさせていただきました。
 この「芸フェス」は、県内の文化部の代表が年に一度それぞれの練習の成果を披露することができる貴重な場であり、普段なかなか大会に足を運ぶことのできない多くの方に自分たちの頑張る姿を見てもらえる絶好の機会です。そして、普段あまりかかわることのない文化部同士の交流もできる素敵な大会です。この芸フェスに出演した生徒は、様々な部門発表を通して、自分たちも負けずに頑張らなければ…ときっと思ったはず。その気持ちを忘れずに、互いに励ましあいながら、それぞれの部門で頑張っていきましょう。

2016年09月03日

全国大会 準優勝!!
個人の部「準優勝」 団体の部「優秀賞」 おめでとう

個人の部「準優勝」 団体の部「優秀賞」 おめでとう

 9月3日(土)に群馬県館林市で行われた「第64回全国高等学校決勝弁論大会」に3年生の栗子紗和乃さんと岡川和意君が出場しました。全国から予選を勝ち抜いた24名の弁士がそれぞれ主張を行いました。その結果、個人の部では栗子さんが「準優勝」し、団体の部では、2年連続「優秀賞」を受賞することができました。毎日こつこつ練習し、2人で上を目指そうと頑張ってきたからこその結果だと思います。次の大会に向けて、新たな課題も見つかったはずです。さらに上を目指して、皆で協力しながら、それぞれの弁論を磨いていきましょう。

>>>>>>> master