部活動

スピーチ同好会

文化系
取材風景

取材風景

 12月末に朝日新聞の紙面で橘里香サニヤさんの特集記事を掲載していただきましたが、この度、朝日新聞DIGITALでも記事を掲載していただくことになりました。12月に記事が掲載された時には予想以上の大きな反響があり驚きましたが、Web版でも記事を(2024年2月18日~)掲載していただいていますので、是非皆さん読んみてください‼

<朝日新聞DIGITAL>(2024.2.18 配信開始)
言葉の力、信じる 弁論大会最優秀の高校生、来日外国人の苦境伝える
https://www.asahi.com/articles/ASS295DKBS28PPZB00D.html

投稿原稿掲載‼

投稿原稿掲載‼

掲載ちまた原稿

掲載ちまた原稿

 2月14日の山陽新聞のちまた欄に、櫛部琉衣さんの投稿原稿が掲載されました。2年生の夏から始めた弁論。最初は何が正解か分からず、悩んでいましたが、今は部員達と一緒に目標に向かって毎日頑張ってくれています。悩んでいるということは、それだけ真剣に弁論と向き合ってくれている証。頑張り屋さんの琉衣さんなので、弁論で自分をもっと成長させてくれるはず。無理せずに、一歩一歩前に進んでいきましょう。

2024年02月05日

山陽新聞に原稿掲載‼
ちまた欄に原稿掲載‼

ちまた欄に原稿掲載‼

橘さんの想いがこもった文章です

橘さんの想いがこもった文章です

 2月5日(月)の山陽新聞ちまた欄に橘里香サニヤさんの原稿が掲載されました。3年間スピーチ部として活動してきた橘さんですが、もうすぐ卒業です。最後のちまた原稿には、弁論に込めた想いをしっかり言葉で表現してくれました。顧問としても、ここまで真剣に弁論と向き合ってくれ、自分を成長させてくれたことに、本当に感謝しかないです。「毎日練習しないと不安だから、今日も練習いいですか‼」「大会終わっても練習しに来たいです」「もうすぐ卒業、本当に寂しいです」等々、自分の思っていることを顧問の私にいつも伝えてくれた橘さん。その言葉通り、大会が終わっても毎日練習を続け、今は卒業前に行われる製菓科の行事で弁論を発表するからと言って、2月に入っても弁論の練習に励んでくれています。いつも真剣に弁論に向き合い、最後まで頑張りぬこうと努力を続けてくれている橘さんだからこそ、橘さんの書いた原稿が多くの人の心に届くのだと思います。卒業まであと少し。卒業するその日まで、顧問として支えていくので、一緒に頑張りましょう。

全国大会優勝 受賞報告会

全国大会優勝 受賞報告会

意見交換も行いました

意見交換も行いました

 11月に行われた全国青年弁論大会で33年ぶりに岡山県勢として「最優秀賞・文部科学大臣杯」を受賞した橘里香サニヤさん。橘さんは、弁論を通して日本での生活で苦労を重ねてきたインドネシア出身の父の声を代弁し、日本で働く外国人が抱える問題について理解を深めながら声を上げ続けてきました。
 今回、日本で働く外国人労働者が安心して暮らせる社会を目指して、条例などを考えてくださっている外国人材・留学生支援推進議員連盟の先生方が受賞報告会と意見交換会を開いてくださいました。外国人労働者の声だけでなく、その2世としての声を直接聞いていただき、外国人労働者が日本で認められ安心して暮らせるようにと、橘さんも必死に訴えていました。その声に耳を傾けて下さった議員連盟の先生方、本当にありがとうございました。橘さんはこれからも自分の言葉と声で想いを伝え続けてくれると思います。その言葉が、一人でも多くの方の心に届くように、顧問として頑張っていこうと思います。応援よろしくお願いいたします。

表彰式に出席しました

表彰式に出席しました

「岡山経済同友会代表幹事賞」受賞おめでとう♪

「岡山経済同友会代表幹事賞」受賞おめでとう♪

代表して論文朗読を行いました‼

代表して論文朗読を行いました‼

 仕事や家庭で頑張っている親へ今だから言えるありがとうを伝える「子から親へのエール論文コンクール2023」が今年度、3年ぶりに再開されました。スピーチ部ではいつも「弁論で親孝行を‼」と言って日々活動しているので、エール論文の再開を聞いた瞬間から、生徒はすぐに論文作成に励んでくれました。そして、橘里香サニヤさんの書いた「父へのエール~私の言葉で社会を変える~」が『岡山経済同友会代表幹事賞』を受賞することができました。
 表彰式後には、岡山県知事、岡山経済同友会代表幹事、岡山大学長をはじめ、審査をして下さった審査員の先生方もとの懇談会も行われました。そして、橘さんが受賞者を代表して論文の朗読をし、色々な方から感想やアドバス、エールをいただくことができました。
 スピーチ部として、橘さんが大会や表彰式は出られるのは、今回が最後。本人もとても寂しがっていましたが、いただいたエールを胸に、これからも頑張ってくれるはず‼顧問としてずっと応援するので、安心して自分の夢に向かってこれからも頑張ってください‼

 今年度の受賞作品集をご覧いただけます。是非、橘さんのエール論文を読んで、感想をきかせてください。
<子から親へのエール論文コンクール2023受賞作品集>
https://www.logoo.design/_files/ugd/d8a2fb_d66e4599be4f4dda9c1a86f190c3a576.pdf
 

======= スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系
取材風景

取材風景

 12月末に朝日新聞の紙面で橘里香サニヤさんの特集記事を掲載していただきましたが、この度、朝日新聞DIGITALでも記事を掲載していただくことになりました。12月に記事が掲載された時には予想以上の大きな反響があり驚きましたが、Web版でも記事を(2024年2月18日~)掲載していただいていますので、是非皆さん読んみてください‼

<朝日新聞DIGITAL>(2024.2.18 配信開始)
言葉の力、信じる 弁論大会最優秀の高校生、来日外国人の苦境伝える
https://www.asahi.com/articles/ASS295DKBS28PPZB00D.html

投稿原稿掲載‼

投稿原稿掲載‼

掲載ちまた原稿

掲載ちまた原稿

 2月14日の山陽新聞のちまた欄に、櫛部琉衣さんの投稿原稿が掲載されました。2年生の夏から始めた弁論。最初は何が正解か分からず、悩んでいましたが、今は部員達と一緒に目標に向かって毎日頑張ってくれています。悩んでいるということは、それだけ真剣に弁論と向き合ってくれている証。頑張り屋さんの琉衣さんなので、弁論で自分をもっと成長させてくれるはず。無理せずに、一歩一歩前に進んでいきましょう。

2024年02月05日

山陽新聞に原稿掲載‼
ちまた欄に原稿掲載‼

ちまた欄に原稿掲載‼

橘さんの想いがこもった文章です

橘さんの想いがこもった文章です

 2月5日(月)の山陽新聞ちまた欄に橘里香サニヤさんの原稿が掲載されました。3年間スピーチ部として活動してきた橘さんですが、もうすぐ卒業です。最後のちまた原稿には、弁論に込めた想いをしっかり言葉で表現してくれました。顧問としても、ここまで真剣に弁論と向き合ってくれ、自分を成長させてくれたことに、本当に感謝しかないです。「毎日練習しないと不安だから、今日も練習いいですか‼」「大会終わっても練習しに来たいです」「もうすぐ卒業、本当に寂しいです」等々、自分の思っていることを顧問の私にいつも伝えてくれた橘さん。その言葉通り、大会が終わっても毎日練習を続け、今は卒業前に行われる製菓科の行事で弁論を発表するからと言って、2月に入っても弁論の練習に励んでくれています。いつも真剣に弁論に向き合い、最後まで頑張りぬこうと努力を続けてくれている橘さんだからこそ、橘さんの書いた原稿が多くの人の心に届くのだと思います。卒業まであと少し。卒業するその日まで、顧問として支えていくので、一緒に頑張りましょう。

全国大会優勝 受賞報告会

全国大会優勝 受賞報告会

意見交換も行いました

意見交換も行いました

 11月に行われた全国青年弁論大会で33年ぶりに岡山県勢として「最優秀賞・文部科学大臣杯」を受賞した橘里香サニヤさん。橘さんは、弁論を通して日本での生活で苦労を重ねてきたインドネシア出身の父の声を代弁し、日本で働く外国人が抱える問題について理解を深めながら声を上げ続けてきました。
 今回、日本で働く外国人労働者が安心して暮らせる社会を目指して、条例などを考えてくださっている外国人材・留学生支援推進議員連盟の先生方が受賞報告会と意見交換会を開いてくださいました。外国人労働者の声だけでなく、その2世としての声を直接聞いていただき、外国人労働者が日本で認められ安心して暮らせるようにと、橘さんも必死に訴えていました。その声に耳を傾けて下さった議員連盟の先生方、本当にありがとうございました。橘さんはこれからも自分の言葉と声で想いを伝え続けてくれると思います。その言葉が、一人でも多くの方の心に届くように、顧問として頑張っていこうと思います。応援よろしくお願いいたします。

表彰式に出席しました

表彰式に出席しました

「岡山経済同友会代表幹事賞」受賞おめでとう♪

「岡山経済同友会代表幹事賞」受賞おめでとう♪

代表して論文朗読を行いました‼

代表して論文朗読を行いました‼

 仕事や家庭で頑張っている親へ今だから言えるありがとうを伝える「子から親へのエール論文コンクール2023」が今年度、3年ぶりに再開されました。スピーチ部ではいつも「弁論で親孝行を‼」と言って日々活動しているので、エール論文の再開を聞いた瞬間から、生徒はすぐに論文作成に励んでくれました。そして、橘里香サニヤさんの書いた「父へのエール~私の言葉で社会を変える~」が『岡山経済同友会代表幹事賞』を受賞することができました。
 表彰式後には、岡山県知事、岡山経済同友会代表幹事、岡山大学長をはじめ、審査をして下さった審査員の先生方もとの懇談会も行われました。そして、橘さんが受賞者を代表して論文の朗読をし、色々な方から感想やアドバス、エールをいただくことができました。
 スピーチ部として、橘さんが大会や表彰式は出られるのは、今回が最後。本人もとても寂しがっていましたが、いただいたエールを胸に、これからも頑張ってくれるはず‼顧問としてずっと応援するので、安心して自分の夢に向かってこれからも頑張ってください‼

 今年度の受賞作品集をご覧いただけます。是非、橘さんのエール論文を読んで、感想をきかせてください。
<子から親へのエール論文コンクール2023受賞作品集>
https://www.logoo.design/_files/ugd/d8a2fb_d66e4599be4f4dda9c1a86f190c3a576.pdf
 

>>>>>>> master