<<<<<<< HEAD スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系

2021年01月06日

嬉しい結果が次々と♪
東京五輪聖火のように、自分たちを輝かせる1年になりますように…☆

東京五輪聖火のように、自分たちを輝かせる1年になりますように…☆

 明けましておめでとうございます。2021年のスピーチ部は、1月に入り次々と小論文コンテストの結果が届いています。今年度は弁論大会の多くが中止となったため、可能な限り小論文コンテストに挑戦しました。そして、1月に入り、多くの小論文コンテストの事務局から嬉しい結果が届いています。コロナ禍で表彰式が行われるかどうか…まだわかりませんが、弁論でも小論文でも自分の想いを届けられていることに違いはありません。自分たちの言葉の力を信じて、これからも活動してくれるはずです。誰がどんな賞を受賞できたかは、部員たちが登校し活動再開後に、コンテストごとに一人ずつ紹介させていただきます。
 そして、昨年12月に大分県中津市で開催された「福澤諭吉記念第59回全国高等学校弁論大会」の大会事務局から、大会結果が掲載された新聞(大分合同新聞)と一緒に、ある新聞記事が送られてきました。その内容は、中津市でお披露目された「聖火」について。偶然、大会当日、大会会場の隣にある体育センターで聖火がともったランタンと聖火リレーのトーチが展示されていたので、大会後に見学させてもらいましたが、その時に読売新聞社の記者の方にインタビューされ、写真撮影までお願いされた部員。そして、翌日の読売新聞朝刊(大分版)に、そのコメントが掲載されているのを大会事務局の方が見つけてくださり、親切にも本校まで記事を送ってくださいました。
 オリンピックでさえも、このコロナ禍で開催が延期され、2021年夏の開催もどうなるのか分からない今、このランタンに灯った聖火は消えることもなく、文句も言わず、じっと東京オリンピックが開催されることを信じて、聖火を灯し続けています。弁論においても同じで、大会があるのかないのか不安な気持ちになるのは仕方のないことですが、いつか多くの聴衆の方々を前にして自分たちの弁論ができる日を信じて、自分を成長させていってもらいたいと思っています。そして、聴衆の方が「聴けて良かった」と思えるように、弁士自身も「自分の想いを伝えられてよかった」と後悔しない弁論ができるように、今年も自分たちを輝かせられる活動をしていきましょう‼

弁論への想いを投稿しました‼

弁論への想いを投稿しました‼

 12月6日付の山陽新聞朝刊ちまた欄に、投稿した原稿が掲載されました。今回掲載されたのは、棗田珠音さん。珠音さんは、今年から本格的に弁論に取り組んでいますが、最初はなかなか声がだせませんでした。しかし、毎日コツコツ練習を重ね、県大会ではマイクを使用しない会場だったにもかかわらず、広い会場に声を響かせて弁論を発表してくれました。その結果、なんと来年度の全国大会(和歌山総文祭)への出場権を獲得。ずっと一緒に練習をしてきた部員達も、数か月の練習でこんなにも人が変わったかのように大きな声が出せるようになった珠音さんの成長に「負けないように頑張らないと…」と焦りを感じたようです。まだ、新聞を読んでいない方は、是非読んで感想をきかせてください。

今年度唯一の全国弁論大会に出場しました

今年度唯一の全国弁論大会に出場しました

優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞おめでとう♪

優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞おめでとう♪

聴衆にむけて想いを届けます

聴衆にむけて想いを届けます

 12月4日に大分県中津市で「福澤諭吉記念 第59回 全国高等学校弁論大会」が開催され、藤井莉子さんが出場しました。北海道から沖縄まで全国から1次審査を通過した弁士27名が集い、競弁を行いました。その結果、見事「優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞」を受賞することができました。
 今年度コロナの影響でどの大会も開催が見送られ、この大分県での全国大会も開催されるか分かりませんでした。しかし、藤井さんは、開催されることを信じて昨年度からずっと練習を続けていました。そして、感染症予防のために様々な制限はありましたが、何とか無事に大会が行われました。
 高校生活最後の大会でしたが、保護者をはじめ一般の方の入場が出来ず、頑張る様子を直接見てもらえない…と生徒も残念な気持ちだったはずです。ですが、いつも応援してくれる方々へ向けた弁論を気持ちを込めてしてくれました。また、大会の様子は中津市公式のYou Tube上にアップされますので、そちらも是非ご覧ください。

高校生新聞ONLINE記事を読んでみてください‼

高校生新聞ONLINE記事を読んでみてください‼

高校生新聞ONLINEにスピーチ部員の特集記事掲載‼

高校生新聞ONLINEにスピーチ部員の特集記事掲載‼

 12月3日から「高校生新聞ONLINE」に、スピーチ部の藤井莉子さんの特集記事が掲載されています。今年オンライン開催となったWEB SOUBUNの弁論部門に出場した藤井さん。その動画を見た高校生新聞より取材の依頼があり、10月に電話取材を受け、この度「高校生新聞ONLINE」に特集記事を掲載していただくことになりました。
 弁論というと、なかなか注目してもらえない地味なイメージを持っている方も多いと思います。弁論をしてみたいけど、本当に自分の言葉が相手に届いているのか分からないし、やりがいや達成感を味わえないんじゃないか…という言葉をよく聞きます。しかし、山陽高校のスピーチ部での活動では、そんなことはありません。今回のように、動画を見たり、弁論を直接聞いていただいた方から、「お手伝いできることはありませんか」「力になりたいので、記事で紹介させてもらいたい」など嬉しい言葉を頂くことも多くあります。多くの方からの励ましの言葉や弁論の感想をいただき、部員たちは「想いを言葉で届けられてよかった」という体験をしています。言葉の力を実感することができた部員たちは、どんどん輝いてくれています。
 是非、高校生新聞ONLINEの記事を読んでいただき、また感想を聞かせてください。読んでくださった方々の声が、部員たちの力になります‼


<高校生新聞ONLINE>【掲載予定期間:12月3日~3月末まで】

車いすの母を介護する高校生「何で私が?」何度もけんか、苦悩乗り越え起きた奇跡
    https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/7069

 
< 藤井莉子弁論動画 
  おかやま山陽高等学校3年 藤井莉子「2%の奇跡」
         https://youtu.be/8hEhcOJn-nQ

風に立つライオン基金HPに写真掲載されています

風に立つライオン基金HPに写真掲載されています

 先日から風に立つライオン基金のホームページに、以前出場したボランティア・アワードの表彰式の写真が使用されています。
 ボランティア・アワードには第1回から第3回まで出場させていただき、今回使用されている写真は、第2回の時のもの。スピーチ部のアンドレ君と田中さんが見事「金賞」を受賞し、さいたまスーパーアリーナで満員のお客さんの前で表彰された時の写真です。写真に写っている2人はもう大学3年生。今回、この写真を使用するにあたり使用許可のお願いをしましたが、快くOKをくれました。…が、とっても恥ずかしそうでした。卒業しても、スピーチ部員として頑張っていた頃の写真が使われるのは嬉しいことです。今の部員達にとっても、素敵な目標となってくれている卒業生たち。先輩たちに負けないように、これからも力合わせて頑張っていきましょう!

======= スピーチ同好会 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

スピーチ同好会

文化系

2021年01月06日

嬉しい結果が次々と♪
東京五輪聖火のように、自分たちを輝かせる1年になりますように…☆

東京五輪聖火のように、自分たちを輝かせる1年になりますように…☆

 明けましておめでとうございます。2021年のスピーチ部は、1月に入り次々と小論文コンテストの結果が届いています。今年度は弁論大会の多くが中止となったため、可能な限り小論文コンテストに挑戦しました。そして、1月に入り、多くの小論文コンテストの事務局から嬉しい結果が届いています。コロナ禍で表彰式が行われるかどうか…まだわかりませんが、弁論でも小論文でも自分の想いを届けられていることに違いはありません。自分たちの言葉の力を信じて、これからも活動してくれるはずです。誰がどんな賞を受賞できたかは、部員たちが登校し活動再開後に、コンテストごとに一人ずつ紹介させていただきます。
 そして、昨年12月に大分県中津市で開催された「福澤諭吉記念第59回全国高等学校弁論大会」の大会事務局から、大会結果が掲載された新聞(大分合同新聞)と一緒に、ある新聞記事が送られてきました。その内容は、中津市でお披露目された「聖火」について。偶然、大会当日、大会会場の隣にある体育センターで聖火がともったランタンと聖火リレーのトーチが展示されていたので、大会後に見学させてもらいましたが、その時に読売新聞社の記者の方にインタビューされ、写真撮影までお願いされた部員。そして、翌日の読売新聞朝刊(大分版)に、そのコメントが掲載されているのを大会事務局の方が見つけてくださり、親切にも本校まで記事を送ってくださいました。
 オリンピックでさえも、このコロナ禍で開催が延期され、2021年夏の開催もどうなるのか分からない今、このランタンに灯った聖火は消えることもなく、文句も言わず、じっと東京オリンピックが開催されることを信じて、聖火を灯し続けています。弁論においても同じで、大会があるのかないのか不安な気持ちになるのは仕方のないことですが、いつか多くの聴衆の方々を前にして自分たちの弁論ができる日を信じて、自分を成長させていってもらいたいと思っています。そして、聴衆の方が「聴けて良かった」と思えるように、弁士自身も「自分の想いを伝えられてよかった」と後悔しない弁論ができるように、今年も自分たちを輝かせられる活動をしていきましょう‼

弁論への想いを投稿しました‼

弁論への想いを投稿しました‼

 12月6日付の山陽新聞朝刊ちまた欄に、投稿した原稿が掲載されました。今回掲載されたのは、棗田珠音さん。珠音さんは、今年から本格的に弁論に取り組んでいますが、最初はなかなか声がだせませんでした。しかし、毎日コツコツ練習を重ね、県大会ではマイクを使用しない会場だったにもかかわらず、広い会場に声を響かせて弁論を発表してくれました。その結果、なんと来年度の全国大会(和歌山総文祭)への出場権を獲得。ずっと一緒に練習をしてきた部員達も、数か月の練習でこんなにも人が変わったかのように大きな声が出せるようになった珠音さんの成長に「負けないように頑張らないと…」と焦りを感じたようです。まだ、新聞を読んでいない方は、是非読んで感想をきかせてください。

今年度唯一の全国弁論大会に出場しました

今年度唯一の全国弁論大会に出場しました

優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞おめでとう♪

優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞おめでとう♪

聴衆にむけて想いを届けます

聴衆にむけて想いを届けます

 12月4日に大分県中津市で「福澤諭吉記念 第59回 全国高等学校弁論大会」が開催され、藤井莉子さんが出場しました。北海道から沖縄まで全国から1次審査を通過した弁士27名が集い、競弁を行いました。その結果、見事「優秀賞・OAB大分朝日放送社長賞」を受賞することができました。
 今年度コロナの影響でどの大会も開催が見送られ、この大分県での全国大会も開催されるか分かりませんでした。しかし、藤井さんは、開催されることを信じて昨年度からずっと練習を続けていました。そして、感染症予防のために様々な制限はありましたが、何とか無事に大会が行われました。
 高校生活最後の大会でしたが、保護者をはじめ一般の方の入場が出来ず、頑張る様子を直接見てもらえない…と生徒も残念な気持ちだったはずです。ですが、いつも応援してくれる方々へ向けた弁論を気持ちを込めてしてくれました。また、大会の様子は中津市公式のYou Tube上にアップされますので、そちらも是非ご覧ください。

高校生新聞ONLINE記事を読んでみてください‼

高校生新聞ONLINE記事を読んでみてください‼

高校生新聞ONLINEにスピーチ部員の特集記事掲載‼

高校生新聞ONLINEにスピーチ部員の特集記事掲載‼

 12月3日から「高校生新聞ONLINE」に、スピーチ部の藤井莉子さんの特集記事が掲載されています。今年オンライン開催となったWEB SOUBUNの弁論部門に出場した藤井さん。その動画を見た高校生新聞より取材の依頼があり、10月に電話取材を受け、この度「高校生新聞ONLINE」に特集記事を掲載していただくことになりました。
 弁論というと、なかなか注目してもらえない地味なイメージを持っている方も多いと思います。弁論をしてみたいけど、本当に自分の言葉が相手に届いているのか分からないし、やりがいや達成感を味わえないんじゃないか…という言葉をよく聞きます。しかし、山陽高校のスピーチ部での活動では、そんなことはありません。今回のように、動画を見たり、弁論を直接聞いていただいた方から、「お手伝いできることはありませんか」「力になりたいので、記事で紹介させてもらいたい」など嬉しい言葉を頂くことも多くあります。多くの方からの励ましの言葉や弁論の感想をいただき、部員たちは「想いを言葉で届けられてよかった」という体験をしています。言葉の力を実感することができた部員たちは、どんどん輝いてくれています。
 是非、高校生新聞ONLINEの記事を読んでいただき、また感想を聞かせてください。読んでくださった方々の声が、部員たちの力になります‼


<高校生新聞ONLINE>【掲載予定期間:12月3日~3月末まで】

車いすの母を介護する高校生「何で私が?」何度もけんか、苦悩乗り越え起きた奇跡
    https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/7069

 
< 藤井莉子弁論動画 
  おかやま山陽高等学校3年 藤井莉子「2%の奇跡」
         https://youtu.be/8hEhcOJn-nQ

風に立つライオン基金HPに写真掲載されています

風に立つライオン基金HPに写真掲載されています

 先日から風に立つライオン基金のホームページに、以前出場したボランティア・アワードの表彰式の写真が使用されています。
 ボランティア・アワードには第1回から第3回まで出場させていただき、今回使用されている写真は、第2回の時のもの。スピーチ部のアンドレ君と田中さんが見事「金賞」を受賞し、さいたまスーパーアリーナで満員のお客さんの前で表彰された時の写真です。写真に写っている2人はもう大学3年生。今回、この写真を使用するにあたり使用許可のお願いをしましたが、快くOKをくれました。…が、とっても恥ずかしそうでした。卒業しても、スピーチ部員として頑張っていた頃の写真が使われるのは嬉しいことです。今の部員達にとっても、素敵な目標となってくれている卒業生たち。先輩たちに負けないように、これからも力合わせて頑張っていきましょう!

>>>>>>> master