<<<<<<< HEAD 自動車整備部 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

自動車整備部

文化系

12月26日(木)に行われる、全日本高等学校ゼロハンカー大会のラジオ告知がRSKラジオにてあります。
 
日時:12月10日(火) 12:25~12:35
 
ぜひ、お聞きください。
 
現在大会に向けて、部員一同頑張っています。ぜひ当日も応援よろしくお願いします。
 
RSKラジオホームページ
つかめ日本一!全日本高等学校ゼロハンカー大会 24分耐久レース
http://www.rsk.co.jp/radio/zerohan/

EV&ゼロハンカーレース出場時の動画(山陽SPEED1号)

EV&ゼロハンカーレース出場時の動画(山陽SPEED1号)

取り組みの紹介パネル

取り組みの紹介パネル

5月11~12日に府中市文化センターで行われた『府中☆(きらり)産業博2019』で、府中市で開催される全日本EV&ゼロハンカーレースin府中の参加校として本校の自動車整備部の取り組みを、掲示していただきました。
イベントにはたくさんの方が来られていて、たくさんの方に見ていだだけました。
イベントを通してもっとゼロハンカーの取り組みを、たくさんの方に知っていただければと思います。

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン125 山陽SPEED 3号 自動車科2年 稲岡 芳記

ゼッケン125 山陽SPEED 3号 自動車科2年 稲岡 芳記

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

2月24日(日)に広島県府中市にある、府中市桜が丘グラウンドで『第10回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中』が開催され、本校からは4台+OB号1台がエントリーしました。
 
開会式の後にフリー走行が行われ、それぞれのマシンのセッティングを出していきます。
特にキャブレータは生き物のようなもの、その時の気温や湿度、高度などにより対応が変わってきます。
会場の桜が丘グラウンドは山の上にあり、実習場よりも酸素が薄いため、短い時間で調整をしなければなりません。
 
各マシンがフリー走行を行いマシンの具合、コース、路面の状況を確かめます。
さて各マシンとも調子はつかめたのでしょうか…
 
~予選タイムアタック~
まずは第1次予選のタイムアタックです。このタイムアタックで学生部門は上位18台に絞り込まれます。
結果はSPEED 1号が1位と1.24秒差の2位、3位に山陽SPEED 3号、6位に山陽SPEED 4号となり、山陽SPEED 3号はエンジンが焼き付いてしまうマシントラブルにより、リタイヤとなってしまいました。
 
ちなみにOB号は一般部門でぶっちぎりの1位でした。
 
3台が勝ち上がり午後から決勝トーナメントが始まります。昼食を食べる暇もなく、マシンの調整に入ります。
はたして優勝するチームが出るのでしょうか。決勝トーナメント編へ続く…
 

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

午後からは、決勝トーナメントです。本校からは3台+OB号が決勝トーナメント進出を決めてくれました。
 
決勝トーナメントは6台×3グループに分かれて5周走り上位2台が決勝に勝ち上がります。
はじめに山陽SPEED1号が出走します。
 
順調に走り1位をキープしていた山陽SPEED1号ですが、コース内で停止しているマシンを避けるために少し膨らんでコーンにかすってしまい、ピットスルー・ペナルティーを受けてしまいました。この間に、抜かれてしまい結果は3位となり決勝に進むことができませんでした。
 
つぎはなんと山陽SPEED 2号と山陽SPEED 4号が同じグループになってしましました。
ですが、1・2位になれば2台そろって決勝進出です。
レースがスタートして山陽SPEED4号の後ろに山陽SPEED2号がつきます。快調に走っていき1・2位を独占、3週目に山陽SPEED2号が山陽SPEED4号を追い抜きました。
そのまま1・2位でゴール、2台が決勝レースに進出しました。


 
いよいよ決勝レースです。
最後の調整をし、各部に緩みがないかを確認してレースに挑みます。
スタートポジションは前列のイン寄りに山陽SPEED2号その後ろに山陽SPEED4号が待機しています。
決勝レースのスタートフラッグが振られました。山陽SPEED2号・4号が2番手3番手につきます。
第3コーナーのヘアピンカーブで山陽SPEED2号がスピンしかけ集中力を欠いたか、次のコーナーでカウンターが間に合わずコースアウトしてしまいました。
コースに復帰できればまだ走ることができますが、エンジンが止まってしまいすぐに復帰できません。なんとか一人で押し掛けを試みますがなかなかエンジンがかからず、気持ちばかりが焦ってしまいます。
その間にもレースは続き、山陽SPEED4号が2位でゴール。他のマシンも規定周回数を続々とクリアしていき、山陽SPEED2号はリタイヤとなってしまいました。
 
リタイヤとなった山陽SPEED2号ですが、あきらめずに最後まで頑張った姿を評価されてか、審査員特別賞を頂くことができました。
大会実行委員の皆様ありがとうございました。
 
結果としては悔いの残る大会ではありましたが、チームとしては全員が全力で挑み、お互いが支え合うことができた、実りのある大会となりました。
 
ちなみにOB号は一般レース優勝、一般予選タイム優勝と2冠とも2連覇しました。
 
最後になりますが、これまで遅くまで頑張っている生徒を支えてくださいました保護者の皆様本当にありがとうございました。
大会前や当日に駆け付けてくれたOBのみんなとても助かりました。ありがとう!!


 

2月24日(日)に『第10回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中』に出場します。
 
そのため現在急ピッチで作業を進めています。
 
本校からは4台がエントリー。3年生はこの大会がラストランとなります。

12月の大会を終えてから改良を加えており、記事を書いている今も実習場からはエンジン音やにぎやかな声が聞こえてきます。
 
昨年の大会では、学生レース部門優勝、学生タイム優勝となっていますので、学生レース2連覇目指して頑張ります。
皆様応援よろしくお願いします。
 
 
場所:広島県府中市桜が丘団地 桜が丘グラウンド多目的広場
住所:広島県府中市桜が丘3丁目4番地の1

======= 自動車整備部 |【 文化系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

自動車整備部

文化系

12月26日(木)に行われる、全日本高等学校ゼロハンカー大会のラジオ告知がRSKラジオにてあります。
 
日時:12月10日(火) 12:25~12:35
 
ぜひ、お聞きください。
 
現在大会に向けて、部員一同頑張っています。ぜひ当日も応援よろしくお願いします。
 
RSKラジオホームページ
つかめ日本一!全日本高等学校ゼロハンカー大会 24分耐久レース
http://www.rsk.co.jp/radio/zerohan/

EV&ゼロハンカーレース出場時の動画(山陽SPEED1号)

EV&ゼロハンカーレース出場時の動画(山陽SPEED1号)

取り組みの紹介パネル

取り組みの紹介パネル

5月11~12日に府中市文化センターで行われた『府中☆(きらり)産業博2019』で、府中市で開催される全日本EV&ゼロハンカーレースin府中の参加校として本校の自動車整備部の取り組みを、掲示していただきました。
イベントにはたくさんの方が来られていて、たくさんの方に見ていだだけました。
イベントを通してもっとゼロハンカーの取り組みを、たくさんの方に知っていただければと思います。

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン125 山陽SPEED 3号 自動車科2年 稲岡 芳記

ゼッケン125 山陽SPEED 3号 自動車科2年 稲岡 芳記

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

2月24日(日)に広島県府中市にある、府中市桜が丘グラウンドで『第10回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中』が開催され、本校からは4台+OB号1台がエントリーしました。
 
開会式の後にフリー走行が行われ、それぞれのマシンのセッティングを出していきます。
特にキャブレータは生き物のようなもの、その時の気温や湿度、高度などにより対応が変わってきます。
会場の桜が丘グラウンドは山の上にあり、実習場よりも酸素が薄いため、短い時間で調整をしなければなりません。
 
各マシンがフリー走行を行いマシンの具合、コース、路面の状況を確かめます。
さて各マシンとも調子はつかめたのでしょうか…
 
~予選タイムアタック~
まずは第1次予選のタイムアタックです。このタイムアタックで学生部門は上位18台に絞り込まれます。
結果はSPEED 1号が1位と1.24秒差の2位、3位に山陽SPEED 3号、6位に山陽SPEED 4号となり、山陽SPEED 3号はエンジンが焼き付いてしまうマシントラブルにより、リタイヤとなってしまいました。
 
ちなみにOB号は一般部門でぶっちぎりの1位でした。
 
3台が勝ち上がり午後から決勝トーナメントが始まります。昼食を食べる暇もなく、マシンの調整に入ります。
はたして優勝するチームが出るのでしょうか。決勝トーナメント編へ続く…
 

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン123 山陽SPEED 1号 自動車科3年 柏崎 大弥

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン124 山陽SPEED 2号 自動車科3年 小野 穂実

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン126 山陽SPEED 4号 自動車科2年 横田 航大

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

ゼッケン203 山陽SPEED OB号 自動車科卒業生 M君

午後からは、決勝トーナメントです。本校からは3台+OB号が決勝トーナメント進出を決めてくれました。
 
決勝トーナメントは6台×3グループに分かれて5周走り上位2台が決勝に勝ち上がります。
はじめに山陽SPEED1号が出走します。
 
順調に走り1位をキープしていた山陽SPEED1号ですが、コース内で停止しているマシンを避けるために少し膨らんでコーンにかすってしまい、ピットスルー・ペナルティーを受けてしまいました。この間に、抜かれてしまい結果は3位となり決勝に進むことができませんでした。
 
つぎはなんと山陽SPEED 2号と山陽SPEED 4号が同じグループになってしましました。
ですが、1・2位になれば2台そろって決勝進出です。
レースがスタートして山陽SPEED4号の後ろに山陽SPEED2号がつきます。快調に走っていき1・2位を独占、3週目に山陽SPEED2号が山陽SPEED4号を追い抜きました。
そのまま1・2位でゴール、2台が決勝レースに進出しました。


 
いよいよ決勝レースです。
最後の調整をし、各部に緩みがないかを確認してレースに挑みます。
スタートポジションは前列のイン寄りに山陽SPEED2号その後ろに山陽SPEED4号が待機しています。
決勝レースのスタートフラッグが振られました。山陽SPEED2号・4号が2番手3番手につきます。
第3コーナーのヘアピンカーブで山陽SPEED2号がスピンしかけ集中力を欠いたか、次のコーナーでカウンターが間に合わずコースアウトしてしまいました。
コースに復帰できればまだ走ることができますが、エンジンが止まってしまいすぐに復帰できません。なんとか一人で押し掛けを試みますがなかなかエンジンがかからず、気持ちばかりが焦ってしまいます。
その間にもレースは続き、山陽SPEED4号が2位でゴール。他のマシンも規定周回数を続々とクリアしていき、山陽SPEED2号はリタイヤとなってしまいました。
 
リタイヤとなった山陽SPEED2号ですが、あきらめずに最後まで頑張った姿を評価されてか、審査員特別賞を頂くことができました。
大会実行委員の皆様ありがとうございました。
 
結果としては悔いの残る大会ではありましたが、チームとしては全員が全力で挑み、お互いが支え合うことができた、実りのある大会となりました。
 
ちなみにOB号は一般レース優勝、一般予選タイム優勝と2冠とも2連覇しました。
 
最後になりますが、これまで遅くまで頑張っている生徒を支えてくださいました保護者の皆様本当にありがとうございました。
大会前や当日に駆け付けてくれたOBのみんなとても助かりました。ありがとう!!


 

2月24日(日)に『第10回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中』に出場します。
 
そのため現在急ピッチで作業を進めています。
 
本校からは4台がエントリー。3年生はこの大会がラストランとなります。

12月の大会を終えてから改良を加えており、記事を書いている今も実習場からはエンジン音やにぎやかな声が聞こえてきます。
 
昨年の大会では、学生レース部門優勝、学生タイム優勝となっていますので、学生レース2連覇目指して頑張ります。
皆様応援よろしくお願いします。
 
 
場所:広島県府中市桜が丘団地 桜が丘グラウンド多目的広場
住所:広島県府中市桜が丘3丁目4番地の1

>>>>>>> master