部活動

レスリング部

体育系
後ろ向きが松岡選手

後ろ向きが松岡選手

平成29年度の卒業生、松岡太一選手(日体大4年)が11月5日、山口県周南市で開催された全日本学生レスリング選手権大会で2位の成績を出しました。松岡選手は高校時代にも国民体育大会で2位の実績を残しています。

2021年11月05日

新テニスコート

2021年.令和3年度2学期から創立100周年に向けて、新校舎の建設が始まりました。それに伴い、テニスコートが移転されることになり、レスリング道場の南側で、その工事が行われています。

かつて、2010年.平成22年度から再出発した、レスリング道場の玄関前にはテニスコートがありました。
その時代を思い出します。

新テニスコートの地面の下にはアンキョとU字溝がしっかり埋められています。とても大変な作業です。
ありがたいことです。

さあ、元気とは元の気!

2021年09月10日

三重国体に関して

9月11日〜14日は、三重国体レスリング競技が,津市のサオリーナで開催される予定でしたが、コロナウイルス感染症の影響で大会の中止を余儀なくされました。近い将来、三重県で国体が開催されることを願っています。

ちなみに本校関係者からはOBで清水目光生・小林亮太(徳山大学2年)松岡太一(日体大4年)蛯名純嘉(山陽高校1年)また、横山太(山陽高校教)5名の出場が決定していました。

来年度の栃木国体に照準を定め前進します。

2021年07月16日

竹本正男

今日は体操の神様を紹介します。

> 竹本正男先生のオリンピック。
>> 1940年東京大会  戦争で中止
>> 1944年ロンドン  戦争で中止
>> 1948年ロンドン  招待されず不参加

>> 1952年ヘルシンキ 銀メダル×1
>> 1956年メルボルン 銀メダル×1 銅×3
>> 1960年ローマ   金メダル×1 銀×1

日体大のオリンピックのメダルは竹本正男から始まった
竹本先生は3度もオリンピックから見放され、そこから3回オリンピックに出場。自身3回目のローマオリンピックで念願の金メダルを手にされました。その時、先生は40歳でした。正に執念。


現役を引退後も指導者として、日本男子体操競技のオリンピックと世界選手権で団体10連覇に貢献。また、幾多の優秀な指導者を育成されました。

島根県浜田市名誉市民。紫綬褒章を受章。
島根県立浜田高校~日体大~日体大理事。

2021年07月03日

レスリング1年生大会

7月3日(土)
倉敷鷲羽高校でレスリング1年生大会が開催されました。この大会で最軽量51Kg本郷、最重量125Kg三宅が優勝しました。

レスリング部、ここから巻き返しだ。

======= レスリング部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

レスリング部

体育系
後ろ向きが松岡選手

後ろ向きが松岡選手

平成29年度の卒業生、松岡太一選手(日体大4年)が11月5日、山口県周南市で開催された全日本学生レスリング選手権大会で2位の成績を出しました。松岡選手は高校時代にも国民体育大会で2位の実績を残しています。

2021年11月05日

新テニスコート

2021年.令和3年度2学期から創立100周年に向けて、新校舎の建設が始まりました。それに伴い、テニスコートが移転されることになり、レスリング道場の南側で、その工事が行われています。

かつて、2010年.平成22年度から再出発した、レスリング道場の玄関前にはテニスコートがありました。
その時代を思い出します。

新テニスコートの地面の下にはアンキョとU字溝がしっかり埋められています。とても大変な作業です。
ありがたいことです。

さあ、元気とは元の気!

2021年09月10日

三重国体に関して

9月11日〜14日は、三重国体レスリング競技が,津市のサオリーナで開催される予定でしたが、コロナウイルス感染症の影響で大会の中止を余儀なくされました。近い将来、三重県で国体が開催されることを願っています。

ちなみに本校関係者からはOBで清水目光生・小林亮太(徳山大学2年)松岡太一(日体大4年)蛯名純嘉(山陽高校1年)また、横山太(山陽高校教)5名の出場が決定していました。

来年度の栃木国体に照準を定め前進します。

2021年07月16日

竹本正男

今日は体操の神様を紹介します。

> 竹本正男先生のオリンピック。
>> 1940年東京大会  戦争で中止
>> 1944年ロンドン  戦争で中止
>> 1948年ロンドン  招待されず不参加

>> 1952年ヘルシンキ 銀メダル×1
>> 1956年メルボルン 銀メダル×1 銅×3
>> 1960年ローマ   金メダル×1 銀×1

日体大のオリンピックのメダルは竹本正男から始まった
竹本先生は3度もオリンピックから見放され、そこから3回オリンピックに出場。自身3回目のローマオリンピックで念願の金メダルを手にされました。その時、先生は40歳でした。正に執念。


現役を引退後も指導者として、日本男子体操競技のオリンピックと世界選手権で団体10連覇に貢献。また、幾多の優秀な指導者を育成されました。

島根県浜田市名誉市民。紫綬褒章を受章。
島根県立浜田高校~日体大~日体大理事。

2021年07月03日

レスリング1年生大会

7月3日(土)
倉敷鷲羽高校でレスリング1年生大会が開催されました。この大会で最軽量51Kg本郷、最重量125Kg三宅が優勝しました。

レスリング部、ここから巻き返しだ。

>>>>>>> master