部活動

レスリング部

体育系

【女子】
インターハイ女子個人戦、蛯名純嘉(2年)は、東京都の選手に4−8のスコアで敗戦。

【男子】
60kg級寺田佳生(2年)は1回戦を突破し、2回戦も中国地区チャンピオンに圧勝、3回戦に進出しベスト16。
125kg級三宅茂(2年)は沖縄県選手に勝利。2回戦も岩手県選手を撃破し同じくベスト16に入る。レスリング未経験者が力を付けてきた。


来年度、令和5年度のインターハイは北海道札幌市。成長著しい1年生深川と内藤、2年生には軽量級本郷と重量級の古川の貴重な存在が控える。上記の寺田と三宅もさらに飛躍するだろう。エース格の蛯名純嘉もこのままでは終われまい。レスリング部が上昇気流に乗ってきた。

前回の北海道インターハイは団体戦で出場した。そこから36年の歳月が流れた。一致団結、団体戦で再び北の大地へ挑む。

2022年07月17日

レスリング国体選考会

7月17日、倉敷鷲羽高校で少年男子の栃木国体レスリング選考会が開催されました。山陽勢は、60kg寺田、71kg大前、125kg三宅の3名が優勝。71kgの3年生大前は初優勝。(君は合宿所で、道場で、自らの心技体を鍛えましたね。心からおめでとう。と言わせてください。また、寺田と三宅は2年生。山陽高校100周年に向けて花を添える活躍を期待しています。」そして1年生大会でも、期待の(51kg深川・71kg内藤)が優勝しました。「3年生の大前、平松が居るときに胸を借りて成長してください。」(国体選手の正式発表は8月末)

2022年07月10日

創始者

来年度、創立100周年を迎えるおかやま山陽高校。レスリング部にも(うったて)がある。それは国士舘大学を卒業後、おかやま山陽高校に勤務されレスリングの種を蒔いた岩倉正美先生。その岩倉先生が7月11日、レスリング道場にこられて貴重なワンショット。

岩倉先生がおられたからレスリング部が存在する。

令和4年6月18日、団体戦3位、個人戦3名が2位、女子で優勝1名と復調の兆しが見えるレスリング部。写真は会場近くの広島城で鯉との貴重なワンショット。さあ、登竜門をのぼり、鯉から竜へと!



優勝 蛯名純嘉 (青森・野辺地中)



第2位 大前敦嗣(兵庫・一宮南中)



第2位 古川隼翔(岡山・金光中)



第2位 三宅茂(岡山・福田南中)


広島城にてランニングスタート
鯉も素晴らしいが竜になれるか。

令和4年度中国高校レスリング選手権大会にて蛯名純嘉(普通科スポーツコース2年)3試合に快勝してインターハイに駒を進めた。8月高知での健闘を祈る!

======= レスリング部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

レスリング部

体育系

【女子】
インターハイ女子個人戦、蛯名純嘉(2年)は、東京都の選手に4−8のスコアで敗戦。

【男子】
60kg級寺田佳生(2年)は1回戦を突破し、2回戦も中国地区チャンピオンに圧勝、3回戦に進出しベスト16。
125kg級三宅茂(2年)は沖縄県選手に勝利。2回戦も岩手県選手を撃破し同じくベスト16に入る。レスリング未経験者が力を付けてきた。


来年度、令和5年度のインターハイは北海道札幌市。成長著しい1年生深川と内藤、2年生には軽量級本郷と重量級の古川の貴重な存在が控える。上記の寺田と三宅もさらに飛躍するだろう。エース格の蛯名純嘉もこのままでは終われまい。レスリング部が上昇気流に乗ってきた。

前回の北海道インターハイは団体戦で出場した。そこから36年の歳月が流れた。一致団結、団体戦で再び北の大地へ挑む。

2022年07月17日

レスリング国体選考会

7月17日、倉敷鷲羽高校で少年男子の栃木国体レスリング選考会が開催されました。山陽勢は、60kg寺田、71kg大前、125kg三宅の3名が優勝。71kgの3年生大前は初優勝。(君は合宿所で、道場で、自らの心技体を鍛えましたね。心からおめでとう。と言わせてください。また、寺田と三宅は2年生。山陽高校100周年に向けて花を添える活躍を期待しています。」そして1年生大会でも、期待の(51kg深川・71kg内藤)が優勝しました。「3年生の大前、平松が居るときに胸を借りて成長してください。」(国体選手の正式発表は8月末)

2022年07月10日

創始者

来年度、創立100周年を迎えるおかやま山陽高校。レスリング部にも(うったて)がある。それは国士舘大学を卒業後、おかやま山陽高校に勤務されレスリングの種を蒔いた岩倉正美先生。その岩倉先生が7月11日、レスリング道場にこられて貴重なワンショット。

岩倉先生がおられたからレスリング部が存在する。

令和4年6月18日、団体戦3位、個人戦3名が2位、女子で優勝1名と復調の兆しが見えるレスリング部。写真は会場近くの広島城で鯉との貴重なワンショット。さあ、登竜門をのぼり、鯉から竜へと!



優勝 蛯名純嘉 (青森・野辺地中)



第2位 大前敦嗣(兵庫・一宮南中)



第2位 古川隼翔(岡山・金光中)



第2位 三宅茂(岡山・福田南中)


広島城にてランニングスタート
鯉も素晴らしいが竜になれるか。

令和4年度中国高校レスリング選手権大会にて蛯名純嘉(普通科スポーツコース2年)3試合に快勝してインターハイに駒を進めた。8月高知での健闘を祈る!

>>>>>>> master