<<<<<<< HEAD 硬式テニス部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式テニス部

体育系
理想的なフォームで放つ財間君のサーブ

理想的なフォームで放つ財間君のサーブ

先週末、インターハイ予選個人戦に出場しました。舞台は県大会、各学校から選りすぐられた4名・4ペアが熱戦を繰り広げました。本校は負傷と体調不良のため、シングルス2名・ダブルス1ペアのみの出場となりました。威力のあるストロークが持ち味の自動車科3年財間君は、シングルス1回戦で相手を冷静に退け、2回戦のシード選手との戦いまでコマを進めました。キレのあるサーブが武器の調理科2年小倉君は、両日とも各上の相手に力及ばず、となりました。1週間後の団体戦で勝利できるよう、残された時間を大切に、練習に臨みます。

2017年04月15日

春季大会
小倉君の必殺サーブ

小倉君の必殺サーブ

4月15日、新年度最初の県大会に出場しました。結果は1回戦を勝ち上がるのがやっとでしたが、全員粘り強く戦い抜き、あと一歩という試合ばかりでした。次期キャプテンとなる調理科2年の小倉君は、『よく曲がるサーブ』を武器に、シングルスでもダブルスでも勝利を挙げ、期待が持てる様子でした。新入部員を迎え、テニスを教えつつ、自分たちの課題もひとつずつクリアし、次に繋げていきます。

2017年02月28日

祝!卒業
今までありがとうございました

今までありがとうございました

3月は『去る』とはよく言ったものです。学年末のテスト勉強に追われているうちに、先輩方の卒業から1週間が経ってしまいました。どの先輩も『超』個性的でした。テニスのプレイスタイルもそれぞれで、所属学科の雰囲気もよく出ている先輩方でした。さびしくなりますが、僕たちは僕たちの持ち味を活かして、この部での活動を引き継ぎます。先輩方、本当にご卒業おめでとうございます。いつでもこのテニスコートに足を運んでくださいね。

2016年12月18日

初勝利、等級別大会
準決勝戦の小林君

準決勝戦の小林君

12月18日(日)、自動車科2年の小林君と調理科1年の小倉君が等級別大会(C級)に出場しました。予選16ブロック、エントリー数300名を超える大会でした。小林君はテニスを始めて約1年、試合に出始めたのは秋の大会からで、初戦で惜しくも敗れていました。今回は2回戦からのスタートながらも、初戦を勝つとすぐにブロックの第1シードと対戦するという厳しいドローでした。しかし、始まってみると初戦を6-3で競り勝ち、待望の初勝利!そして気を引き締めて臨んだ3回戦で、何と、第1シードの選手に6-0で完勝!!勢いに乗って準決勝も各上の相手にリードを奪いましたが、あと一歩及ばず逆転されてしまいました。一方、小倉君も順調に勝ち上がり、準決勝では序盤リードされるも踏ん張って逆転しましたが、あと一歩及びませんでした。2名とも夕方まで3試合ずつを戦い抜き、見事なものでした。これまで練習してきたものが見事な形となって現れた試合を目にすることができ、指導者冥利に尽きる1日となりました。明日からも頑張りましょう。

強風に負けず、一生懸命焼きました!

強風に負けず、一生懸命焼きました!

今年の文化祭も公式戦と重なってしまいましたが、おかやま山陽高校にお越しいただいた方に喜んでもらうべく、各マイスター講座で活躍し、それ以外の時間は『たこ焼き屋』で一生懸命に腕を振るい、アツアツのたこ焼きを焼き続けました。1週間前から放課後に家庭科教室を使わせてもらって、練習を積んできました。素人にしてはレベルは高いものとなりました。今年も多くの方に食べていただくことができました。私たちの今年の『鼓動』は、ジュージューという鉄板と生地の奏でるリズムでもありました。みなさま、ありがとうございました。来年も焼きます。

======= 硬式テニス部 |【 体育系 】部活動 | おかやま山陽高校

部活動

硬式テニス部

体育系
理想的なフォームで放つ財間君のサーブ

理想的なフォームで放つ財間君のサーブ

先週末、インターハイ予選個人戦に出場しました。舞台は県大会、各学校から選りすぐられた4名・4ペアが熱戦を繰り広げました。本校は負傷と体調不良のため、シングルス2名・ダブルス1ペアのみの出場となりました。威力のあるストロークが持ち味の自動車科3年財間君は、シングルス1回戦で相手を冷静に退け、2回戦のシード選手との戦いまでコマを進めました。キレのあるサーブが武器の調理科2年小倉君は、両日とも各上の相手に力及ばず、となりました。1週間後の団体戦で勝利できるよう、残された時間を大切に、練習に臨みます。

2017年04月15日

春季大会
小倉君の必殺サーブ

小倉君の必殺サーブ

4月15日、新年度最初の県大会に出場しました。結果は1回戦を勝ち上がるのがやっとでしたが、全員粘り強く戦い抜き、あと一歩という試合ばかりでした。次期キャプテンとなる調理科2年の小倉君は、『よく曲がるサーブ』を武器に、シングルスでもダブルスでも勝利を挙げ、期待が持てる様子でした。新入部員を迎え、テニスを教えつつ、自分たちの課題もひとつずつクリアし、次に繋げていきます。

2017年02月28日

祝!卒業
今までありがとうございました

今までありがとうございました

3月は『去る』とはよく言ったものです。学年末のテスト勉強に追われているうちに、先輩方の卒業から1週間が経ってしまいました。どの先輩も『超』個性的でした。テニスのプレイスタイルもそれぞれで、所属学科の雰囲気もよく出ている先輩方でした。さびしくなりますが、僕たちは僕たちの持ち味を活かして、この部での活動を引き継ぎます。先輩方、本当にご卒業おめでとうございます。いつでもこのテニスコートに足を運んでくださいね。

2016年12月18日

初勝利、等級別大会
準決勝戦の小林君

準決勝戦の小林君

12月18日(日)、自動車科2年の小林君と調理科1年の小倉君が等級別大会(C級)に出場しました。予選16ブロック、エントリー数300名を超える大会でした。小林君はテニスを始めて約1年、試合に出始めたのは秋の大会からで、初戦で惜しくも敗れていました。今回は2回戦からのスタートながらも、初戦を勝つとすぐにブロックの第1シードと対戦するという厳しいドローでした。しかし、始まってみると初戦を6-3で競り勝ち、待望の初勝利!そして気を引き締めて臨んだ3回戦で、何と、第1シードの選手に6-0で完勝!!勢いに乗って準決勝も各上の相手にリードを奪いましたが、あと一歩及ばず逆転されてしまいました。一方、小倉君も順調に勝ち上がり、準決勝では序盤リードされるも踏ん張って逆転しましたが、あと一歩及びませんでした。2名とも夕方まで3試合ずつを戦い抜き、見事なものでした。これまで練習してきたものが見事な形となって現れた試合を目にすることができ、指導者冥利に尽きる1日となりました。明日からも頑張りましょう。

強風に負けず、一生懸命焼きました!

強風に負けず、一生懸命焼きました!

今年の文化祭も公式戦と重なってしまいましたが、おかやま山陽高校にお越しいただいた方に喜んでもらうべく、各マイスター講座で活躍し、それ以外の時間は『たこ焼き屋』で一生懸命に腕を振るい、アツアツのたこ焼きを焼き続けました。1週間前から放課後に家庭科教室を使わせてもらって、練習を積んできました。素人にしてはレベルは高いものとなりました。今年も多くの方に食べていただくことができました。私たちの今年の『鼓動』は、ジュージューという鉄板と生地の奏でるリズムでもありました。みなさま、ありがとうございました。来年も焼きます。

>>>>>>> master