祝全国大会優勝!栄光の軌跡

高校生が菓子やデザートを創作し、そのアイデアを競う第9回
貝印スイーツ甲子園で、製菓科2年の生徒が見事全国優勝を果たしました。
2年生ながら、この快挙を成し遂げたのは、同科2年の中村遥香、二宮里奈、三鬼麻依からなるチーム「rêve」です!

スイーツ甲子園とは?

全国の高校生たちに、スイーツを通じて自己実現や夢の実現のチャンスを!ということで、
平成19年から始まった、「貝印スイーツ甲子園」。
同じ学校に通う3人1組でチームとなり、
世界にひとつしかないオリジナルスイーツを創作し、日本一を目指します。

今大会テーマは「わたしの町の新名物」

第9回目となる今大会のテーマは、「私の町の新名物」。
全国のスイーツに情熱を傾ける高校生から、439通もの作品が寄せられ、全国を6ブロックに分け、
フランス菓子研究科の大森由紀子先生、地方予選大会審査員シェフによる書類審査が行われました。
本校からは、見事、チーム「rêve」と、昨年、決勝大会に勝ち進んだ製菓科3年2人と、
2年1人チームが中四国ブロック代表5チームに選ばれ、地方予選大会に進出。

熱戦!!地方予選

地方審査員 神戸「モンプリュ」林周平シェフ(香川出身)が厳しく見つめる中、「rêve」チームは4分遅れてしまいました。
緊張の結果発表。チーム「rêve」の名前が呼ばれた瞬間、3人の顔には信じられらないといった表情が・・・。

地方予選参加チーム
  • 「Yakami Patissiers」チーム 
    島根県立矢上高等学校
  • 「rêve」チーム 
    おかやま山陽高等学校
  • 「Lil etoiles」チーム 
    宇部フロンティア大学付属香川高等学校
  • 「lumtère」チーム 
    坂出第一高等学校
  • 「courage」チーム 
    おかやま山陽高等学校

決勝進出

林シェフから決勝大会に向けてのケーキのアドバイス。「ケーキの味は60点、もっと味を良くしないとだめ。」との厳しい言葉。
喜びもつかの間、決勝大会への大きなハードルに、身の引き締まる思いの3人。

己との戦い

全国大会までは約1ケ月。夏休みも返上で練習の日々。
飴細工を飾るためにムースがどんどん固くなっている事を指摘され、味の改良を繰り返しました。

優勝したいという気持ちももちろんありましたが、美味しいと言われたいという3人の気持ちで日々頑張り、いざ全国大会へ。

大きな夢の舞台・・・決勝大会

さあ、いよいよ夢に見た決勝の舞台。9月18日、秋葉原、アキバスクエア。
全国から地方予選を勝ち進んだ6チームが集結。緊張した中にも、自身がみなぎっており、チームワークよく独自のスイーツを作り上げていく姿に会場内は大いに盛り上がりました。

全国大会出場チーム
  • 北海道東北ブロック「an-rakor」チーム 
    北海道帯広南商業高等学校
  • 近畿北陸ブロック「向日葵」チーム 
    福知山淑徳高等学校
  • 関東ブロック「東京らんこんとる」チーム 
    レコールバンタン高等部
  • 中四国ブロック「rêve」チーム 
    おかやま山陽高等学校
  • 東海信越ブロック「Grand jetè」チーム 
    名古屋調理師専門学校
  • 九州沖縄ブロック「Bloom」チーム 
    慶誠高等学校

1番に出来ました!

6チーム中、1番目に完成!制限時間2時間半の中、終始笑顔で楽しそうに作っている姿が印象的でした。
1番に3人揃って「できたー!」の声に会場からは大きな拍手が送られました。

~日本を代表する3人のパティシエによる試食審査~

お皿に乗せられたケーキが決勝大会審査員のシェフの前に置かれて、試食審査スタート。
みんなが見守る中、大会のテーマである「わたしの町の新名物」をケーキの中でどう表現したか説明しました。
審査員の土屋シェフから「たいへんおいしかったです。全部食べそうになりました。」の言葉をいただいて、
緊張していた3人の表情もほぐれました。

運命の結果発表

決勝大会では、まず優勝チームから発表されます。緊張感高まる中・・・・。
「優勝は、おかやま山陽高等学校、チーム「rêve」!」発表された瞬間、
信じられないという表情で顔を見合わせていた3人も、
会場の歓喜の声と優勝を讃える大きな拍手で次第に笑顔と涙に変わっていきました。

1番に出来ました!

審査員シェフから、パリ行きチケットをいただいた3人。
優勝インタビューでは、「まさか優勝できるとは思ってなかったので、本当にうれしいです。」と中村。
3人らしいコメントが聞かれ、優勝をまだ信じられない姿の中にも、夢に見た大きな舞台の頂点に立ち、
堂々としている様子に、これまで頑張ってきた道のりを感慨深く振り返りました。

最後に・・・

書類審査、地方予選、決勝大会までに作ったケーキの数は、数えきれないほど。
この優勝は、毎日ひたむきに練習に取り組んできた3人の頑張りと3人を支える家族や友達、先生、周囲の方々のお蔭と深く感謝しています。
2年生3人で挑戦した4月から9月の決勝大会までで、飛躍的に技術も進歩しました。こんなことやりたい、美味しいケーキを作りたい、その気持ちをずっと持ち続けながら、こつこつ頑張った結果が優勝に結びついたと思います。今回の優勝が、後に続く生徒のよき目標になることを願いながら、製菓科は前へ前へと積極的にチャレンジしていきたいと思っています。これからも製菓科をよろしくお願いします。

S.E.T.O.U.C.H.I.cadeau 優勝したケーキ

第9回目となる今大会のテーマは、「私の町の新名物」。
メンバー3人が住んでいるそれぞれの土地の名産品を1つずつ使い、私たちの地元を全面に押し出しました。

岡山県の白桃、広島県のレモン、そしてメンバーの1人が住んでいる広島県の鞆の浦でしか
作られていない保命酒という薬味酒を使っています。
フルーティな白桃の甘味、レモンの爽やかな酸味、
そして後から保命酒の独特な風味が香る今年の夏にぴったりなさっぱりとしたムースケーキです。

上には、実物に似るように作った飴細工の白桃とレモンをのせ、
その周りをリボンで囲むことで瀬戸内からの贈り物、
つまり、「S.E.T.O.U.C.H.I.cadeau」を表現しています。

底と真ん中にピスタチオとキャラメルシュガーの入ったアーモンド風味の生地を入れて、
底には、白桃と白桃のジャムを敷きました。
真ん中には、味のアクセントで赤スグリのゼリーを入れています。
全体はレモンのムースで甘酸っぱい味わいになっています。
生地(ジョコンド)に保命酒を吹き付け、アクセントとしています。

パティスリーカフェ Jeu Coeur(ジュクール)

〒702-8026 岡山市南区浦安本町74-5 1F Googlemap
TEL:086-250-3308 OPEN:11:00~20:00
定休日:月曜・第2水曜 祝日営業

Jeu Coeurとは、フランス語でJeu(遊び)とCoeur(心)を組み合わせた造語で、
遊び心のあるお菓子を作っていきたいという願いが込められており、その名の通り、遊び心が詰まったおいしくて楽しいケーキのお店です。
オーナーパティシエである竹内友洋さんは、おかやま山陽高校製菓科にて、講師としても活躍する実力派です。

洋菓子工房 ベルジェ

〒719-0104 岡山県浅口市金光町占見新田335-23 Googlemap
TEL:0865-42-5276 OPEN:9:00~19:30 (日・祝は19:30まで)
定休日:水曜日(祝日イベントの前日と当日にあたる場合は変更あり)

ベルジェはフルーツショップが営む洋菓子店であり、新鮮な季節の果物をふんだんに使った果物屋さんならではのケーキが店内を彩ります。
店名の“ベルジェ”は、フランス語で「果樹園」という意味です。
オーナーパティシエである加賀琢也さんは、おかやま山陽高校製菓科にて、講師としても活躍する実力派です。

株式会社虎屋本舗 あけぼの本店

〒721-0952 広島県福山市曙町1丁目11-18 Googlemap
TEL:084-954-7455 OPEN:平日8:30~19:00 日曜日8:30~18:00 祝日8:30~19:00

株式会社虎屋本舗は広島県福山市に本社を置く和菓子及び洋菓子を製造・販売する400年近い歴史を持つ企業です。
伝統的な和菓子だけではなく、お好み焼きやたこ焼きなど様々な食品を模した「元祖・本物そっくりスイーツシリーズ」といった革新的でユニークな商品も販売されています。

株式会社虎屋本舗 蔵王店

〒721-0973 広島県福山市南蔵王町4−15-1 Googlemap
TEL:084-923-0459 OPEN:9:00~19:00

株式会社虎屋本舗 井原店

〒715-0019 岡山県井原市井原町126-2 Googlemap
TEL:0866-63-3158 OPEN:9:00~19:00

PATISSERIE Le SoLeiL (パティスリー ル・ソレイユ)

〒710-0013 岡山県倉敷市中帯江88-3 Googlemap
TEL/FAX.086-441-2443 OPEN:10:00~19:00
定休日:火曜日(祝日時は営業・月に1度連休あり)

ソレイユ(太陽)という名にふさわしい明るくあたたかい店内には、フランス菓子をベースにした季節ごとのケーキが並んでいます。
オーナーパティシエである吉水直樹さんは地元産の食材を使用し、シンプルでありながらそれぞれの素材活かしたしっかり主張する味わい深いケーキを製造・販売しています。

ありがとうございました!ご協力いただいたシェフ

正木 辰宜シェフ

“ANAクラウンペストリーシェフ”
国内有名店勤務後、ANAクラウンプラザホテル岡山ペストリーシェフ就任。

ANAクラウンプラザホテル岡山 
〒700-0024 
岡山県岡山市北区駅元町15-1
TEL:086-898-1111  FAX:086-898-1200
林 周平シェフ

“パティスリーモンプリュ” オーナーシェフ
国内のホテルで勤務後、渡仏。パリで腕を磨き帰国後、神戸にパティスリーモンプリュをオープン。
神戸の地でフランス菓子文化をもっと深めたいと考えている。

パティスリーモンプリュ 
〒650-0024 
兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号
TEL(FAX)078-321-1048