部活動

硬式野球

体育系

2018年07月02日

サッカー ワールドカップ!

みんなから無理だと言われた、予選を見事に突破して本戦へ! 早く寝てみるか、寝ずに見るか…。悩ましい。普段サッカーを見ない私ですら、ワールドカップは見ます。初戦、活躍した大迫選手は6.7年前にオリンピック代表チームを外された悔しい経験をバネにしました。そのことを2012年の日経新聞に書いたカズも凄い、まるで予言者です。本戦を決めた試合、テレビ視聴率は40%越え! 何故なのか…。 サッカーは、何年も前から書きますように、世界唯一のグローバルスポーツです。私が、ことある事に世界に野球を普及すると言ってますが、これでお分り頂けるのではないでしょうか? 先日、選手にも伝えましたが、本チームの目標は、世界に野球を普及することと、その人材を輩出することです。目で見える指標としては、野球のワールドカップが開催される事です。今朝の新聞にも、高校野球部員が15年ぶりに減少と記事を見つけました。少子化の影響というより、野球離れの深刻な問題なのです。世界の野球の普及と日本の野球離れが、関係あるの?と思われた方々は認識が甘い! 何故、野球離れが進むのか…簡単なんです。野球がつまらないからです。何故つまらないのか…もっと簡単なんです。プロ野球の最後は、日本一決定戦なんです。サッカーは、世界一の国 決定戦がワールドカップ、世界一のクラブ決定戦がトヨタカップだったわけです。さらに、天皇杯と呼ばれる、高校生からプロチームまでの最強決定戦まであります。もっと言えば、小さな子供には、怒ってはいけない、良い事をしたらグリーンカードまで出るのです。指導者は、ライセンスを取得しています。組織は世界で1つですし、国内も1つです。私は、Jリーグの100年構想か、野球界の問題を見て、全て同じ問題が起こらないように作成されたと知り、ジンバブエでは逆に真似したものを作成しました。FIFA国際サッカー連盟には、211ヶ国加盟しています。国連には195ヶ国前後の加盟です。国連には加盟しないがFIFAにはしてる国が多数あるのです。IBAF国際野球連盟には110ヶ国程度が加盟してますが、真剣にプロリーグまで成立している国は10ヶ国ないでしょう。超マイナースポーツなんです。にもかかわらず、110ヶ国加盟に疑問が湧くでしょう。これにもカラクリがあります。オリンピックでメダルが欲しい日本とアメリカは、野球をメダル競技にしたかったのですが、条件として、五大陸それぞれの独立国家の1/3に野球協会がないといけないのです。そこで、野球という文化もない国に野球協会だけができていったのです。野球連盟に加盟した年を調べれば一目瞭然。1992年前後に集中しています。1984年のロサンゼルス五輪から公開競技、1992年バルセロナ五輪に競技になりました。その後のロンドンで外されます。イギリス人が、イギリスから出て行ったアメリカ人が始めた競技を種目に入れる訳がありません。そんな協会しかない国に派遣され、野球普及活動をしていたのが、我々のような青年海外協力隊員でした。後付けです。しかし、世界の野球の現状を知った以上、ほっとけません。これまでの大人や政治家の経緯も、どうでもいい、結構! ただ野球が好きだからサッカーのように普及するだけです。しかも、そんな話、関係ないと言っていた日本の野球界の方々。野球離れの解消のためにも、世界に普及なんです。何故か、前述したように、今さら日本一決定戦なんて小さな話過ぎて、多くの人は興味関心がないんです。野球が来たばかりから、戦後までは、それでよかったのです。戦争に負け、野球もベーブルース率いるアメリカ軍に17連敗。その中で唯一、静岡県の草薙球場で、満員の観客が声も出せず見たのが、沢村栄治の快投です。ゲーリックにホームランを打たれたものの、落ち込んでる日本人の可能性を感じた試合だったのでしょう。今は違います。メジャーでも、日本人のトップ選手は十分通じてしまう。普通のことなんです。日常に刺激がなくなれば、人は見ません。サッカーは、天井が高い広い。小さな日本人が懸命に海外に挑戦している最中です。だから、面白い。高校野球の観客動員は年々増加しています。昨年夏は80万人突破。何故か、プロ野球は、ナイター中継がこの20年で1/10に減少。高校野球が面白いからでしょう。何故か、下手で何があるか分からないし、一発勝負のワクワク感。ジャイアントキリングへの期待…。まさに、サッカーのワールドカップと同じです。日本野球界関係者が、真剣に野球離れを考えているなら、真剣に野球普及活動を行うべきです。言い続けて20年以上が経ちます。言っても分からない方々が多いので、本チームがジンバブエを応援して東京オリンピックに出場させます。何か、メッセージが伝わるでしょう。長々書いてしまいましたが、今夜もサッカーを見ながら熱く応援しながら、心の中では羨ましい、妬み、ジェラシーを感じながらです。野球のレベルの高いワールドカップ見たくないですか?WBCなんて、一部の国でやってるだけですから…。